« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020/09/30

現在の見通し

タイピングの新たな体制が始まり、自分がいなくてもクリニックは回るようになりました。

思えば今年国家試験終了直後から休みなく働いてきましたし。有休も夏休みもなかった。WAISという心理検査をやるために必死で努力したけど、これの結果をまとめる時間がクリニックの仕事の枠の中に一切入っていないため休みに何時間もかけてまとめるようになったのが悪くなった原因だと思います。

もうここまでくれば、どちらかというと働けとは言われないかも。その代わり収入をどう担保するか真剣に考えないとなりません。

| | コメント (0)

2020/09/29

あいまいを具体的に

今日は、以前登録していた就労支援センターへ面談に行ってきました。自分がどんな分野の仕事に興味を持っているのか、どの程度ならできると考えているのかという点、結構あいまいだったと感じました。

しかしながら、そういうのってだれかと話しながらでないと、なかなか具体的な考えが煮詰まっていかないと思います。「よく来るな」と思われるくらい通って話して、そうしてまとまってくるもののような気がします。

ドクターストップとはいっても残務処理があって、まったく仕事から離れるにはあと何日かかかりそうです。今週はムリかも。

| | コメント (0)

2020/09/27

休職指示

とうとう・・・。

先週仕事をしていて、子供を見ながら事務をやっているふりをして他のたまっている事務をやろうとしたら頭がフリーズして全く言うことを聞かなくなりました。子供たちのサポートは続けてやっていたものの、かなりしんどかったです。そして仕事に対して自信がなくなってきてしまいました。今の仕事のやり方に対してもそうだし、精神保健福祉士という責任ある仕事に就いてもできないという感覚が強くなってきました。そりゃ一人でやるのはムリで指導者がいなければできないのですが、そういう風に思えなくなってきてしまいました。

それを昨日主治医に話したところ3週間の休職指示が出ました。冷静に頭を休めるのにはそれくらい必要だということでしょう。頭を使う仕事がホントできにくくなってますから自分のことを考えるのも難しくなっているということなんだと思います。

ただ、ホントにすぽんと3週間休ませてくれるのか疑問。休めるのか?休んだら給金がなくなってどうやって過ごす?など頭がぐるぐるしています。

| | コメント (0)

2020/09/23

自分の働き場所の求人

台風は東へ行ってしまいましたね。東風が吹くのでお天気は悪いし寒そうですが、台風の東側が雨風ともに強いので、今回はそんなに風雨は強くないと考えています。

今日はハローワークに行って、医師の意見書を提出し、本格的に求職活動に入りました。びっくりしたのは、検索したら今日受付された、自分の働いているクリニックの求人票が出ていたことです。有休も労災保険もあると書いてあって、時給も自分がもらっているより100円以上良い賃金で書いてありますが、残業なしの記載にはびっくりしました。

明日は地元の就労支援センターへ、予定が空いてそうなら行ってこようと思います。

| | コメント (0)

2020/09/22

列車も混んでた

午前中の列車で帰ってきたのですが、結構な混みようでびっくりしました。午前がこれなら午後のピークはもっと混んだでしょう。

仕事をするつもりで早帰りしたのですが、出かければそれなりに疲れもあり、あまり進みませんでした。それでも早く帰ってきてよかったです。

明日はなるべく早めに仕事へ行って、給料のダウンを取り返したいと思います。ただできれば仕事に行く前にハローワークによって、先週書いてもらった医師の意見書を出して求職活動を進めたいと思います。

| | コメント (0)

2020/09/21

賑わいを取り戻した連休

山梨まで重い荷物をもってきて、やっているのは仕事。今日はほとんど一日仕事をしていてだいぶはかどりました。

夕方甲府駅の周辺を散歩して銭湯へ行ったのですが、この連休は結構観光で出かけている人が多く、渋滞している通りの車を見ると、何と半分が県外ナンバーでした。

午前中からこの時間まで仕事をしていて無給なんて、なんだかばかばかしくなってきました。しかも実際もらえる給金は時短勤務の影響で減らされるんですよ。クリニックの検査の仕事を増やすと、もれなく残業が付いてきます。残業にならないように、他の仕事をしているふりをしながら片付けろと言われるのですが、それがまた苦痛で、2つのことを考えられない。集中しようと気を入れなおすと院長がひょっこり顔を出して今何やっているのか、それは検査時間でやる約束ではないのかとぼろくそ怒られ、始末書までとるんだからむちゃくちゃ。先月まではそういう風に思わなかったのですが、自分が体調悪くしてやっとおかしさに気づくという。いったい何を学んできたんでしょうか、自分。

| | コメント (0)

気分転換

持ち帰り仕事が終わらない中、あまりにも気持ちがささくれてきたので、昨日の夜甲府へ来ました。ホテルで仕事をしながら過ごして明日朝帰るつもりです。

持ち帰り仕事は持参してきました。それでも気分転換にはなるようで、心持はよいです。こんなところまで持ってこなければならないほど追い詰められているという感じですねえ。明日朝帰ってやっても終わらないものねえ。

たまにそとにでて東京とは違う空気を吸いながら頑張りたいと思います。

持ち帰り仕事をしても1円にもならないけれど、短縮勤務で給料は減るよねえ。息抜きも今回が最後でしょう。

| | コメント (0)

2020/09/19

医師の意見書

きょうは主治医のところに、ハローワークに提出する意見書を書いてもらいました。障がい者雇用を目指す場合は求められることがあります。最初は前の前の病院で書いてもらって、一日4時間とか書かれていたのですから、今と全然違います。状況確認も含めてのものになります。なんとその場で書いてくれてめちゃ助かりました。これで来週からハローワークでも求職活動ができます。ただびっくりしたのは、診断名がまた躁うつ病に戻っていたことでした。

今週午後1時から、または4時からにしてもらったおかげでだいぶ体が楽になってきました。何を優先してやらなきゃならないのか考えられるようになってきました。それまでは頭がいっぱいで片付けすらできなかったのですから。起床も9時くらいにはできるようになってきました。

| | コメント (0)

2020/09/18

苦手作業

現職場で子どもたちを見ている時には、手が空いていると事務処理をするよう言われます。このマルチタスクが超苦手。子供の対応でも一人に集中してはいけないことになっていてひっきりなしにあちこちから呼ばれるのに、さらに事務処理。仕事の中身が違いすぎて混乱します。他も時間にもマルチタスクを求められることが多く、仕方がないのでダミーでやったふりをしながら別のことをやることを求められます。こういう無駄カツ神経を使う業務が超苦手です。このところうつっぽくなっていますが、単純作業ならここまで悪くなってない気がします。マルチタスクとそれを状況を見ながらやり替えないといけないことの対応が、常時緊張感を作り出し、疲弊するのだと思います。昨日は職場で勤務終了後時間外で1時間作業をしていましたが、ものすごく集中できてすっきり仕事ができました。

| | コメント (0)

2020/09/17

ディスカウント

JRは発足以来最大の赤字で、全社合計すると国鉄最後の年と同じくらいの赤字になるんじゃないかといわれています。

あの手この手で客の増加を図るアイデアの中に駅ねっと得ダネというのがあって、20日前の午前1時40分までに購入すると半額になるというもの。イメージがつかめなかったのですが、昨日山梨へのパンフレットを見て驚きました。かいじ号限定ですが新宿~甲府が1940円。これは単なる普通乗車券より安いです。昔の飛行機の超割みたいなものですね。

昨日頑張ったので、今日は4時からでいいといわれていますが、うちにいると片付けをしたくなって、そうするとそれだけで疲弊するのでもう出かけちゃおうかと思います。

| | コメント (0)

2020/09/16

昨夜は宿泊

今日はどうしても外せない検査が午前中からあったので、うつで仕事に行けないことがないように宿泊しました。でも勘違いだったのは、宿泊すれば鬱が治るわけではないこと。結構しんどかったです。それでもどうにか無事に役目がこなせました。

検査はこなせるものの、一度にあれもこれもやらなければならない状態になると、軽い頭痛がするほどしんどく、首を振りうなり、ありとあらゆるストレスサインが出てきます。この状態で仕事をするのは本当にしんどいです。

ちなみに昨夜泊ったのはサウナが売りの恵比寿のカプセルホテル。もともとの建物をリニューアルし外国人でも止まりやすくアレンジした、値段とロケーションの割には泊まりやすいと思います。こういうリニューアルホステル、大宮にもあって実習の時に使いました。

 

| | コメント (0)

2020/09/14

夜中

日中眠かったので、「こうなるのでは」と思った通り、眠れません。眠剤は飲んでいるのでこれ以上は考え物です。

 

| | コメント (0)

2020/09/13

激しい気分変化

何か行動を起こした日は、テンションが高くなりやすい傾向が…。ハローワークの専門援助部門にいるトータルサポーターに相談に行った木曜日は自分の気持ちを整理できて、だいぶテンションが上がりました。しかしその後仕事に行ってからかなり重いケースの心理検査を担当してどーんと落ち込みマイナスに。昨日土曜日はまたテンションがあがり、しかも思わぬ成果があったりしてかなり上がりました。

今日はその反動か、テンションは落ち気味。持ち帰り仕事があるのになかなか手が付けられず疲労感が強くて横になることもありました。そもそも休みに休めていないのは問題ありで、だからこそ転職を考えざるを得なくなっているんですよね。

気分の上がり下がりが激しいため、昨日の診察では薬がまた変わり、うつ病ではなくそううつ病にやや振れた薬の処方になりました。

| | コメント (0)

2020/09/12

求めるものなら

今の現状から考えると大金を払って通った専門学校。一年学校に通うというのは使い方によっては大きな財産になるものだと思います。

前も書いたと思いますが、今の主治医は専門学校の精神医学を講義してくださった先生。講義中も一風変わっているなとは思っていましたが、思い切りよくスパンと薬を変える先生で、メインの薬を変える時には入院させることもあるくらい慎重な精神科の医師が多い中では、相当思い切りのよい先生だと思います。もちろん、自分がリワークで仕込まれたように睡眠や生活リズム、気分と調子の波などを毎週しっかりまとめて一覧できるようにしているからできるというのもあるのかもしれません。

診察を受けた後は、OBOGを対象としたソーシャルワークの事例研究会(スーパーヴィジョンという言い方もします)に参加しました。自分が依然通った施設でも似たようなケースはあったなあというような内容だったのですが、介入するかしないかについて両極端の意見が出されてとても興味深かったです。べてるだったらどうするだろう・・・なんてことも考えました。それがとても懐かしい感覚。学校を卒業してからというより試験が終わってからクリニックの仕事や訓練に忙殺されていて、そういうことを考える余裕もなかったと思いました。

その事例研究会で以前のクラスメートと再会したのも良かったのですが、驚いたのは夏の実習でお世話になった施設の職員さんが来ていたこと。しかも隣の席。実は先週前の施設の施設長さんに東京精神保健福祉士協会のことを教わったのですが、そこの求人欄に掲載されているのです。2週間実習してだいたい雰囲気はわかります。今の鬼のような忙しさではなくじっくりと仕事に取り組めるだろうなあと思ったのと、そこなら持ち帰り残業や下駄ばき出勤はなさそうだと思ったのでひとまず現況を伺うと、まだ募集しているとのこと。

コロナで求人が激減しているという中でも精神保健福祉士の需要はあるよとは聞いていましたが、どちらかというと不足気味という現状が分かっただけでも収穫だったと感じました。それにしても展開が早いです。

| | コメント (0)

2020/09/09

第一歩

自分は時給単価1000円という契約で働いています。検査1件は院長の采配で決めた単価があって、それと他の検査をセットで1時間というくくりになっています。検査結果を仕上げるプロセスはあまり考慮されていないので、もちろん1件が1時間以上かかります。

この時給単価、調べたら昨年の10月から1013円でした。自分は1000円で働いているので昨年10月にさかのぼって13円支給されなければならないんだそうです。これは権利ではなくて支給されない場合は最低賃金法に引っかかって雇用者に責任が発生するということです。

たかが13円ですが、昨年10月からとなると今月でほぼ1年。1000時間近く働いているんじゃないでしょうか。1万円くらいになりそうです。

| | コメント (0)

2020/09/08

猫なで声

まったくの主観です。

きょう、クリニックに離職の可能性を話しました。

今日は13時に出勤できたので検査を3件取ったのですが、うち1件で次回予約をダブルブッキングしてしまったのです。

通常なら2度目の失敗なのでめちゃくちゃ怒られるはず。実際それが分かった時点では裏ではすったもんだしていました。

ところが、帰宅時にはさらっと注意されただけで、いつものようなパワハラ怒鳴りつけがなかったのです。

これは、今すぐ離職されたら困るからだと感じました。とともに早ければ今日から代わりの人材を探し始めて、その間はつなぎ止め、決まった時点で捨てる。そんな風に感じました。

なんでそんな風に感じたかというと、あまりにも都合がよすぎるから。明日も4時出勤でいいよとのこと。今までの対応ではありえない気前の良さです。病気のことを理解してそんなことを言っているわけではないことは、ここでもう3年近いので分かります。

転職活動は始まりました。ひょっとするとドンパチ火花が散るような事態もあり得るかもしれません。

| | コメント (0)

2020/09/07

超短縮勤務

金曜日に引き続き、日中も動くことができず、今日も16時から3時間だけ子どもたちの相手をしてきました。

週末をはさんで連続で起きられないというのは、本当にまずい状況だと感じます。

ぶり返さないよう対策しなくては。

土曜日に相談に行った施設の施設長さんは「お母さんが残したお金は学校へ行って無理して働くためじゃない。今みたいに体調崩していたら泣くぞ」といわれました。資格を取ったのはよかったと思いますが、それを有効に活用しないとなりませんね。

| | コメント (0)

2020/09/06

体調悪化基調

明日仕事に行ける気がしない。やばい感じが残っています。現在16時だものね。持ち帰りの仕事に集中して明日対策を練る時間ですが、掃除機かけるのもすぐ疲労して、ずるずると横になる状態。早急に何とかしないとまずいと思います。明日午前中行けない可能性はクリニックでも織り込んでくれているみたいなので、なんとか午後には行けるように、どうしても今日中に作成しなければならないと思われる書類だけ作成しておこうと思います。

週末いろいろな方面へ相談に行ったり電話を掛けたりして、このままでいいのかとにかく情報を集めるということと、労働条件で最低を満たさない点については改善を求めるという方針が定まったので、それに向けて動きます。

| | コメント (0)

2020/09/04

今年の8月も訃報

お世話になっていた、教会の88歳のシスターが8月26日に急にお亡くなりになったと昨日聞き、深い面でダメージを被ったようです。昨日は久しぶりに遅刻してしまいました。

その遅刻の仕方が、普通に8時に起きたもののトイレで1時間固まり、その後床で30分動けずという最悪のパターンでした。院長以外はうつ病の悪化を疑うようになりました。院長は意地で?認めたくないという感じかもしれません。

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »