« HSP(敏感な人々) | トップページ | 2次流行? »

2020/07/05

そっちもあるのか?

以前、自分は自閉症スペクトラム障がいですが、診断のつかないグレーゾーンでかなりその傾向が強いといわれていることを書きました。ところが、先週の診察では主治医は「ADHDっぽいね」とのこと。自閉症スペクトラムよりADHDのほうが今は有名だと思いますが、注意欠陥多動性症候群(最近は注意欠如という)のことです。ADHDは不注意型と多動型、混合型と分けるのですが、明らかに自分は不注意型。眼鏡や傘をあちこちに忘れる。荷物を網棚に置いて忘れる、持ち物を忘れる、忘れるのが嫌だから荷物をカバンに入れっぱなしにして使わないものまで入れていて、荷物が多くなる。マルチタスクが苦手、あれもこれも手を付けて結局全部終わらないなどです。

こういうのは昔はだらしがないということで性格のせいになっていましたが、ADHDと診断が付くと脳の機能性障がいということになり、場合によっては生活の質を薬で改善することができるようになります。自分は診断が付くほどひどくありませんが、結局発達障がいなので、ADHDと自閉症スペクトラムは重なることが結構あるのです。

自閉症スペクトラムは薬もないし治らないので、病気や障害と考えるより正確の一部と思っておいた方が都合がいいです。ただしそういう脳の構造なので、周囲からとやかく言われても治らないということ、特性をある程度考慮して付き合ってもらうように頼んでおく(特に職場)ことは必要かもしれまません。薬はありませんが、べてるでもよくやっているSST(ソーシャルスキルトレーニング)は有効だと思います。自分は院長に怒られながらSSTをやっているという意味合いもある気がします。

|

« HSP(敏感な人々) | トップページ | 2次流行? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« HSP(敏感な人々) | トップページ | 2次流行? »