« ふりかえる一日 | トップページ | ブログを深掘り »

2022/03/19

思い込み

きょうもブログを読み返したかったのですが、確実に仕事に行くのに影響が出ると思って我慢しました。

ただ、ずっと引っかかってしまったのが2015年11月の記事。

自分は就職が決まるデリケートな時期に抗うつ剤を0にされたのが響いて、結果就職がおじゃんになったと思いこんでいたんです。薬を戻したら体調が戻ったと思っていました。

でも、記事を読むとその頃、当時の主治医が「躁うつ病」と断定し、抗うつ剤を減らしていたらしい。ひどいのはそういう説明を本人にはせず、通っていた施設の職員が同行してくれた時に、その職員さんに向けて説明したこと。それが不信感につながったと思うのです。

今度の病院も、当事者には評判悪いけど家族からの評価は高いんです。当事者不在で何かされるんではないかと心配です。

 

就職が決まっていたらうまくいっていたと思っていましたが、案外そうでもなくて、昼夜逆転するほど過活動だったり、寝込んだりもあったようです。

自分の体調が安定しない中、母が体調を崩して半年しないうちに亡くなったのでした。

仕事が続けられたとは、考えにくいですね。悔しいですが。

その頃は診察の日だけだったか、デイケアの作業療法士さんと話すこともあってアドバイスももらっていたという事がわかりました。お世話になっている施設長さんが、「せっかくつながっていたのに切ってしまった」というのはこれの事でした。

いつ頃から渋谷のクリニックに引っかかって、支援者を切ってしまったのか?明日読んでみます。

 

なんだかブログを読み返すのに熱中していますが、あまり良い事ではないのかもしれません。頑張ってやってきたつもりでしたが、病気に翻弄され続けた日々で、それをふりかえるのは「ひどい人生だ」とさらに絶望感が増したりするかもしれません。

|

« ふりかえる一日 | トップページ | ブログを深掘り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふりかえる一日 | トップページ | ブログを深掘り »