« 不安と共に | トップページ | 三寒四温 »

2022/04/13

出勤にした意味がない

店長は、店全体を見渡して何か思ったり考えたりはしないようです。確かに一品一品細かく把握しているなんてできないとは思います。

きょうは事前のワークスケジュール表では、雑貨の納品を出すことになっていました。ところが店長が一日中雑貨売場にはりついていて、一切何もさせてくれませんでした。出せそうなものはあるのに「出せない」の一点張りで、在庫に触るのすら嫌がるのです。じゃあ他の指示が無いと困りますが、別の社員さんを呼んで「そっちで何かない?」という感じです。報告も連絡も相談も聞き流してしまうのです。

水曜日は忙しいというからわざわざ病院の曜日を月曜日にしたのに、これでは虚しいです。

店長以外に今日いた社員さんは週に2日店にいて、他の日はよその店舗へ応援に行っているのです。その方によると、この会社は深刻な人手不足でいくらやっても終わらないという感じだそうです。口コミサイトなど見ると、確かにそうらしいのです。でも、「やることがない」と言って、よりによって自分に作業指示を聞きにくるパートさんもいるのです。仕事が偏在し過ぎています。人を育てて使えるようにならないとダメだと思いますが、目の前のことで手一杯、面倒かけさせるなが本音かなぁ。もったいない。

週2日の社員さんのおかげで値札の付け替えの仕事が割り振られたのですが、単純な作業でした。でも普段はこれもやらせてもらえません。

|

« 不安と共に | トップページ | 三寒四温 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不安と共に | トップページ | 三寒四温 »