« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

2018/10/21

季節の変わり目

急に秋が深まり、着るものに困るようになってきました。川口そごうの催事で紳士のコートを売っていて、今買ってしまえば安いかなあ、と思いましたが薄かったのでやめたり。今バーゲンしている冬物は当然昨シーズン以前のもの。ホントのシーズンには並ばないものなので、いまいちなのかなあ。

リワークのクリニックで、子どもたちのサポートをする仕事がありますが、子どもたちは代謝が良いので何人もいると部屋が暑くなって、半袖でちょうど良いくらいなんです。でも、さすがに外へ出るときは上に何か着ないとダメですね。

| | コメント (0)

2018/10/19

昔からかも

私の感覚過敏は小学校から始まっていたのかもしれません。

蛍光灯の手元明かりがチカチカ感じられて、目に負担がかかっていたため、机に備え付けの蛍光灯の手元灯りは使えませんでした。ブルーソフトランプという電球の手元灯りをずーっと使ってきました。

ところが、とうとう大きい店にいっても電球の手元灯りは全く売っていない時代になりました。LEDもチカチカするのはおなじなのでとても困っています。

蛍光灯は、人間の目では感じられないはずの高速で、ついたり消えたりを繰り返す灯りです。LEDもそうなのです。LEDの文字表示をカメラで撮ると、文字にならずに消えている部分があるのでもわかります。

そのわからないはずのチカチカをうっすら感じているのだと思うのです。

手元灯りの無いところでの作業は、それはそれで目に負担をかける訳ですから、本当に困った時代になりました。

| | コメント (0)

2018/10/15

パソコン故障

昨日、パソコンのサポートセンターへ電話してかなり長い時間奮闘しましたが、パソコンの調子は良くなりませんでした。無線LANのやりとりができなくなっています。このためパソコンに入っている書類の雛形も印刷できず困り果てています。センターによると、ワイヤレス装置の故障の可能性が高いとのこと。修理に出すしかなさそうです。

| | コメント (0)

2018/10/11

いつまで働く?

今週の日経ビジネスにはもうひとつ衝撃的な話題が。

少し前の選挙がらみで、国が「年金は100年安心」と言っていたのを覚えている方も多いと思いますが、現実的にはあと15年もすると積立金の枯渇懸念が現実になり、何もしなければ50年後には積立金はなくなり、毎年の年金収入を自転車操業のように支払いに回さなければならなくなるというものです。

何もしなければ~、です。

でも、何をする?

当然収入の増加を目指し、支払いの抑制にはしりますね。

収入の増加でいえば、別の号の記事によれば、年金機構が加入義務があるのに未加入のコンビニオーナーの会社の取り立てを強化しているとのこと。オーナー個人だけでなく従業員の分まで払うのですから大変です。

抑制の方では、制度化されていながら選挙対策でほとんど実施されていないマクロ経済スライドの実施が本命。将来の年金額を現在価値に置き換えると所得の少ない世帯ほど影響が大きく、2014年の3分の2になる試算もあるのです。

その為に高齢になっても働くのが当たり前になるだろうというのが今号の日経ビジネスの特集です。

自分と同じ年の人は75歳以上まで普通に働いているんじゃないでしょうか。当然仕事は単純かつ低賃金になる。でも働かざるを得なくなる。薄々そう思っていたけど、現実になりそうです。

| | コメント (0)

2018/10/10

困りごと

パソコンの不具合で、ブログが更新しにくくなっています。

さて、このところ海外からの旅行客の増加で、電車での困ったことがいくつか起きています。

ひとつは荷物。キャリーバックの普及でどの旅行者も荷物が多く、キャリーバックを2つ以上転がす人も多いです。ラッシュ時の電車にこういう人が二人、三人と乗ってくるとスペースがないだけになんとも不快な状態になります。

海外からの旅行者は、JR線乗り放題の、パスポートがないと買えないフリー切符を持っていることが多いのですが、この切符は自動改札が使えません。その為海外からの旅行者が狭い有人改札で詰まっているケースをよく見かけます。今日の池袋駅では、その海外からの旅行者グループが出場入場双方で列を作り、しかも改札係員がワンオペ。その一人きりの改札係員は別の日本人乗客の難しい対応に忙殺されて、旅行者は改札を通れず困った様子でした。

今週の日経ビジネスによれば、オリンピック開催時の新宿駅の利用者は通常の2倍という推計もあるとか。2割増しじゃないですよ、2倍ですよ。代々木や四ッ谷は3.5倍位になりそうとか。この代々木と四ッ谷は駅のホームが極端に狭く、現状でも人があふれそうです。

一般利用者も困りますが、せっかく旅行に来てくれた方々の印象は悪くなるでしょうねえ。

| | コメント (0)

2018/10/06

このところパソコンの調子が悪く、ネットに接続できないため、ブログの記事がかけませんでした。もっともそれだけでなく、帰宅が遅いこともあります。

10月になったというのに、自分はいまだに長袖を着ていません。一応羽織れるタイプのカットソーは持ち歩いていますが、朝出るときに一度着ただけですぐ脱いでしまいます。他の人の体感温度は一応秋らしく下がっているみたいなのですが、自分は渋谷に着くと汗だくです。

それもあり、またこのところなぜかリワークメンバーに若い女性が多いため、制汗剤を使うようになりました。大宮より北へ行くならいらないと思いますが、渋谷に来る人は泥臭さを感じない人が多いので多分匂いにも敏感だと思ったからです。

この20代から30代前半のメンバーさん、特徴的なのが、大人数のセッションが苦手で少人数の、ヒッポでいうチビ輪になると議論が活発になること。これはブレーンストーミングなんかも得意そう。話している内容をホワイトボードに書き出して、それをもとに話を膨らませたり、アイデアを整理するために図表化するのも得意みたい。

「大学のゼミで練習したの?」と聞くと、違うと言います。なんと就職活動で練習したそうです。

売り手市場とはいうものの、事業の成否は人材が決めると思っている企業が多く、優秀な学生を採りたいと考える企業がうなぎのぼり。優秀の定義も学力ではなく、小集団でリーダーシップをとったり発想を変えたりサポートしたりといった事が求められているとのこと。だから面接以前にインターンとかグループワークをさせて学生の資質を見るらしく、彼ら彼女らはその対策をして就職戦線を勝ち抜いてきたらしいのです。

自分らの就職活動ではそこまでやってなかったと思います。

病気にはなっちゃったけど、みんな理解力やひらめきも素晴らしく、会社でも成績をあげてきた人たちなんです。病気になるまでこき使う会社も会社だと思わざるを得ません。自分が発病した経緯は、労働組合の業務のような、仕事とは別の役割ものしかかっていたという特殊要因もありました。それと違い、今はみんなの働き方がきつくなっているようです。少し前の広告代理店の若い社員の労災自殺のようなことはあちこちであるのかもしれません。

もっともリワークに来ている人は、発症してから会社指示で受診させられリワークに来ている人も多いので、メンタルヘルスに関する認識は上がっているともいえます。再発させて欲しくないという意思は感じるのです。

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ