« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018/08/30

向き不向き

きょうの集団カウンセリングはものごとを逆さまにとらえる練習をしました。山の反対は?と聞かれると出てきやすいのは海。でも頭の柔らかい人なら「マヤ」って答える。自分の短所と長所は表裏一体、その裏表ももっと柔らかく考えようというものです。

その練習をしていて、「いい悪いではなく、合わない」人がいることに気づきました。

前々から感じてはいたのですが、自分も相手も磁石のように反発するタイプの人がいます。例えば「自分の住んでいるのは何もないところです」と言い切れちゃう人は自分は苦手。「何もないわけないでしょ、あなたが住めるようになるまでどれだけの歴史がその土地にあるか、家もあるし緑もあるしありすぎるくらいでしょ」と思ってしまいます。


おそらくですが、何もないという人は「特徴が何もない」と言っているのだと思います。「ない」というか「つかみにくい」ということ。これは物まね芸人さんや絵描きさんのように特徴をデフォルメして伝えるのが得意なタイプだと思います。コロッケさんとかには自分、いくら修行してもなれない。いろいろ細部を拾いすぎてしまうのです。

逆に自分はやっぱり複数の人と関係を取り結ぶようなことが向いているのでは。即興芝居で相手の役者がぐ~を出したら瞬間的にパーを出す、相手がパーを出したらチョキを出す。押したり引いたりしながら相手の全体を感じて自分も変化していくような芸事が向いているような気がします。

これはホントどちらが優れていてどちらが劣っているというものではなく、いわばタイプの違い。それを認め合いつつ、相性としては全然ダメなので、適度に距離を取るのが賢いのだろうなと思いました。なんでもぶつかれば良いってものではないですね。

| | コメント (0)

2018/08/29

猛勉強

きょうは仕事で両方とも失敗があり、至らない点を究明すべく仕事場の休憩室で1時間半、その後も場所を移して1時間くらいいろいろと考えていました。

ふと気づくと22時近く。バスは終バスに近くなるのでさすがに帰ろうと思ったら、駅前に小学生高学年と思しき子たちがたくさんいて驚きました。なんと塾帰りです。

土曜日の日中にそこでコーヒーを飲んでいると、親御さんと子供さんが何組も入ってきて受験の話をしているのは気が付いていました。目指している学校はみんな偏差値70くらいのところばっかりみたい。

それを見たらますます頭がぐるぐるしてきてしまいました。

子どもがあれだけ勉強しているんだから大人だって・・・ってのは脱線かな・・・。眠れなくなりそう。

| | コメント (0)

2018/08/28

反射的

最近は23区のでこぼこがかなりよくわかってきたので、「世田谷で110ミリの大雨」と聞いた時、瞬時に「ほとんどの水が目黒川へ行くだろうと思いました。

案の定目黒川に氾濫危険情報が出ましたね。

大宮でもひょうが降るほどの雷だったそうなので、芝川もかなり水位が上がったかもしれません。

| | コメント (0)

2018/08/26

あいまい

役所で障がい者雇用の算定率を水増ししていた問題は、相当ひどいと思います。民間には達しないと罰金まで科しているのに適当…。埼玉県庁も対象なのかどうかあいまいなまま雇用率に算定していたそうです。

そもそも障がい者とは何なのかの定義があいまいな印象です。車いすに乗っていたりするなど目に見えるハンディキャップはわかりやすいけれど、そうでない人の何がハンディキャップなのか。

例えばベビーカー。エレベーターを使わなければ電車の発着するホームに行けないというのはハンディじゃないのか?ベビーカーを使う権利は当然にあって、別にハンディじゃないなら車いすだってそうじゃないの?

実は最近、障害年金の地域による認定ギャップがあって、認定されやすい地区とそうでない地区があることが話題になりました。これには役所はすぐ飛びつきました。判定の厳しい認定医の水準に合わせたわけです。支給額を減らすために。

たぶんどこまでが対象でどこまでが対象でないかの判断基準は、障がい者に限らずあいまいなんだと思う。というのはすべてグラデーションで、お金がかかわる以上、どこかで切るしかない。役所はそれがわかっているからこそ、今回の件も都合よくあいまいに「解釈」したんだろうなあ、と思います。

| | コメント (0)

2018/08/23

遠回しに

今晩は寝つきが悪く、困っています。

今日というか日にちが変わりましたが、診察がありました。夏休みがあったので3週間ぶり。三週間前の診察でも院長先生から少し怒られ、先週のタイピングの仕事でめちゃくちゃ怒られました。肝っ玉が小さいと「今日はどうなることか」とハラハラしながら診察を受けに行くところでしょう。でも、腹を据えていきました。仕事で怒られた感想も話しましたが、巧妙にお弁当屋さんで怒られた話にくるんで、なんとなくはわかるけれど、「タイピングで」とは言わないようにしました。

すると主治医の院長先生も風呂敷にくるんだような言い方で(ただしハキハキはしてます)、「頭で分かっていても一生懸命やろうとしてもできないこともある。正直だれにも失敗はあるからそれを反省しすぎて感情に引きずられたりしちゃいけませんよ」とのこと。

「タイピング」とは一言も言っていませんが、まあ「大丈夫なんだな」という感触をもらえてホッとしました。

| | コメント (0)

2018/08/21

またやっちゃった。

先週の夏休み明けの木曜日のこと。

9時を過ぎると山手線の一部では結構座れるようになります。自分はその日もリュックを網棚に上げ、座っていきました。

座れると手帳を開いて今日の予定やタスクを確認したり、起床時刻や前日の動きなどをメモしたりします。その間、上に注意を払うのが自分にとってのお約束なのです。

でも16日は確認することが多すぎました。ふと頭をあげると渋谷駅。降りなきゃと、慌てて降りて、改札を出て、2分くらい歩いて気づきました。「なんか肩が軽いな」・・・。

山手線のことなので、結局駅に戻り、一時間後にぐるっと一回りしてきた電車の網棚からリュックを回収しましたとさ・・・。

昨年湘南新宿ラインでかばんをわすれた時は逗子まで取りに行きました。荷物もタスクも多すぎるようです。

| | コメント (0)

2018/08/20

大事なのは瞬発力

お弁当屋さんもクリニックのタイピングのフォローの仕事も、始まる前に打ち合わせが全くありません。

お弁当は朝から入る人とは多少シェアリングもあるようですが、社員は3人であとは常勤非常勤合わせて30人近くのメンバーがいてくる時間がまちまちなので、共通認識を皆が持つのは至難の業です。社員、特に店長のコミュニケーション能力がものを言います。


よく考えれば、自分がチーフをしていた時代も、そこまでではないものの20人は部下がいました。そのコミュニケーションの生命線が「連絡ノート」。当たり前ですが、お弁当屋さんはあまり細かく書いていないし、双方向ではなく社員からの連絡にとどまる点が違います。

そしてタイピングのほうは、引き継ぎノートすらないので、だれがいつ来るのか、必要なものは何なのかはほとんど不明。それぞれの頭の中の情報をもとに、当日いつも体当たりです。「げっ」と思うようなことが連日起こります。
そのため終了後の振り返りが欠かせませんが、これも個人的にやるしかない情勢です。

これだから平日大変なのかもしれません。

| | コメント (0)

2018/08/17

お化けより怖い

先日、知人にこの時期に怖いものの話をしたら、「それ去年も聞いた」と言われました。そっか、毎年言っているのか、と思いましたが、よく考えたらこのブログでも毎年書いているんじゃないでしょうか。

お化け屋敷や幽霊が怖いのではなく夏物衣料が怖いのです。

昨日秋雨前線が通過して、秋の空気に入れ替わりました。日差しはまだ強いものの空が澄んで月がはっきり見えるようになりました。

こうなると半そではTシャツ以外ぱたりと売れなくなります。

この時期に半そでがまだたくさん残っていたら顔が青ざめます。とにかく早く一枚でも多く処分しなければなりません。半そでは残ったら持ち越せません。長袖は5月に売れ残っても最悪半値で9月に売れば売れなくはないでしょうが、半そでは来年の5月までダメです。そんなに長く店舗の一時保管庫では保管できません。

計画的に処分できなければ莫大な値下げロスを抱えることになります。

夏物で失敗して不良在庫や、中には架空在庫を抱えてしまう担当者が毎年発生。棚卸で隠し切れずに発覚して問題となることが何度もありました。

お盆明けの夏物ほど怖いものはないのです。

でもそれを退職して20年も怖がっているってすごいですね。未だにこの時期衣料品店を見るとドキドキしてしまうのです。

| | コメント (0)

2018/08/15

反省

連休ならできるだろう、と安易に考えて入れ込んだタスクのせいで、結局毎日出かけることになり、我が家の掃除が全く進まない事態に。

5月の連休のころと比べるとかなりスケジュールが詰まっています。特に夕方のクリニックのアルバイトが連日になり、帰宅が遅めになっていることと、猛暑の影響で朝も頭が働かなかったり起床が遅れたりしてるのも原因…。

連休になると明日は多少寝坊してもいいから、今日やっておこうとして夜更かししてしまう自分。リワークなどの重しがないと起きられなくなるのはまずいと思います。

| | コメント (0)

2018/08/11

弁当需要予測

来週月火水とリワークはお休みです。短いながら夏休み。しかしお弁当屋さんはほぼ年中無休。テナントなので、大家のショッピングセンターが「営業」といえば営業です。はっきり言って渋谷でお弁当を買う人はオフィスで働いている方が多いので、日割り予算は通常の平日の半分くらいだと思います。普段の土日より売れない予測です。もちろん渋谷は休みには大勢の人がやってきますが、たまに来る渋谷でお弁当を買うか?というと買わないようです。

ただ、最近は駅弁代わりに買っていかれる方もいるとか。確かにJR渋谷駅は遠方へ行く電車も少ないながら止まりますが、駅弁は売っていないですからね。

| | コメント (0)

2018/08/09

評判

昨日、知人が飛行機で北海道へ行ったのですが、幸い台風の影響は最小限で飛びたてたようです。

その知人はANA便だったのですが、「最近はJALのほうが何かあってもちゃんと飛ぶ」といわれていると教えてくれました。自分はANAを(お金があるころ)使っていたので、JALにはほとんど乗ったことがありません。

たまたま週刊ダイヤモンドを読んでいたら、それに関する記事が出ていました。ANAのボーイング787でエンジントラブルが多発して欠航便が相当出ているんだそうです。

ボーイング787に搭載できるエンジンはアメリカのゼネラルエレクトリックのものとイギリスロールスロイスのものがあり、ANAではロールスロイスを選んだそうです。このロールスロイス製エンジンがトラブルのもとになっているそうです。世界中で600機以上が要点検となり、交換する部品が間に合わないのだとか。

ANA、ダメージ大きそうです。

| | コメント (0)

2018/08/08

台風襲来

東京への台風への影響というのはホントに複雑です。直接的な影響だけでなく間接的な影響も全国に広がるのではないでしょうか。

例えば、羽田空港へ駐機している国内線旅客機はすごい数で、朝それぞれの目的地へ飛び立てなければ、全国的にその影響が波及するでしょう。

東京だけではないかもしれませんが、高度な専門職から休業不可能なサービス業まで、幅広い人が明日の通勤電車の運行乱れに備えて宿泊していると思われますが、そうなると国内はもとより世界中から来ている旅行者のうち予約が取れていない人ははみ出される可能性が高い。宿泊不能で会議ができないなんて言うケースもあるでしょう。

東京以外の方からすると、何を大騒ぎしてるのかと思われることもあると思いますが、よくよく考えると東京も含む関東の一都六県の人口だけで今や5000万人近くいる計算。些細なことが大きな影響を及ぼすこともあるので、やはり油断できません。

| | コメント (0)

2018/08/07

スタートアップ

最近「ベンチャー企業」という名前に変わって「スタートアップ」という言い方をやたらと耳にするようになりました。同じものを言い換えているだけのように聞こえるのですが、本来的には全く違うものだと聞きます。freshtraxというサイトの説明によると、「ベンチャー企業」というのは和製英語で、「企業」の部分だけ英語に言い換えても全く通じないとか。日本でいうベンチャー企業とは創立間もない中小企業の事であり、スタートアップとは全く違うそうです。スタートアップとは

「新しいビジネスモデルを開発し、ごく短時間のうちに急激な成長とエクジットを狙う事で一獲千金を狙う人々の一時的な集合体」

とのこと。企業じゃないのです。組織としての存続を考える組織はスタートアップではないということですね。そういう目で見ると、日本にスタートアップなんてあまりないように見受けます。シリコンバレーのかっこいい言葉を自分たちにあてはめて使っているだけのような。あるいは「ベンチャー企業」みたいに和製英語化するのかもしれません。「スタートアップ」と名が付けばなんでもやっていいという風潮もあるように思います。

渋谷は特にそういう新しい分野の新しい企業が多いので(ビットバレーという言葉は渋谷をさすんだとか)、やたらと新しい言葉を耳にします。でも感覚的に使っていると、相手の想像する意味と違うということが案外あるのかもしれません。

| | コメント (0)

2018/08/05

同級生を見送る

6月の同窓会で会った同級生が急に亡くなり、今日は横浜市内のお葬式に参列しました。

高校時代から教員志望で、夢をかなえただけでなく演劇の才能も生かして専門学校で指導していました。最近転職して高校の先生になりこれからというところだったと思います。

お葬式が身の回りでだんだん増えてきたなあという印象です。

| | コメント (0)

2018/08/04

「ふやす」ではなく「なくす」

JR東日本が重い腰を上げて、広域で発車メロディをならさない実験を始めたそうです。駆け込み乗車の元凶になっていると感じていたので、全線に広げてほしいです。千葉駅では鳴らしていないし、都営新宿線でもならさいことが多いです。新型電車は電車そのものにスピーカーが付いているので、乗務員がホームで乗り降りしている人だけに発車することを伝えればよいと思います。

実験は8月から。対象は常磐線各駅停車(亀有~取手間)。

逆に電車の入線時はもっとしっかりメロディなり何なり鳴らしてほしいです。「まもなくまいります」などとアナウンスされてから数十秒も無音のホームがありますが、電車がいきなり入ってくる感が強いです。関西以西では電車が入るときがうるさいことは前にも書きました。

ホームでスマホをいじるなとキャンペーン的に無駄に繰り返しても意味なし。自分の乗る電車が来たことにすら気づかず熱中している人をあちこちで見かけます。けたたましい音で電車の接近を知らせた方がよっぽど安全対策になると思うのですが・・・。

| | コメント (0)

2018/08/01

ストレス元

日々のストレスの大半は電車とバスで起こるといってもいっても過言ではないこの頃。もちろん仕事だってストレスはありますが、同じ仕事場で働いている以上、どうしてそうなるのかも理解できます。

しかし乗り物では、普段接点のない人同士が至近距離に近寄ったり、クレーム除けの「やってます対応」が多すぎて、ひびおどろいたりうんざりしたりの連続です。

最近うっとうしいのが「ご乗車になりましたら、車内中ほど、座席のほうまでお進みください」という駅のアナウンス。座席まで行ったら降りられなくなる人が多く、嫌な体験をしているから進まないと思います。むしろ入り口の狭さが気になります。

最近の新型車両は長椅子の座席の幅を微妙に大きくしているために、ドアのわきのスペースがあまりないのです。それでも次の駅で降りる人などは座席脇の狭いスペースに陣取ります。さらに飛躍的に増加する大型キャリーバックとベビーカーが乗り降りの妨げになります。ラッシュ時に一車両3台も4台もベビーカーが下りたまないまま乗ってきたらどうなるか。ただの旅行とは思えないキャリーバックの量で乗ってくる、観光客の集団が来るとどうなるか。行く先はドア脇しかないでしょう。乗り降りの妨げになるのは当然の帰結です。構内放送でくどくど言われるようなモラルの問題ではないのです。

長椅子を5人掛けに短くしてドア脇のスペースを広くするだけでどれだけ楽になるか。車両のはじにベビーカー車いすスペースを設けるというのは、「そこに乗れ」と強制しない限り無意味。車いすの方は遠慮がありますが、ベビーカーとキャリーバックは周りの状況にあえて無関心という印象です。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »