« 同級生を見送る | トップページ | 台風襲来 »

2018/08/07

スタートアップ

最近「ベンチャー企業」という名前に変わって「スタートアップ」という言い方をやたらと耳にするようになりました。同じものを言い換えているだけのように聞こえるのですが、本来的には全く違うものだと聞きます。freshtraxというサイトの説明によると、「ベンチャー企業」というのは和製英語で、「企業」の部分だけ英語に言い換えても全く通じないとか。日本でいうベンチャー企業とは創立間もない中小企業の事であり、スタートアップとは全く違うそうです。スタートアップとは

「新しいビジネスモデルを開発し、ごく短時間のうちに急激な成長とエクジットを狙う事で一獲千金を狙う人々の一時的な集合体」

とのこと。企業じゃないのです。組織としての存続を考える組織はスタートアップではないということですね。そういう目で見ると、日本にスタートアップなんてあまりないように見受けます。シリコンバレーのかっこいい言葉を自分たちにあてはめて使っているだけのような。あるいは「ベンチャー企業」みたいに和製英語化するのかもしれません。「スタートアップ」と名が付けばなんでもやっていいという風潮もあるように思います。

渋谷は特にそういう新しい分野の新しい企業が多いので(ビットバレーという言葉は渋谷をさすんだとか)、やたらと新しい言葉を耳にします。でも感覚的に使っていると、相手の想像する意味と違うということが案外あるのかもしれません。

|

« 同級生を見送る | トップページ | 台風襲来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同級生を見送る | トップページ | 台風襲来 »