« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017/12/16

あぁ、自動更新

水曜日Windows10の大規模なプログラム更新のため、パソコンが1時間以上使えなくなりました。更新のインストールは電源を切るときに行われていたのですが、その工程が済んでのち、インストールは、こちらがパソコンを使うために電源を入れたら自動的にスタートしてしまったのです。上級者なら何とか対処できたかもしれませんが、まったく太刀打ちできず、なされるがままの状態で、ブログはもとよりまったくパソコンを使った作業はできず。

いいんだか悪いんだか。

| | コメント (0)

2017/12/14

一輪の紫陽花

タイピングの練習問題にいけばなの話題があります。茶の湯で有名な千利休が紫陽花をきれいに咲かせているといううわさを聞き、豊臣秀吉が「さぞかしきれいな庭だろうと思って家を訪ねると、庭には一輪も紫陽花は咲いておらず、いぶかしく思いつつ中に入ると、たった一輪の紫陽花が活けてあったというのです。いっぱいあったら本当の美しさはわからないだろうという千利休のメッセージだったとか。

西武線にはシーズンごとに、秩父の芝桜、日高の曼珠沙華が画面いっぱいに広がるポスターが掲示されます。どちらもすさまじい人気で、日高市の巾着田の曼珠沙華は地元の知人が「行く気がしなくなった」というほどの観光客が押し寄せています。秩父市の羊山公園は本数の少ない西武線の電車よりも車で行く人が多く、周辺はシーズンになると大渋滞です。

確かにきれいだとは思うのですが、結局こうした圧倒的な景色が人気を呼ぶのは、それだけみんな鈍感になっているということなんだなあ、と、この練習問題を打ちながら思いました。ほかにも足利フラワーパークとかひたちなか海浜公園とか、植物の圧倒的な群生で人を呼んでいるところはたくさんあります。

自分もかつては飛鳥山公園の紫陽花の群落を見ないと紫陽花が咲いていることに気づかなかったのです。でも今では町中いたるところに咲いていることに気づくばかりか、咲く前の小さなつぼみのころから気づけるようになりました。今は群落の紫陽花よりもそれぞれのおうちでささやかにかつ大事に育てられている紫陽花を見るのがとても好きになったのです。

因果関係はわかりませんが、電車の中で「これでもか」と動画で広告を突っ込むほどのことをしないと、乗っており人が気付かないとしたら、かすかな情報でも気づいてしまう自分はしんどくて当たり前なのかもしれません。

| | コメント (0)

2017/12/12

続行決定

なんと、タイピングは2月のワープロ検定3級目指して継続することが決まりました。リワークは卒業できても、タイピングは続くことになります。

渋谷近辺で仕事しないと通えないですね。

| | コメント (0)

2017/12/11

受けてきました

昨日パソコンスピード検定を受けてきました。スピード検定は全員同じ問題を使い、入力数に応じて5級とか4級とか認定されるのです。自分は練習でできている程度はできたので4級になるかなあと思います。そろばんの試験と似ていて、ほかの受験者のキーボードをたたく音がめちゃくちゃ早く聞こえて、自分が全然できないような感覚がしてくるのですが、それに惑わされずに練習の通りやることが必要な試験でした。結果はひと月くらいかかると思います。

| | コメント (0)

2017/12/09

できることまで手伝わないで!

川口オートの裏口バス乗り場に近いところに、以前サービス付き高齢者向け住宅ができました。サ高住という略称で、特別養護老人ホームの開設が間に合わないための苦肉の政策みたいな話を当時読んだ記憶があります。高齢になってもアパート暮らしかあ、と思いましたが、仕方ないのかなあとも感じました。

それが、サ高住のわきに高齢者デイサービスができて「あれっ?」とびっくり。明らかにサ高住の入居者向けし施設です。デイサービスぐらい自分で選んで「おでかけ」したいんじゃないのかなあ、と思ってみていました。

今月のウェッジにはこのサ高住隣接デイサービスのからくりが載っています。同じグループ企業で利用者を囲い込んでいるためぼろもうけできるらしく、ケアマネージャーも自分の所属する法人のサービスを半ば押し付ける人が多いため、高齢者が選択できないとか。しかもまだできることまで援助してサービス料を介護保険に請求するため入所者の生活力も落ちていくんだそうです。

これは障碍者支援施設で起きていることとそのままそっくりだと思いました。

| | コメント (0)

2017/12/08

戻ってきました

早速教科書の添削が済んで返されました。最初の指摘はもっぱら体裁面のことでした。プレゼンした時のスライドをそのまま使っているケースが多いため、印刷して読むには無駄なスペースが多いことや、自動的に作られてしまう段落の修正漏れなどです。体裁をしっかりさせて再提出せよとのことでした。「こんなことはできて当然」と一見きつい一言もありましたが、半年もやっていると「できて当然のことだからできないと無駄なストレスをためますよ」というありがたい指摘に思えるから不思議です。

もう一息!

| | コメント (0)

2017/12/06

提出!

リワークの卒業条件である「自分の教科書」。ようやく仕上げ、初提出しました。不備な点を院長先生がチェックし、修正指示があればそこを修正。全体を20分で発表すれば卒業できます。

われながらよくがんばりました。もう少しです。

| | コメント (0)

2017/12/05

それは研修?修行?

先日のニュースで、どこの地方の話かは見落としましたが、学校の先生が研修として全員でトイレの掃除をしている話がありました。

自分が勤めた会社の初代の社長さんは京都で民家のトイレを磨かせていただく修行をしてから会社を立ち上げました。謙虚な姿勢が実って、今でも災害史にのこるようなトラブルを出しても会社を存続させ大きくしてきました。その次の代が大変まずい経営者だったのですが、それはさておきトイレの掃除を検収でやるというのは、なかなかできることではないので良い体験になると思うのです。さすがに素手でやらなくてもいいと思いますが、男子の小便器なら感染症の問題だって起こりにくいし、その割に汚れやすいのでやりがいもあるはず。

しかしそのネットのニュース記事には非難の書き込みがたくさんついていました。トイレの掃除をするなんて卑屈になることだというような趣旨のものが多かったです。

公共トイレの掃除くらいできないような人、自分ならあんまり信用しないかも。だってそれは「汚れものはだれか自分に縁のない人にやらせればいい」という上から目線じゃありませんか。

どうでしょうね。

| | コメント (0)

2017/12/04

ホントはいくら?

ネット通販のサイト「R」が、スーパーセールというのをやっているみたいですが、そんなにたくさんの品目が半値で売れるわけがないといつもながらの感想です。いつの売価に対しての半額で、正札ではいったいいくつ売ったというのでしょう。店頭でも検証が難しいのにネットなんか、在庫なしで値段だけ表示しておいて売る気はなく、むしろ「半値」と主張する売価が適正売価というケースが多いでしょう。小売業だって利益が出なきゃ続けられないんだから。

| | コメント (0)

2017/12/03

久しぶりにちゃりちゃり

土曜日は一日自宅にいたにもかかわらず、掃除に洗濯に片づけにと時間のつかえた一日になりました。比較的休みも取れたので、今日は久しぶりに都内をぐるりと自転車で走ってきました。このところあまり乗れていなかったので、いつも痛くなる左足膝だけでなく、かすかに右膝にも負担がかかっていました。

年末はバタバタしそうですが、少しずつこなしていきたいです。

| | コメント (0)

« 2017年11月 | トップページ