« 激しいアップダウン | トップページ | レジスター »

2022/05/23

時代は変わる

障がい者就労支援の会社、ウェルビーの広告を見てびっくり。

ウェルビーで就職が決まった人の56%が事務系職というのはやっぱりなと思いますが、疾患別の就職実績では統合失調症が21%で、うつの20%よりも多い。次が発達障害の17%で、双極性障害は9%だそうです。統合失調症の人がそんなに働いているって言うのは驚きました。

事務系以外の職種だと軽作業が14%、接客販売は7%、清掃と福祉が5%。7割の人が未経験の職種に就いたそうです。清掃はもっと多いと思いましたが、清掃をやっているのは知的障がいの人が多いのでしょう。以前実習に行った会社もお掃除担当は知的障がいの人ばかりでした。

統合失調症って、ひと昔前は周囲も本人も働けるとは思えないような病気でした。ほんとうに時代が変わったと思います。

うちみたいなところに訪問看護が来てくれたり、訪問診療するクリニックが増えてきたりして、精神障がいがあっても地域で暮らしやすくなってきました。精神保健福祉士の学校時代、精神障がい者の地域移行というのは大きなテーマで、そのための精神保健福祉士と言っても良いくらいでした。

ところできょうは診察日で病院に行ってきたのですが、クリニックと違うのは当然として、以前長らくかかっていた病院とも雰囲気が全然違います。

昨年入院した病院の外来とデイケアに長らくかかっていたのですが、診察はものすごく混んでいて主治医が時間に追われるように「片付けていく」診察でした。今度の病院は、待合室のテレビがとにかく不快なのですが、それをあまり我慢しなくて済む程度に早く呼ばれます。こちらの話をじっくり聞いて、とにかくゆっくり急がず結論を出していくようです。双極性障害の薬は多くても少なくてもダメで血中濃度を測るのが大事なのですが、それをしたのは渋谷のクリニック以来。病院という感じがします。でも不思議とのどかな感じなのです。午前中はそれでも少しは混むのかもしれません。

前の病院は急性期短期間集中治療専門だったので、ざわつく感じがあったのかもしれません。患者が倒れたり暴れたりして、しょっちゅう職員の緊急招集の放送がかかっていました。今度の病院はどうもそういう感じでは無さそうです。入院も空きが無ければ出来ないとのこと。前の病院は、救急患者を随時受け入れるため、長くても2ヶ月程度で退院かでなければ転院させられることになっていました。

きょうもワーカーさんには会えませんでしたが、明日以降電話で話すことができるかもしれないとのこと。頑張って電話します。

|

« 激しいアップダウン | トップページ | レジスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 激しいアップダウン | トップページ | レジスター »