« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017/06/17

あさがお学級

今日のリワークで少し自閉症の話題が出ました。

以前このブログで自閉症児をテーマにした「光とともに」というドラマを思い出しました。それで久しぶりに見てみました。このドラマはかつて2回目の入院後に山梨で療養していたころに放送されたもので、それだけで思い出深いのでDVDを買って持っていたのです。

今見ると、当時より自閉症の特徴がよくわかることに我ながらびっくりしました。親や特別支援学級の先生たちの考えも理解できるようになっていました。

自閉症は近年では自閉症スペクトラムという言い方をしていて、誰でも大なり小なりその要素があるといわれています。日常生活に支障があれば障がいですが、支障がなければ障がいとは言わないのです。

「えー?障がいでない自閉症があるの?」

はい、あるみたいですよ。

ほんの一セリフですが、アスペルガーとかADHDとか学習しょうがい(LD)なんていうのも出てきて、びっくりのドラマでした。思えば自分に発達障がいの知識が増えだしたのはこのドラマがきっかけでした。

今この年になって、こんなに役立つとはねえ・・・。あさがお学級というのは、このドラマにでてくる特別支援学級の名前でした。

| | コメント (0)

2017/06/08

RDD方式

先日「いえ電」(固定電話のこと)にかかってきた電話をとったら、受話器の向こうから半ば機械的に感じられる女性のアナウンスがながれました。

この電話は機械的につくった電話番号に無作為にかけているRDDによる世論調査です、といったような内容でした(正確ではないかもしれませんが)。即座に都議選のことだなと思ったら案の定そうでした。機械的に聞かれる質問に、選択肢の番号を選ぶ形で答えていくのです。自分みたいにバカ丁寧に最後まで質問に答える人は少ないでしょう。だって機械と話しているんですから。

それでも答えたのは、昔よくNHKの世論調査でRDDという手法で聞いています、というのがあったので、マスコミなどある程度公共性のある機関がやっているのだろうと思ったからです。

ところが。

我が家にかかってきたのがどこのものかはわかりませんが、公共性なんかない世論調査が増えているみたいです。どういうことかというと、直接人の手で電話をかけているわけではないので、世論調査専門会社みたいなのがシステムを作っていて、ただひたすらデータを売り渡すためだけにやっているというのが分かりました。

今回の都議選のように混戦になって注目度も高い選挙はデータが高く売れるようなのです。それでいろんな会社がやたらと電話調査しているみたい。後日同じような電話がまたかかってきました。そちらは留守だったので取りませんでしたが留守電に同じような機械的な声のメッセージが入っていました。

あほくさ。

二度と答えないや。

| | コメント (0)

2017/06/04

漢字ドリルをさしおいて

今週のリワークでは、うつ病で休職してきている方と、何年もハンデを抱え離職している自分との感覚の差が露呈。同じような精神疾患になっているにもかかわらず、一般社会で働いている人はハンデについての理解力が違うということを痛感しました。

でもそれはそうなのでしょう。自分もこの数年、てんかん、自閉症、ADHD、高次脳機能障がいなどさまざまな障がいのある方と接して、びっくりすることだらけでした。見るだけでなく一緒に時間を過ごすことでわかってくるハンデの中身が多いのです。

さて、そんななか気晴らしに遠路新宿まで自転車をこいでいき、紀伊國屋書店新宿本店に行きました。

紀伊國屋書店の新宿本店には入り口前に小スペースがあり、屋台のような店頭書籍販売をしています。その屋台の側面には、今すさまじくブレイクしている(東京圏だけですかねえ?)あのうんこ漢字ドリル(小学生が使う漢字の練習帳だが、その用例のすべてにうんこが使われている。大人でも一部の層には受けている)があって、一番前に数種類並んでいる本のひとつがなんと日本理化学工業にまつわるノンフィクション本でした。

日本理化学工業、知ってますか?たぶんこのブログで10年くらい前に取り上げたんじゃないでしょうか。いわゆる知的ハンデを持つ人が従業員の7割を占めるチョークの会社です。障がい者がそんなに多くてもチョーク業界ではナンバー1のシェアを持っていて、それは黒板に書いても粉の出にくい「ダストレスチョーク」を作っているからなのです。経済系でも福祉系でも、知っている人は知っている有名な会社です。「日本で一番大切にしたい会社」と言われてメディアに取り上げられたこともありましたっけ。

リワークでハンデが理解されにくいと思ったもう一方で、ハンデの種類は違うもののいわゆる障がい者の自立を目指すプロセスの本が「うんこ漢字ドリル」をさしおいて店頭の一番前に出されていることにちょっとだけほっとする気持ちになりました。

本のタイトルは「虹色のチョーク」、出版社は幻冬舎です。

| | コメント (0)

2017/06/01

増える新型電車

山手線の新型電車がとうとう2編成に。その両方にぶちあたってしまいました。

走ってきた段階ですでにまぶしい行き先表示。電車自体が光っているような錯覚を覚えます。こういうの、ユニバーサルデザインとは逆行している感じ。まぶしくて電車自体をみるのすら嫌です。

あの電車が増えれば増えるほど、自分が山手線に乗るのは困難になるでしょうねえ・・・。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »