« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019/06/16

毎日が新しく

日々新しい課題に取り組みつつ、なんとか過ごしています。楽になる様子はなく、そろそろ前期試験のことも考えなければなりません。それに輪をかけて悩ましいのが、夏休みの実習です。実習先が都内の精神障がい者グループホームに決まりましたが、日程が決まらないので一番早いことも想定して準備を始めなければなりません。

そんなこんなで、ここのところヒッポにはほとんど行けていません。そこへ行きつく前に寝落ちてしまいます。もったいないなあと思います。

教科書を読むと驚くことが日々あります。なんとべてるが教科書に載っています。さらに大宮のやどかりの里に至っては、精神障がい者退院の受け皿を切り開いた人として重要人物です。埼玉県は精神障がい者関係もそうだけど、目が見えないのに群書類従を書いた塙保己一、日本の女医第一号の荻野吟子など、ハンデをひっくり返して人生を切り開いた人が多いなあと思います。

| | コメント (0)

2019/06/06

逆走事故

横浜シーサイドラインの電車逆走事故は、電車の無人化を実現して、そのノウハウを海外に売り込むという野心のあるJR東日本には手痛い打撃かも。ホームドア工事はワンマン運転化、無人運転化とセットの投資で、だから危険な駅を先にやらずに、ワンマン化実施予定路線を先にやるわけです。

日暮里舎人ライナーやゆりかもめなどは同じ運行システムで無人運転しているため、対策が必須。原因の究明と対策は今後の鉄道運行スタイルに影響を及ぼしそうです。

 

それにしてもニュースはきかない、テレビも見ない、新聞も読まない生活をしているのに、ショッキングな話題はちゃんと耳に入ってくるってすごい。相変わらず特殊な国だと思います。

| | コメント (0)

2019/06/01

毎晩寝落ちる

毎晩寝落ちていて、ブログの更新ができませんでした。

気温が上がって来て、台所で寝落ちても寒さで気づくことが減り、布団に入れないまま学校に行くことも。そりゃ疲れが増しますね。

 

しかしながら連休すぎて、本格的に仕事と学校の毎日が続いてもへたっていないところが以前には考えられないことです。5月が一つの山だと思っていましたが、何とか乗り越えました。

 

とはいうものの、6月になって楽になる要素は一つもなく、むしろ夏休みの施設実習に向けて学校の課題が出るようになってなおさらハードになりそうです。安心要素といえば、リワークで教わった気分転換法をしっかり応用できていることかな。全然足りないような気がしつつも、勉強の内容自体も少しずつ頭に定着するようになってきました。

 

それにしても、福祉関係というのは言っていることとやっていることにギャップがありすぎます。理念的なことをいくらやっても、それを具体的にどう実践するかという点で人それぞれの考え方が反映されてしまい、ちぐはぐになってしまうのです。精神保健福祉の専任教員は特にその傾向が強いと思います。今までの精神科治療の実態を踏まえて、医療のことをひどく言う人もいますが、自分から見ると医療のほうが知識と実践が結び付かざるを得ないのでよほどましじゃないかという気がします。

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »