« あれ、変わったのでは? | トップページ

2017/04/20

おもいつくこと

きょうの現金強奪事件では、犯人逮捕も警察の務めとしてはもちろん大切ですが、なぜ銀行が3億8千万円もの「現金」を持ち運ぶ理由があったのかが解明される必要があると思います。むしろ肝はそちらでしょう。

電子マネーの普及などで、個人でも現金を使うことは減ってきています。ましてや法人取引に現金を使うなんて考えられません。それなのにこんな多額の現金がどうして必要だったのか。銀行では防犯上の意味もあり、いくら都市部の銀行といえども億単位の現金は通常おいていないそうです。

3億以上の「現金」が必要だったのは、通帳や帳簿に記録を残すことができない「闇取引」のためとしか考えられません。

あまりイメージが膨らまないのですが、ひとつは政治的な裏金のやり取りだった可能性、ひとつは反社会的勢力の絡む取引だった可能性は思いつきます。政治的なものなら当然政治問題になるし、反社会的勢力が絡んでいた場合は、この銀行の過去の不祥事も踏まえると頭取の首がかかってくるでしょう。

かつての3億円事件で盗まれたのは、大きな会社で現金支給予定の社員給与だったと聞きます。今給料を現金で支払うのは日雇い派遣とかごく一部でしょうから、時代が全く違う中での、まったく背景の違う事件なのだと思います。

何のための「現金」なのか、徹底的に解明してほしいと思います。犯人は巨額の現金取引が今日あることを知っていたわけだから、何のための「現金」かがわかれば犯人像も絞られるはず。

|

« あれ、変わったのでは? | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれ、変わったのでは? | トップページ