« 前向きな休職 | トップページ | 少しマシな体調 »

2020/10/04

魔の夕方

活字が追えず、本が読めないというのは、時間が余ったときに何もすることがないということに直結します。本当はゆっくり本でも読めばいい夕方が何かしたくてイライラし、気分が不安定になる魔の時間です。とにかく外に出て頭を冷やすとかしなければなりません。最近は読み返すことができなくなっていて、本当にどうしようもないという感じです。オーバーワークの後遺症でしょうか。つらくてどうしようもなくなってしまうのです。これは簡単には治りそうにありません。

一番効果的なのは幾つかのフレームを作って、そこに今の困りごと、それがどうなればいいか、そのためにはどうするのがいいか、今できることは何かなどと枠組みに従った形で考えや不安を形にしていくというものです。でも夕方は考えがまとまらず、今何にに困っているのかすら出てきにくい。

朝は朝で頭が回らず、夕方はたぶん情報が入りすぎたり、これしかできなかったという余計な後悔なんかが入り混じってなおさら複雑になる気がします。これは大きな調子の波が落ちている状況ならではという気がします。普段なら夕方別にどうということはないです。

もがきながら過ごしています。

|

« 前向きな休職 | トップページ | 少しマシな体調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前向きな休職 | トップページ | 少しマシな体調 »