日記・コラム・つぶやき

2017/09/26

しゃべり上手

きょうはハローワークの障がい者担当部門の方と、地域の就労支援センターの方との3者面談でした。我ながら実にうまくしゃべるものだと感心。あれを聞かれればこう言う、これを聞かれればああ言うってな感じで、言いよどむことなく次から次へと質問に答え、資料も提示し、弱点の把握もばっちり。パワーポイントを使ってテキストの内容を15分も使ってしゃべるというプログラムがあるという話にはお二人ともびっくりしていました。

はやくリワーク卒業しなければ!

| | コメント (0)

2017/09/25

220人も解雇

岡山県で実質的に同じ法人が運営する就労支援A型の施設が、赤字を理由に220人もの障がい者に雇用打ち切り通告をして大問題になっています。

この話、地元の新聞記事を読むと、もちろん施設の運営者側に問題がありますが、それ以前に岡山県が異常だと思いました。

就労支援施設は3種類あって、就労移行、就労継続支援A型 B型と分けられます。移行は原則2年以内に就職する人が対象、B型は移行で就職できなかった人などが無期限で訓練を受ける施設で、ともに雇用契約を結ばないため賃金の保証はありません。自分が最初行った施設は工賃(時給というのは都道府県単位の最低賃金が適用されるという意味があるため、こうした障がい者施設では言い方を変えています)月1000円でした。月給が1000円ですよ!

今通っている施設は川口市のB型の中では高めの工賃なのですが、それでも埼玉県の最低賃金の3分の1くらいです。よくここにも書いていましたが、公共施設のお掃除全般からパン工房の手作りパン、印刷など様々な事業を行ってそんなものです。

岡山で問題になっている施設は全部就労継続支援A型です。これは雇用契約を結び、最低賃金以上で働く施設です。どんなに安くたって時給700円くらいは出すレベルです。なのにダイレクトメールの封入作業などの内職をしていたんだそうです。それ自分が最初に行った月給1000円と同じレベルじゃないか。そもそも給料が出せるわけないのです。

岡山県の問題は、このA型事業所の数が全国で6番目に多いということ。はっきり言ってA型で収益を出すためには、健常者と同じレベルで休まずこれる人だけで運営しなければ無理です。ひっきりなしに休む利用者がいると、その仕事は施設の職員が徹夜してでも補わなければなりません。それだけの施設が大都市以外で成り立つわけがない。障がい者支援の技術も十分にあり、かつ一般の仕事が指導できるオールマイティな職員をたくさん必要とするからです。A型施設を160個も運営できるだけの十分な人材は埼玉県にだっていません。だからA型とは言いつつ一日4時間しか働かせない施設が圧倒的なのです。それは障がい者雇用の最低ラインが週20時間だから。そして、障がい者の働いた収益では最低賃金が出せないので、本来施設の運営に充てられる補助金を賃金に充当するのです。

だから岡山県の160ものA型施設で8割が赤字運営なんだそうです。

中には行政の設立許可を得てから一人の採用者も出せないまま廃業したところも出たそうです。

B型が一番障がい者にとってはハードルが低く取りつきやすいのですが、これを増やしていくと底なしに運営費が膨らむのではないかという危惧が行政にあります。ですからB型はこれ以上増やさないという自治体が増えています。

岡山県では220人の再就職を、当の事業者に責任をもってするよう勧告したり、行政自体が就職相談会を実施したりしているそうですが、一人一人にそれぞれあった支援を必要とする障がい者がいっぺんに220人も受け入れられる施設があるわけもなく、受け入れる施設も会社も覚悟が必要です。しかも先ほど書いた通りA型施設の8割はそもそも赤字なんですから、そこに決まったとしても次に受け入れ先が廃業する可能性があり、そんなことになれば心理的ダメージが大きすぎて働く気もなくなるかもしれません。


この岡山県の話は自分がまさに当事者と同じ立場なので、目が離せません。

| | コメント (0)

2017/09/23

自転車修理

セオサイクルといえば、自分が会社に入社した年の後半、同じエリアに出てきたチェーン店でした。客がとられると当時はすごく警戒しましたが、どんな特徴の自転車店なのか、あの頃はあまりつかめていませんでした。今思うと最近激走している大型チェーン店とちがって、セオサイクルの特徴は店舗の大きさは小ぶりなことだと思います。

自分が鳩ケ谷に住んでいたころ買った1号自転車はイオンの川口前川店でしたが、新品にもかかわらずチェーンが緩くてすぐ外れてしまい、しかも自前で修理できないといわれてメーカー修理。1週間ぐらい乗れませんでした。

その後世話になるようになったのがセオサイクルの川口幸町店。ここはとにかく修理が早い!今でこそ修理の依頼が多くて時間帯によっては数時間かかることもありますが、それでも困ったらすぐに直してくれる安心感は大きくて、都内へ引っ越してもずーっとメンテナンスを頼んでいました。「そこまでやらなくても・・・」と思った時期もあったのですが(修理費用もかかるので)、健康診断と同じで早く悪いところを直しておけば結果的に重い事故を引き起こしたりしなくても済むということが分かったので信頼しています。この信頼感が、店舗が小さくても客足が絶えない理由なんだと思いました。

今回のパンク修理も、さすがに川口まで走れない状態だったので近くの(それでも3キロくらい先の)セオサイクルへ持ち込んでみました。多少修理代はかかりましたが、劣化していたタイヤのゴムとチューブを丸ごと交換し、ブレーキやチェーンの調整もしてくれて、ホント走りやすくなりました。週に数十キロも走るのだからメンテナンスは大事だなとまた思ったしだい。

| | コメント (0)

2017/09/21

あれもランチパックに

ほぼ毎晩寝落ちています。

寝落ちるがゆえに睡眠量が今週は足りているみたい。あまり調子が落ちません。

池袋駅にはヤマザキのランチパック専門の売店があります。よそでは見ないようなものもあって、アンテナショップの役割もしているのかなと思っていました。そこに最近登場したのが桔梗信玄餅風ランチパック。パンにはさんだもち(求肥)は黒蜜と黄な粉がまぶしてあって、「確かに信玄餅だ」と感じさせます。

桔梗信玄餅は最近新製品開拓に余念がなく、アイスクリームなどさまざまな派生品が出ています。信玄餅アイスは甲府駅のキヨスクなどでも売っていましたが先日は池袋西武の地下食品売り場の催事で売られていてびっくりしました。

信玄餅とランチパックの掛け合わせというのは自分にとってビックカメラとユニクロが新宿三越跡に出店した「ビックロ」みたいな衝撃を感じています。

| | コメント (0)

2017/09/16

出張販売

きょうは内科へ行ったついでに、今までの通所施設へ行ってきました。たまたま出張販売している高齢者施設でイベントがあるとのことで、ひさびさに売り子に駆り出されました。番重というパンの入れ物6個分くらい持って行ったので相当の量でしたが、完売まで行かないものの2万円近く売ったので、頑張りました。作るのが大変だったと思います。

売っている最中はいくらでも立って呼び声も出せるのに、終わったとたんぐったり。販売中の自分の気の張り方は並じゃないんだなと思いました。

| | コメント (0)

最近のゆうパック

最近ゆうパックの配達員さんがやけに年齢の高めの人が多いと思ったことはありませんか?

ゆうパックは取扱量が増えているものの郵便事業は赤字が続いています。そのため配達業務を民間の会社に下請けに出しているのです。その下請け会社は、さらに配達員を社員等でなく業務委託としてさせています。埼玉県ではポスタル福島とさいたまエクスプレスという会社が、よく求人誌に募集を出しています。

業務委託ですからみかけの賃金は高く見えますが社会保険や税金の手続きは自分でやらなければならないと思います。もちろん一時金や退職金、局員なら入れる共済年金もありません。そんな条件でも年配の人は頑張るようです。

川口市では川口北郵便局管内でさいたまエクスプレスが請けているところがあります。

ヤマトが断ったアマゾンの即日配送などの一部もこうした会社が請けているようです。

局員になっても最近は年賀状とかもめーるの販売ノルマが(契約社員まで)課せられ、ふるさと小包の推進もしなければならず、かなりしんどいようです。


さてリワークは、今日は体調良く過ごせましたが、昨日悪かったため金曜日分のプレゼン準備が十分にできませんでした。そのため発表内容は45点という感じになっちゃいました。まあ、しのげたので良しとしますか。

| | コメント (0)

2017/09/14

寝不足

きょうは一日眠くて大変でした。寝つきがいまいちかつ早く起きて寝なおさなかったため6時間前後の睡眠時間だったと思います。はた目にもしんどそうに見えたみたいです。

今日の感覚、学生時代は年がら年中だったのではないかという気がします。それで授業中こてんと寝てしまっていたのでしょう。つまり慢性寝不足だったということです。何が原因か思い出せませんが、居眠りの癖がなければ、「座り仕事では眠ってしまうから」と立ち仕事を選んだりしなかったのかもしれません

| | コメント (0)

進出!パン屋さん

いたる福祉センターという社会福祉法人が運営しているパン屋さんが荻窪の環状八号線沿いにあります。一度見に行ったことがありますがその時は店休日で、外装しか見られませんでしたがきっと頑張っているんだろうなという印象でした。

ここは社会福祉系のホームページでも見たことがある(ここで働く障がい者の住まいも同じ法人が運営している)し、街中の求人フリーペーパーでも(確か)見たことがあるんですが、飲食業界の専門求人誌にも広告を載せることがあります。先週出た号にこの「ぷくぷく」というパン屋さんの求人(飲食専門誌ですからもちろん障がい者求人ではありません)が出ていて、なんと荻窪ルミネに出店するためだとか。

地元とはいえルミネに出店できるというのは相当のクオリティだと思います。良くも悪くもテナントの入れ替えの激しさ厳しさでは指折りのファッションビルですものね。スワンベーカリーの都心店なみのクオリティでは?

一度見に行ってみたいです。

ちなみに募集されているブーランジェ(ケーキ屋さんでいうパティシエのこと)の勤務時間は午前3時から15時まで。電車通勤はムリです。

| | コメント (0)

2017/09/12

引退試合

伊達公子選手が現役引退。いったん引退してから再度のチャレンジで今日まで9年も現役を続けたそうです。すさまじい精神力ですね。

先日も書きましたが、試合に勝てる以前の普段からの試合に出られる体力と精神力の維持方法は、今の自分には学べるものばかりです。

引退会見も記事で見る限りですが、悔いのないところまでやり切って、これからもテニスを身近に感じられるところにいてくれるようです。楽しみです。

| | コメント (0)

2017/09/11

みんなでやれば。

前から「川口郵便局に大きな広告が出ている」などと書いてきた近隣のマンション。なんと共用部のお掃除担当者の求人広告が、ポスト投函で出ています。普通に募集しても応募がないんじゃないでしょうか。請けているのが川口の会社らしく、そこの住所がでいていました。

そこに限らず管理人やお掃除担当者の不足がひどいことは少し前に書いた通りです。

マンション買っても共用部の掃除は自分たちでするようになるかも。郊外の一戸建てならどぶ掃除まで自治会でやるんだから、そのくらいはしてもいいとは思いますが、共益費の負担をどうするかでもめるのかなあ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧