« 通勤練習14日目 | トップページ | 方針転換 »

2020/11/13

いきなり実習

通勤練習15日目かつ初めての面接。ここは書類選考がなくていきなり面接だったので、何か事情があるんだろうなあとは思いつつ、期待をかけていきました。

住所が法人の別施設になっていて、いきなり迷いましたが電話して事なきを得ました。応対してくださったのは人事ではなく理事長さんじきじきで、20~30分持論を展開してこちらの応募意思の強さを確認すると、「今日は時間があるんだろう」と言って、同じ建物内にある施設で一日やってみろと言われ、急きょ実習となりました。実習しながら仕事を理解してもらうとともに適性を見ようというのです。10時からの面接で午後3時過ぎまでみっちり施設の仕事を体験しました。内職作業で荷物が重くそれを結構なスピード感でこなしていくので、やっているうちは必死でしたが、帰宅してからどっと疲れが出て食事を作ることができませんでした。

実習後感想を聞かれできそうかといわれて「できない」とは口が裂けても言いませんでしたが、人事畑30年というベテランの人事の担当者の方で、「いろいろなことに気をまわすよりも、一つのことに集中できるような仕事のほうが向いているのでは」とズバリその通りのことを指摘され、ちょっとダメな感じでした。

しかし応募者をいきなり現場に放り込むというのは、乱暴ですがある意味親切だと思いました。どこがダメなのか自分自身でよくわかりました。

もう一件応募書類の選考待ちがあるけれど、これは想像以上に厳しそうです。

今のような応募の仕方をしていたら、いつまでたっても決まらないかもしれないとも思いました。

|

« 通勤練習14日目 | トップページ | 方針転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通勤練習14日目 | トップページ | 方針転換 »