« 今季運休 | トップページ | 診断書延期 »

2020/06/20

ぶつけられる感情

昨日はスタッフの頭の人が研修で居なかったため、上司である院長とじかにコミュニケーションをとる必要があって「もめるだろうな」とおもったら案の定でした。リワークメンバーでタイに一緒に行っていなかったら、心が折れたかも。しっぱいしたらすぐ叱るというスタンスはいい事なのだと思いますが、感情をぶつけてくるのでそれを受け流すことができないとあそこでは働けないと思います。その日に反省しようとすると府の感情が沸き起こるので、一晩寝て、これから書くくらいがちょうどいいのかもしれません。書かないと忘れるし。

指示内容が多すぎて、毎日メモを取るけれど、その日に整理しきれず週末に診察待ちの時間などを使ってやっています。4月は30分以下の待ち時間でしたが5月を過ぎて2倍以上に患者さんが増え2時間待ちになってしまいました。5月病とはよく言ったものだ。コロナの影響もあるでしょうか。勤め先のクリニックも初診が増えてきました。

仕事先も通院先もオフィス街のど真ん中なので、統合失調症の患者さんがほとんどいないのが特徴です。ですから待合室にいても違和感を感じないと言えます。仕事先は児童精神科も標榜しているので、子供が多いのが特徴といえるかもしれません。

感情をぶつけられて忘れられないようなら、「大さまの耳はロバの耳」と、ツボでも出して叫びますか・・・

 

|

« 今季運休 | トップページ | 診断書延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今季運休 | トップページ | 診断書延期 »