« 浅い呼吸 | トップページ | 増やしたいけど増やせない »

2022/07/04

そうかもしれない

3週間ぶりの通院。外へ出てみたら「涼しい」と感じてしまいました。30℃前後はあったと思いますが…これが本来の今ごろの気温でしょう。

通院前に訪問看護。時折やってくる不穏な感じや、ラジオ無しで過ごすここ最近では無かった異常な感じの話とともに、職場のことも話しました。すると看護師さんが「医者じゃないから断言できないけど、今まで話を聞く限りその店長さん自閉症でしょう」というのです。

確かに強いつよいこだわり、コミュニケーションの偏りなど、それっぽいところがあります。スペクトラムなので強弱はありますが、「店長も自分と同じ自閉症スペクトラムグレー」だと思うと、「だからしょうがない」と思って悩まずばっさり切れることもある気がします。店長経験も長い2番手の社員さんのコミュニケーションが標準的だと思います。

病院がすごいんです。受付へ書類を出したら、主治医にすぐに呼ばれてびっくり。今まで都心のクリニックで1時間2時間待っていたのは何だったんだろう。診察中も「他にはないですか」と何度も聞いてくれます。「これは全部話せないだろうな」と思いつつまとめて置いたメモ書きを、全て伝えることができました。何を話しても動じない先生で、結果として処方は整腸剤だけ追加になりました。

その後ワーカーさんも予定通り時間をとってくれました。一応転居を視野に入れた片付けをテーマにすることになっていましたが、やらなければというのが強いので、負荷にならないように場所を決めてやることにしました。

ほんとうにお上手な方で、自分が「自分も精神保健福祉士だけど、対人援助に就いている方々の、クライアントに対する観察力をみると自分にはとてもできないと思う」というと「同業ですものね。精神保健福祉士も色々な仕事ありますよ。きっと出来ることありますよ」と、半ばコンプレックスになっているこの話題で持ち上げてくれます。自分のメモ帳を見て「すごく真面目な人だと思う。このメモを見ただけで書類整理が進まないというの分かります」だそうです。

|

« 浅い呼吸 | トップページ | 増やしたいけど増やせない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浅い呼吸 | トップページ | 増やしたいけど増やせない »