« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020/04/29

登録完了

先日、試験は受かったが登録しないとまだ精神保健福祉士にはなっていないという話を書きました。その登録証、先週土曜日に到着しました。ぺら紙一枚ではなく、見開きの台紙にセットされていて、「国家資格とはこういうものか」と思いました。仕事しながら一年でとるのは大変でしょうね。それをやったんだ、と思いました。

しかし試験に受かるか受からないかは、オーディションに受かるか受からないかみたいなもの。オーディションに受かって舞台に立つ人になれば、毎日がオーディションみたいなものなんですね。会社の入社試験とは違っていて、日々研鑽しないと仕事がなくなる…。もっともこの資格はまだまだ足りてないとはいいますが、保育士と同様働く場の質と給料を考えたら簡単に別の口があるとも思えず。休みも持ち帰り仕事を少しやっています。負担なのは対面検査のレベルアップを日々求められること。

幸い職場と主治医が同じではまずいだろうということで、転院した先の先生がフィットして、気の持ちようをうまくアドバイスしてくれるのが助かります。今度の主治医は、専門学校で精神疾患の科目を教えてくれていた先生で、お互い様子はわかってたいのが幸いでした。

| | コメント (0)

2020/04/19

筑波山が見える時

昨日の風雨はかなりすごかったですね。ちょっとした台風並みでした。わが家から冬場以外で筑波山が見えるのは台風一過の時ですが、今日はその筑波山がよく見えます。川口からだと赤城山もよく見えるかな。

お店の営業中止だけでなく交通機関にも影響が出てきました。昨日川口駅で見たら、国際興業バスは20日から当面土曜ダイヤで運行するとのこと。飛行機や高速バスは運休が多く、特に国際線は国によっては乗り継いでいくのも難しく、少数ですが国内に取り残されている方もいるんだそうです。JRの在来線もこの状況でよく通常ダイヤを続けているなと思っていましたが、定期券の払い戻しでお金が流出してかなり深刻な事態になっているとも聞きます。JR の駅では改札を封鎖したり、開けていてもほとんどの時間無人対応にしたり、みどりの窓口の時間を短縮したりと、じわじわ制約がかかってきました。臨時列車の運行も中止になりましたね。

連休後も今の事態が続けば、もう平常運行はもたなくなるのではと危惧しています。

| | コメント (0)

2020/04/16

最近の困りごと

今のような事態になる前、夕食はお弁当を現地調達したり牛丼店に行ったりしていました。家に帰ってからだと寝落ちる可能性が高く、食べられたとしても胃がもたれる可能性が高かったから。

ところが近隣の大型小売店が軒並み休館になり、昨日行ったら牛丼店も夜8時以降は店では食べられない(持ち帰りのみ)という事態になっていました。

結局うちで食べるしかなく、胃もたれの原因に。

お腹がすいていても食べないという選択もありかな。でもそうすると帰宅中甘いものを食べるよねえ。

| | コメント (0)

2020/04/13

人恋しさ増す緊急事態宣言…

職場と自宅の行ったり来たりで、ヒッポにも行けないという状況。なんだか寂しさが募るようになりました。うん、さびしいです。

昨日、最近はやりのズームを使って在宅ヒッポがありました。ヒッポの人たちならざっくばらんにいろいろ話せるから、ホントなぐさめられました。

| | コメント (0)

2020/04/05

臨時休業の多い中

昨日書類をきゅぽらの行政センター取りに行ったあと、川口そごうの地下をのぞいてみました。首都圏の駅ビルやデパートはほとんど休業。そごうも休業でしたが、川口そごうだけは例外的に地下の食品フロアだけは開けていたのです。

あらためて思ったのは、そごうでないと手に入らない食材が結構多いということでした。安くてよい品物はたくさんある川口ですが、たまにもうちょっと良いもの、と思ったときに買えるところがないみたい。そういえば母もそごうがお気に入りで、亡くなる直前までよくお刺身など買っていました。先日墓参で府中へ行きましたが、こちらも伊勢丹の撤退で、周りにあった「ちょっといい品を扱う」店がなくなって困っていると花屋さんが話していました。

 

そんなわけなのか、地下のワンフロアしかあいていないのにお客さんがそれなりに入っていてびっくりしました。

| | コメント (0)

2020/04/04

試験は受かったが…

国家試験というのは、実は受かっただけではだめで、登録をしなければならないのです。弁護士なら弁護士会に登録して初めて○○弁護士会所属の~といった形になるのです。この登録料にはランクがあって、医師、弁護士、会計士は高いんです。授業で聞いたのは20数万とか。看護師でも登録が必要ですが、看護師は厚生労働大臣の免許、准看護師は都道府県知事の免許なんだとか。常識かもしれませんが自分は初めて知りました。

自分が取った精神保健福祉士は看護師より安くて、登録料は1万5千円です。この金額は病院の権力ヒエラルキーをかなり反映していて、大病院では精神保健福祉士なんてつかいっぱしりみたいなものだとか。もっと安い国家資格があってこれが介護福祉士です。

でも、一年努力して勝ち取った、私にとっては価値ある資格です。なのに受かったことにぬか喜びして、肝心の登録を忘れていました。幸い川口市が本籍だと、駅前の行政センターで土日も書類を取れるので助かります。明日川口へ行っても図書館もそごうもみんな休みですが、とっとともらってこないと正社員化が遅れるので、明日行ってきます。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »