« 2日分の賃金が吹き飛ぶ社会保険料 | トップページ | ストレスでも出る »

2022/01/18

辛かった面談

きょうは、これがあるから年を越すのが嫌だったというくらい嫌な、社協での面談がありました。給料明細と家計簿とレシートを付き合わせて、ああでもないこうでもないと収支を合わせる算段をするのです。収支を合わせるなんて、言ってみれば当然のことなのですが、長く自分の貯金と親の仕送りでなんとかしてきてしまったため、仕送りの金額と収支が合えばよかったのです。しかもその金額が、今から考えると結構高水準だったので無駄遣いもしてしまったと思います。

1時間半近く時間を使ってくれて、ワーカーさんも根気強いと思います。言われている事は厳しいですが、それはワーカーさんが厳しいのではなく、置かれている状況が厳しいということです。

前も書いたかもしれませんが、こういうことを渋谷のクリニック時代に「誰かにやってほしい」と切に願っていました。このままでは追い込まれてしまうという危機感がありました。

今日のところはまだ深く落ちてはいないのですが、金曜日の施設長さんの面談のように、後から気分が落ちて来るかもしれません。

と書いて、しばらくしたら、強いストレスの為気分が不穏になり、頓服を飲まざるを得なくなりました。

|

« 2日分の賃金が吹き飛ぶ社会保険料 | トップページ | ストレスでも出る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2日分の賃金が吹き飛ぶ社会保険料 | トップページ | ストレスでも出る »