« たまには愚痴 | トップページ | 3連勤突入 »

2022/05/26

次のテーマ

この人と出会っていなかったらどうなっていただろう? ふと思いました。

きょうは薬を取りにいくため、久々に土手を自転車で走って川口へ。通り雨の多いシーズンになってきて「どうかな」と思いましたが、思ったよりもいい天気で幸いでした。

せっかく川口まで出かけるのだからと、お世話になっている施設長さんとの面談予約を入れていました。

施設長さんは実によく色々な事を覚えてくれています。10年前の3回目の入院の頃に感覚過敏だったことも覚えていて、「体調が悪くなると過敏もひどくなるようだ」と、医者でもわからないことを指摘してくれました。まさにその通りです。その上で「声が良くて目も良い。何年か前以来の調子良さだ。本来の〇〇さん(自分のこと)が戻ってきた」との事。目が良いというのは他の職員さんにも言われたし、後で寄った薬局でも言われました。

人を相手に仕事をしていると、そういうのがわかるんですね。

メモの取り方すら違うそうです。

訪問看護師さんも「バランスが取れている」と言っていました。

体調が良いから病院を変える決断もできた。調子が悪い時には先延ばしした方が良い大きな決め事も、今ならできそう。仕事ができなくなってお金が尽きてしまう時のシュミレーションなんかもしておいても良いかもしれないと。

確かに、今なら前向きに考えられそうです。

昨日書いた職場の話も、もう一度支援センターの方に相談してなるべくストレスを小さくした方が良くて、その為に大きなことがなくても月一くらいは面談してもらった方が良いと。どういう時にこういう対応をされたなどメモしておいて、相談すると分かりやすいそうです。

「0か100かではなく1点を取りにいく」という考え方ができるようになってきたと話すと「調子が悪い時はそういうアドバイスをなかなか受け入れないから良いと思う」「それができたら次は、今決めずに先延ばしするというのがテーマ」だそうです。生協を使って一度注文書を書いてから、よく考えて取り消していくようなやり方はその点で良いのではとの事。単価は若干高いけどその分無駄な買い物は減らしやすいです。

今までいろんなアドバイスをされて、受け入れたことと出来なかったことがあります。結果的にアドバイスを実行できると良い方へ転がり、受け入れられない時はおかしな方向へ行ってしまうというのが経験的にわかって来ました。

客観的に根気強く見てくれてありがたいことです。

|

« たまには愚痴 | トップページ | 3連勤突入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまには愚痴 | トップページ | 3連勤突入 »