« 猛暑予想 | トップページ | 実質的には・・・ »

2018/07/02

ちょっぴり?過酷

自分が働きだした頃のお弁当屋さん、今思えば店長は気持ちも晴れ晴れしていたようです。理由は5年も続いた月度赤字が解消したからでした。微々たる金額でも黒字となれば、多少融通も聞くというものです。

ところが今日行ってみると社員さんの目が三角に…。人件費がオーバーして赤字に逆戻りしたらしいのです。

きょうのオンライン記事でも、アルバイトの時給上昇に一服感との記事があり、あるコンビニオーナーのコメントとして「今の時給でも人は集まらないがこれ以上出すと赤字になる」のだそうです。

1億数千万の年商があるお弁当屋さんで利益が出ない理由は、入居しているショッピングセンターの家賃の高さにあります。現場の運営上の問題ではない要素が大きいのです。冷凍食品が多いのに、冷凍庫の大きさがかつて働いた施設のパン工房の冷凍庫の4分の一もありません。パソコンはあるけれど椅子がないので社員さんはパソコン作業を通路で何かの箱を椅子にしてやっています。これはほかのテナントさんも同様。それなのにデベロッパーは通路の2本並列の蛍光灯を一本ずつ間引きしています。

いつやめても何とかなる人はともかく、ここの店、ここの会社から出られない人にとっては過酷なかんきょうだとかんじます。多少怒られても「そうも言いたくなるよな」と受け流すしかなさそうです。

|

« 猛暑予想 | トップページ | 実質的には・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猛暑予想 | トップページ | 実質的には・・・ »