« 困りごと | トップページ | パソコン故障 »

2018/10/11

いつまで働く?

今週の日経ビジネスにはもうひとつ衝撃的な話題が。

少し前の選挙がらみで、国が「年金は100年安心」と言っていたのを覚えている方も多いと思いますが、現実的にはあと15年もすると積立金の枯渇懸念が現実になり、何もしなければ50年後には積立金はなくなり、毎年の年金収入を自転車操業のように支払いに回さなければならなくなるというものです。

何もしなければ~、です。

でも、何をする?

当然収入の増加を目指し、支払いの抑制にはしりますね。

収入の増加でいえば、別の号の記事によれば、年金機構が加入義務があるのに未加入のコンビニオーナーの会社の取り立てを強化しているとのこと。オーナー個人だけでなく従業員の分まで払うのですから大変です。

抑制の方では、制度化されていながら選挙対策でほとんど実施されていないマクロ経済スライドの実施が本命。将来の年金額を現在価値に置き換えると所得の少ない世帯ほど影響が大きく、2014年の3分の2になる試算もあるのです。

その為に高齢になっても働くのが当たり前になるだろうというのが今号の日経ビジネスの特集です。

自分と同じ年の人は75歳以上まで普通に働いているんじゃないでしょうか。当然仕事は単純かつ低賃金になる。でも働かざるを得なくなる。薄々そう思っていたけど、現実になりそうです。

|

« 困りごと | トップページ | パソコン故障 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 困りごと | トップページ | パソコン故障 »