日記・コラム・つぶやき

2018/07/16

新しいオプション券

現在発売中の「北海道&東日本パス」のチラシを見ていて、あれ?と思いました。

北海道線特急オプション券というのが載っているのです。

これは本体のパスの有効期限のうち一日に限り6000円でJR北海道の特急自由席と新青森以北の新幹線の自由席が乗り放題になるというものです。普通列車が削減されて函館を朝に出てもいけることろが限られていましたが、このパスを使えば朝函館を出て、その日のうちに釧路まで行けちゃいそうです。網走、稚内も行けそうです。

本当はJR北海道の、特に道東や道北を普通列車で移動するのはお金では買えない贅沢なのです。なので例えば函館~南千歳乗り換え新得までは特急にして、新得から釧路まで各駅にするとか、このプランなら景色は見えないけれど根室まで行けちゃいます。札幌&旭川乗り換えで宗谷線の名寄まで行けば稚内行き普通の最終に間に合います。名寄~稚内間の贅沢さったらないです。ゴージャスなものはお金を払えば買えますが、ここの贅沢さというのはそういうものではなかったです。夏場のほんの一時期ほんのだけ味わえるのどかなひととき。ゆっくりとした時間の流れ。

そもそも本体は7日間乗り放題で10850円の切符ですから、それに一日限り6000円のオプション券というのは高いとみるか安いとみるかさまざまでしょうが、自分は可能性が広がった印象を持ちました。

使ってみたいけどねえ、今年は厳しいかな。お弁当屋さんの仕事を休みすぎると交通費が半額カットになっちゃうからなあ。

ちなみにこのオプション券は、青春18きっぷでは使えません。ご注意を。また8月1日~20日も使えないことになっています。

| | コメント (0)

2018/07/15

みんなどこかで

先日このブログで、「苦海浄土」という水俣病をテーマにしたノンフィクションを読んだ話を書きました。

さて、現在は「雅子妃の明日」という本を読んでいるのですが、この両者がびっくりすることでつながっていました。

雅子妃の祖父である江頭豊さんという方は、水俣病の原因企業「チッソ」の社長として興銀から移籍。公害病対策と企業の再建という課題に取り組まれていたのです。移籍したのは公害病問題がはっきりしてからで、廃液垂れ流しの当時ではなかったようですが、これほどの大問題になるとは思わずに引き受けていたのだそうです。「苦海浄土」にもその名前がはっきり出ていました。

「苦海浄土」の著者石牟礼道子さんは、5月に「現代思想」で臨時増刊号が出るほど、今注目を浴びている方です。この「現代思想」の「石牟礼道子」特集に寄稿されている方に3人名前を知っている人がいるのですが、それぞれがみんな違う分野で知った方です。

中村桂子さんはヒッポでも生命誌を中心にわかりやすい講義をされている方です。ヒッポの人は中村桂子先生のことは結構知っていると思います。

赤坂憲雄さんは民俗学の分野で、自分が遠野物語に興味を持っているころに知った方です。

もう一人のSさんという方。この人は自分はあまりいい印象がありません。直接会ったわけではないのでどういう方か詳しくは知らないのですが、娘さんが通所されている障がい者施設が横浜市にあり、そこで自分の先輩の新井氏がかつてパフォーマンスを引き受けているのです。新井氏が絶賛していたのでその施設を見に行ったのですが、ほとんどごみ溜めのようなところでした。入所者はともかく職員、特に施設長が障がい者をだしにしているとしか思えないのです。そしてこの施設の一番の支援者がSさんなのです。まさかこんなところでご本人の文章を読むとは思いもしませんでした。

みんなどこかでつながっている…。

| | コメント (0)

2018/07/14

毎日というのもあり?

20個のお弁当を30分で作るのは、何度挑戦しても難しいです。

すべて素材がそろっていればいいのですが、容器が足りないとか具材が足りないとか、毎回様々なトラブルが発生します。

狭いスペースでラックを組んで作業しているのですが、今日はそのラックがお弁当の重みで崩れ落ちて、3個ほど見せだしできないものが出てしまいました。

こういうのも想定外と言って良いなら、毎日が想定外です。

| | コメント (0)

2018/07/11

プレスリリース

今回の豪雨に関するメディア報道。相変わらず「目に訴える」「刺激的な」話題ばかりという印象を持っています。

ところでJR貨物がこんなプレスリリースを出しているのをご存知ですか?

大雨による貨物列車の影響について
(7月10日17時現在)

7月5日未明より各地で続いております大雨により、被災された皆さまに心よりお見舞 い申し上げます。 この大雨による貨物列車への影響について、姫路貨物駅から岡山貨物ターミナル駅間、 岡山貨物ターミナル駅から東水島駅間、および岡山駅~高松貨物ターミナル駅間について は本日より運転を再開しておりますが、現在も以下の区間で運転を見合わせています。
(中略)
2.貨物列車運転中止区間
○ 倉敷駅(岡山県)・新南陽駅(山口県)間
○ 倉敷駅(岡山県)・伯耆大山駅(鳥取県)間
○ 宇多津駅(香川県)・松山駅(愛媛県)間

3.貨物列車の運転状況 10日8:00時点において、山陽線を走行する列車を中心に、延べ508本の貨物 列車が運休となっています。 今後については、倉敷駅以東、新南陽駅以西を運転する列車、および高松貨物ターミ ナル駅、東水島駅を発着する列車については運転を行いますが、現在貨物列車運転中止 となっている区間を運行する列車については、引き続き全て運休となります。 現在運転を見合わせている区間については、関係JR旅客会社とともに復旧作業等の 検討を行っていますが、線路の被害状況が甚大であることから、運転再開の目途はたっ ておりません。今後、その見込みが判明しだいお知らせ致します。 以上の点を鑑み、現在関係者間で、自動車等を使用した代替輸送の検討を行っていま す。これにつきましても、実施が決定次第、あらためてお知らせ致します。 (太線加工筆者)

(参考)貨物列車運転中止区間の概要
1.一日当り輸送量(平成28年度実績) 30,000トン(全社輸送量約90,000トンの約33%
2.一日当り列車運転本数 87本(全社一日当り列車本数456本の約19%)
3.主な輸送品目
上り方面 宅配貨物、農産品、食料品、工業製品、紙製品等
下り方面 宅配貨物、雑誌書籍、食料品、自動車部品、工業製品等

これによってわかるのは、被災地ばかりでなく、関東~京阪神エリアと九州を結ぶ貨物列車の運行のめどが立っていない、その貨物量はJRで一日に運ぶ量の3割にも及ぶということで、被災地以外にも甚大な影響が出ているということです。単純にトラックに振り替えられる量ではありません。

被害の出た場所を聞くたびに「これ山陽本線の駅の名前が多いな」と感じていました。山陽本線は鳥取へ抜ける一部の特急を除けば普通列車しか走っておらず、知らない人が見ても何も感じないのかもしれません。しかし、一時は兵庫県の網干から山口県の下関まで、兵庫県内の一部区間を除いてほぼ全線が運転見合わせになっていて「ただ事ではない」と感じました。

東海道線で富士川の鉄橋が流された時くらいのインパクトがあるんじゃないかと感じています。

| | コメント (0)

2018/07/09

蒸し器

晩年母の家を訪問すると、うれしそうに食事を作ってくれましたが、その時活躍していた蒸し器があります。木の枠で下が金属の板、そしてふたがあって、母は水を入れた小鍋の上にこの蒸し器を載せてコンロの火にかけていました。

この蒸し器、遺品として我が家にあるのですが、いまいち使い方に自信が持てず、まったく利用しないまま今日まで来ていました。おととい冷蔵庫に入れたご飯があってかちかちになっていたので、だめもとで器に入れたままこの蒸し器にかけてみたところ、ちゃんと食べられるように復活して驚きました。

こんなに便利だから、母はこの蒸し器を活用しまくっていたのだとわかりました。

遺品というより、母そのもののようにも思えました。

| | コメント (0)

2018/07/03

実質的には・・・

労働条件についてもうひとつ。

最近の求人で「みなし残業代を含む」というのが増えています。これは月給20万以下の現場仕事から、会計事務所のような頭脳労働までありとあらゆるところで広がっているものです。これはみせかけの支給額を多く見せるための悪知恵としか言いようがありません。週40時間労働制を骨抜きにする動きだと思いますが、募集条件としては違法でなく、ハローワークでも受けるしかないんだそうです。

バブル期を越える人手不足とまで言われるのに賃金はむしろ下がっているというのが不思議。正社員一人当たり賃金は増えているといいますが、非正規まで含めた総人件費(用務費扱いの派遣賃金も含む)は減る一方でしょう。労働組合が(力が)ないからやられ放題という印象です。

| | コメント (0)

2018/07/02

ちょっぴり?過酷

自分が働きだした頃のお弁当屋さん、今思えば店長は気持ちも晴れ晴れしていたようです。理由は5年も続いた月度赤字が解消したからでした。微々たる金額でも黒字となれば、多少融通も聞くというものです。

ところが今日行ってみると社員さんの目が三角に…。人件費がオーバーして赤字に逆戻りしたらしいのです。

きょうのオンライン記事でも、アルバイトの時給上昇に一服感との記事があり、あるコンビニオーナーのコメントとして「今の時給でも人は集まらないがこれ以上出すと赤字になる」のだそうです。

1億数千万の年商があるお弁当屋さんで利益が出ない理由は、入居しているショッピングセンターの家賃の高さにあります。現場の運営上の問題ではない要素が大きいのです。冷凍食品が多いのに、冷凍庫の大きさがかつて働いた施設のパン工房の冷凍庫の4分の一もありません。パソコンはあるけれど椅子がないので社員さんはパソコン作業を通路で何かの箱を椅子にしてやっています。これはほかのテナントさんも同様。それなのにデベロッパーは通路の2本並列の蛍光灯を一本ずつ間引きしています。

いつやめても何とかなる人はともかく、ここの店、ここの会社から出られない人にとっては過酷なかんきょうだとかんじます。多少怒られても「そうも言いたくなるよな」と受け流すしかなさそうです。

| | コメント (0)

2018/07/01

猛暑予想

これから数日は、連日吹いていた南風がさらに強く吹き続けるかも。台風が北へ行かずに日本海に入ってきそうですね。高気圧のヘリを回って台風に吹き込む南風で猛暑になりそうな予感があります。

以前越谷市が「アメダスのせいで暑いイメージになる」と、市議会で問題になりアメダスの位置を移したことがありましたが、先日は館林でもアメダスを気温が低く出そうな場所に移しています。関東で暑いことはマイナスイメージしかないようで、「暑いぞ、熊谷」というキャッチフレーズも終わりとか。

今月は通常の太平洋高気圧のほか、もっと熱い空気を持つチベット高気圧の張り出しも予測されているそうで、学校が夏休みになる前に暑さでばてそうです。

| | コメント (0)

念願の地

土曜日に、念願の渋谷へ足を延ばしました。

電車じゃないですよ。自転車です。

渋谷は自転車目的地としては長らく意識していましたが、少しずつ少しずつ距離を伸ばすようにしていきなり無理をしないようにとは心がけていました。都内の特に山の手エリアはアップダウンが激しいので無理は禁物と思います。

今回明治通りは坂だらけなのが最初から分かっていましたが、平たんに見えた青山通りも意外に起伏に富んでいて驚きました。高低差は明治通りほどではありませんが、外苑前の駅あたりと赤坂御所の近くに谷があって、特に赤坂御所の谷は深くてびっくりしました。

行きに川口駅を通って行ったので片道20キロくらいあったかも。汗はかきましたが久々にすっきりできました。

| | コメント (0)

2018/06/30

6月なのに

数日前、上中里駅脇の国立印刷局にある木でセミが鳴いていました。すぐ手前には飛鳥山の紫陽花がまだ勢いを落としつつも咲いていたので、ミスマッチな印象がありましたが、さもありなん。6月に梅雨明け・・・。

この数日関東では強い南風が吹いています。これだけ強い南風が連日吹くのは西と東で気圧の差がかなりあるということでしょう。冬とは真逆です。活動している日中は風があるのはありがたいですが、夜は厳しい。朝起きたら、いつ布団からでたのか、扇風機の前で丸くなって寝ていました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧