« 蒸し器 | トップページ | 毎日というのもあり? »

2018/07/11

プレスリリース

今回の豪雨に関するメディア報道。相変わらず「目に訴える」「刺激的な」話題ばかりという印象を持っています。

ところでJR貨物がこんなプレスリリースを出しているのをご存知ですか?

大雨による貨物列車の影響について
(7月10日17時現在)

7月5日未明より各地で続いております大雨により、被災された皆さまに心よりお見舞 い申し上げます。 この大雨による貨物列車への影響について、姫路貨物駅から岡山貨物ターミナル駅間、 岡山貨物ターミナル駅から東水島駅間、および岡山駅~高松貨物ターミナル駅間について は本日より運転を再開しておりますが、現在も以下の区間で運転を見合わせています。
(中略)
2.貨物列車運転中止区間
○ 倉敷駅(岡山県)・新南陽駅(山口県)間
○ 倉敷駅(岡山県)・伯耆大山駅(鳥取県)間
○ 宇多津駅(香川県)・松山駅(愛媛県)間

3.貨物列車の運転状況 10日8:00時点において、山陽線を走行する列車を中心に、延べ508本の貨物 列車が運休となっています。 今後については、倉敷駅以東、新南陽駅以西を運転する列車、および高松貨物ターミ ナル駅、東水島駅を発着する列車については運転を行いますが、現在貨物列車運転中止 となっている区間を運行する列車については、引き続き全て運休となります。 現在運転を見合わせている区間については、関係JR旅客会社とともに復旧作業等の 検討を行っていますが、線路の被害状況が甚大であることから、運転再開の目途はたっ ておりません。今後、その見込みが判明しだいお知らせ致します。 以上の点を鑑み、現在関係者間で、自動車等を使用した代替輸送の検討を行っていま す。これにつきましても、実施が決定次第、あらためてお知らせ致します。 (太線加工筆者)

(参考)貨物列車運転中止区間の概要
1.一日当り輸送量(平成28年度実績) 30,000トン(全社輸送量約90,000トンの約33%
2.一日当り列車運転本数 87本(全社一日当り列車本数456本の約19%)
3.主な輸送品目
上り方面 宅配貨物、農産品、食料品、工業製品、紙製品等
下り方面 宅配貨物、雑誌書籍、食料品、自動車部品、工業製品等

これによってわかるのは、被災地ばかりでなく、関東~京阪神エリアと九州を結ぶ貨物列車の運行のめどが立っていない、その貨物量はJRで一日に運ぶ量の3割にも及ぶということで、被災地以外にも甚大な影響が出ているということです。単純にトラックに振り替えられる量ではありません。

被害の出た場所を聞くたびに「これ山陽本線の駅の名前が多いな」と感じていました。山陽本線は鳥取へ抜ける一部の特急を除けば普通列車しか走っておらず、知らない人が見ても何も感じないのかもしれません。しかし、一時は兵庫県の網干から山口県の下関まで、兵庫県内の一部区間を除いてほぼ全線が運転見合わせになっていて「ただ事ではない」と感じました。

東海道線で富士川の鉄橋が流された時くらいのインパクトがあるんじゃないかと感じています。

|

« 蒸し器 | トップページ | 毎日というのもあり? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蒸し器 | トップページ | 毎日というのもあり? »