« あれもこれも自閉症スペクトラム | トップページ | わからない »

2022/03/13

鉄道の思い出

相変わらず午前中はぐったりで、午後はしばらくすると余力が出てきます。うつですね。

きょうのラジオ番組「ミスDJリクエストパレード」では、青函トンネルの開通日ということでその話題が出ていました。自分は寝台特急北斗星は使ったことが無いのですが、夏場に青森から臨時列車として函館まで事実上直通の急行八甲田で初めて通ったことを思い出しました。それで、2年前のものですが、時刻表をパラパラめくりながら、あちこち行った思い出を振り返ったりしました。普段は感覚過敏で見られないことも多い時刻表ですが、きょうは大丈夫でした。

しかし、これだけペーパーレス化が進むと、毎月時刻表を本屋さんに並べる価値のあるだけの利用者はいなくなるでしょうね。やがてなくなると思いました。鉄道の利用者自体が減っているし、時刻表見るより検索してしまうでしょう。

減っているといえば、大糸線の南小谷から糸魚川までが、廃止になるかもしれないとの事で驚きました。会社員時代、中央線回りの夜行列車で大糸線を抜けて北陸地方へ行ったのを思い出しました。はるか昔は新宿から糸魚川まで直通列車もあったようです。シュプール号というスキーヤー向けの臨時列車で大阪から白馬まで直通していたことも覚えています。水害で不通になったこともありましたがお金かけて復旧させたんですよね。なんでも、1992年の利用客と比較すると1割以下しか乗客がいなくて、区間別の2020年度輸送密度が全国ワースト5なんだそうです。南小谷って小さな駅ですが、今でも新宿から特急が1往復あって、全然違いますね。

なんでも変わってしまって、ほんと寂しいというかつらいというか、ついていけない苦しさがあります。モバイルSuicaなんて、ものすごい勢いで利用者が増えているとか。モバイル専用の割引き切符とかありますものね。

 

|

« あれもこれも自閉症スペクトラム | トップページ | わからない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれもこれも自閉症スペクトラム | トップページ | わからない »