« 容れ物の中 | トップページ | 「治らない」ならば »

2021/12/07

きょうの訪問看護

訪問看護師さんが、ちょっと抑うつっぽくなっているから主治医に相談してくださいとの事。でも、薬増やされるから言いたくありません。

生活相談に行ってからこんな感じだと話すと、転居のことなど、相談先のペースでなくゆっくりやることが大事、急いで体調を崩してしまっては意味がないとのこと。それはそうですが…。

自立支援医療と障がい者手帳の更新の為、午後、区役所に行きました。泣いている娘さんとお母さんに目がとまりました。娘さんが、高校やめると言うのをお母さんがなだめていました。生活保護の窓口の入り口だったので、何かの理由で経済的に窮してしまったんだろうなあと推察しました。

調子の良い時はその親子のこと、気にも留めなかったと思うのです。不思議なのですが、調子が悪くて経済的に心配事があると、そう言う悲しそうな様子の人がつい目に留まってしまうみたいです。自分の生きている世界が今までと全く違うように見えるのです。

体調整えて仕事を休まないようにして過ごさないと、お金が心配になって体調を崩す負の循環に陥りそうです。気を付けます。

|

« 容れ物の中 | トップページ | 「治らない」ならば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 容れ物の中 | トップページ | 「治らない」ならば »