« 歯医者の代替わり | トップページ | 予期不安 »

2021/12/20

ありえない忘れ物

二十代の普通に会社員ができていた頃は全く問題を感じていなかった、多分三十代でも問題はあまり無かったと記憶しているのですが、発達障害の問題が年を経るごとに大きくなっているようです。荷物が多いのは持ち物にこだわりがある事と、それを忘れるといたたまれないので忘れないようにその都度ものを入れ替えないからだと思います。最近では荷物が多いとあちこちで指摘されて悲しいです。

荷物が増える原因が不安感。その不安は忘れ物をする事で強くなります。子供の頃のことを覚えていないのですが、大人になってから忘れ物の多さに頭を抱えます。旅先で財布を忘れて拾ってもらったことも何度か。ホント日本は忘れた財布が無事に戻ってくる良い国です。

最近は忘れ物をしないように、玄関先に確認するべき持ち物をリストにして貼り出し、毎朝点検するのです。前夜から点検することもあります。

ところが、きょうは考えられないようなものを忘れてしまいました。仕事に支障が出ました。全く情けないです。普通ならこんなもの忘れるわけが無いのでリストにも入っていません。忘れっこ無いものを忘れるって、発達障害なのかなあと思います。病気でできないことは仕方ないと思えるのですが、発達障害でできないことは自分には納得しがたいですね。

働いていた渋谷のクリニックでも、大人になってから周囲に発達障害を指摘されて受診してきた人が結構多かったです。診断がついて安心するとも聞くけど、劣等感にさいなまれるひともいるだろうと思います。

|

« 歯医者の代替わり | トップページ | 予期不安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歯医者の代替わり | トップページ | 予期不安 »