« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017/03/27

まわりまわって

最近、以前にもまして救急車の搬送で受け入れ先の病院が決まるまでに時間のかかるケースが増えているようです。

昔このブログで救急搬送の話を書いたときは、産科が特に危機という話だった記憶があります。しかしありとあらゆる診療科でこうしたことが起きているようです。埼玉県川越市と東京都足立区には救急車を断らないための診療所(入院のベットは少ないが救急対応できる設備は備えている)ができているのですが、そういうところは極めて少ないそうです。

理由の一つは軽症で救急車を呼ぶ人が増えていること。これはしかし裏返せば気軽にかかれるお医者さん(かかりつけ医)がないことも一因でしょう。街中でかかりつけ医を持っている人は自分みたいに慢性の疾患を持っている人に限られます。なまじ健康だと医者にかかる機会がありません。何か体調に問題が発生した場合、どの科のどの病院医院にかかればいいのかわからず、とりあえず救急車を呼んでしまうのです。

先ほど書いた川越と足立の診療所は軽症でも受けるようにしているらしいです。なぜならそうしないと救急車があかず次の患者のところに行けないから。これは志の極めて高いお医者さんでないとできないことで、一般的にならないと思います。24時間対応で大変なだけでなく、設備を整えるのに大きな借金をかかえてでもやっているからです。

もう一つはトラブルを避けようとする病院が増えていること。代表的なのは認知症の高齢者が別の急性症状を発症した場合です。診療中のトラブルももちろん、急性症状が治まっても退院や転院が難しくなることがあるからです。今の病院はそれぞれ役割が決められていて、高度な救命処置や難易度の高い患者を受け入れる病院では何週間も入院し続けることはできないしくみになっています。急性期を過ぎた患者を受け入れ続けると診療報酬が下がるので、それが続くと病院が赤字になって、最悪の場合存続不可能になるからです。

診療中のトラブルも、訴訟になれば億単位の賠償請求もざらで、病院も医師個人もリスクを負いきれないのだと思います。こうした訴訟に対応する保険も保険会社から発売されているほどです。


力の限り良い医療を提供しようとする医師や病院は、率直なところ患者を選んでいるのが実態だと思います。腕の良い医師の中には、よい評判が立ちすぎるとすぐに患者が殺到するため「ほかの人には言わないように」と患者に口止めしているケースもあるくらいです。

さて患者というか客を選ぶ例は最近医療機関だけでなくなりました。引っ越しやさんの中には、今の時期の引っ越しピークに仕事を断るケースも出て話題になっていますし、先日書きましたが宅配も荷物の多さに加えて再配達が多すぎて一部時間の時間指定配達を停止したほか、荷主に値上げの交渉もするとか。

流通業や飲食業もそうです。

もともと高級店は「一見さんお断り」ということもありましたが、スーパーなどは赤字による人員削減に加えて、そもそも深刻な人材難でとても要望に応えきれない事情があると思います。売り場に店員がいないから常時人のいるレジに問い合わせからクレームまでなんでも集中する傾向があり、そのレジ担当は店の人ではなく派遣社員で、通り一遍の対応しかできず。店長といっても予算管理とパートさんのシフト管理以上のことはできないとか。だからトラブルになりそうなお客さんを特定してマークるようなことはあると思います。

医療機関に対してもそうですが、何のためにそういうクレームをつけるのか理解に苦しむケースが増えています。

「わたしは客なんだから大切に扱え」という態度では、医者にも店にも嫌がられます。人間関係だってそうじゃありませんか。コーヒー100円の店でぞんざいに扱われても、それはその値段なりの給料で店の人が働かされているから。500円のコーヒーの店ならもう少しいうことも聞いてくれます。

あとは10年くらい前に福井県の村のお医者さんの話を書いたことがありますが、命にかかわるような疾患の見逃しがあっても、「人間だから間違うこともある」と村の人が許してくれて、医師のほうも一層腕を上げて信頼にこたえるようになったとか。


まずは「してくれてありがとう」という気持ちがあって、そのうえで相手の暮らしの成り立つ分の対価も払うというのがお互いにとっての良い関係では。「ありがとう」もなく「客だから」「金を払っているから」という態度で人に接する人が増えれば増えるほど、間接的にせよ働く自分の首を真綿で締め上げることになるのだと思います。

| | コメント (0)

2017/03/20

プロの仕事?

三越伊勢丹で社長が辞めたニュースは先週きまったばかりで、わかるのですが、それに今日閉店した店舗のニュースを混ぜたり、ほかの百貨店閉鎖のニュースも絡めたりするのはどうなのか?と思います。もっとも殿様意識の高い三越が、労働組合を使って伊勢丹出身の社長にクーデターを起こしたという憶測もあるようですが。今回閉店店舗が三越に偏っていることも不満の種とか。いずれにしろ全然一つの会社になれていないらしいことは伝わってきます。

記者の理解不足のケースもあって、閉店予定の百貨店に「大丸浦和店」と載せた人も。大丸浦和店とは浦和パルコの地下一階食料品売り場のことで、パルコが閉店するわけではありません。今でも「パルコって西武系?」と思っている方もいると思いますが、西武百貨店はセブンアンドアイグループ、西友はアメリカのウオールマートの商標みたいなもので、無関係。パルコは大丸と松坂屋が組んでいるJフロントリテイリングの会社で、一フロアを大丸がやめたって全体としてはキープしているんだから、ほかのデパートとならべて「閉店」扱いするのはよくわかっていない証拠だと思います。

| | コメント (0)

2017/03/16

リワークがスタート

先週金曜日からリワークプログラムに通所することになりました。

これは医療機関が実施するデイケアの一種で、基本的には会社に在籍中で復職を目指す人のためのものです。自分は会社へは在籍していないので、今まではリワークの対象外だと思われていたのですが、先日見つけた新しいクリニックでこれができるのです。ここは先日来カウンセリングに通っていたところで、カウンセリングの先生もリワークプログラムのうちの一つを受け持っておられます。だから継続して相談し続けることも可能です。

やるべきことをやっていない、態度が悪い、だらだら話したり質問したりするといったことがあると突っ込みが入ります。参加者同士の質疑応答やプレゼンテーションなどもあります。なのでかなり心理的な負荷もかかりますが、自分は実はこのくらいがちょうどよく感じられて、今までの施設でのパン工房やお掃除の作業とは全然違う種類の楽しさと充実感を感じているところです。

ただ、場所が都心部の駅近なのでいわば「通勤」が結構大変。今日でカウンセリングも含めて(週末除く)7日連続ですが、慣れと疲れと両方がでています。

これがこなせるようになると、精神障がいのある人に対するものとしてはかなりストレス度の高い仕事にもチャレンジしていけるし、ここに通って卒業したこと自体採用面で評価されることが間違いないので、なんとか食らいついていこうと思っています。

| | コメント (0)

2017/03/13

過剰サービス見直し?

最近、小売店の営業時間短縮の動きが顕著になってきたと感じます。代表的なのがキヨスクなどの駅売店。利用客の多い駅でも15時閉店など、需要の少ない時間の営業をやめていくケースが多いです。大型店でも30分、一時間と開店を遅らせるか閉店を繰り上げるケースが続出。理由は人手不足に尽きると思います。

昨年ブラックバイト大賞を取ったセブンイレブンでは、今年になってバイトに過剰な恵方巻ノルマを課していたことが話題になりました。その直後、新規オープン予定のセブンイレブンで「ノルマ・罰金なし」とうたったアルバイト募集ポスターが登場。セブンイレブンはフランチャイズオーナー同士の競争も過酷なので、採用に困ったお店が苦肉の策で出したようですが、ニュースで取り上げられすぐ撤去。

採用側としては、昔と違って嫌な職場はすぐ辞める人が多いことから募集広告代などが高騰していてお金がかかる。働く側としては、採用側がお金をかけているといっても採用経費にであって、自分たちの時給は安いまま。なのに人材難で職場が回らず忙しさに拍車がかかり、やっていられなくなる。

利便性至上主義からは少し転換する時期なのかなと思います。(全面的にではないですが)

アマゾンの宅配荷物急増で音を上げたクロネコヤマトの宅急便、お昼時間帯の配達をやめる方向とのことですね。働く立場を想像できる人はほとんどが賛成なのでは。先日アマゾンプライムの配達便が、まるで宅配ピザの配達のようなバイクで急いでいるのを見かけましたが、あれを望んでいる人はそれほど多くないのでは。少なくても配達代金を別に徴収するべきだと思います。

| | コメント (0)

2017/03/12

できたできた

先週はすさまじく進展があった週でした。

まず母のお墓の申し込みができました。あと日取り&形式(納骨だけかささやかに何か墓前でできる程度のことをするか)を決めるだけです。

4回目のカウンセリングが済み、そこのクリニックのリワークプログラムをすることに決まりました。翌日急きょ診察の予約を入れることができ(初診)、1時間ほどの診察で主治医もそこの先生に移すことを決めました。それで翌日に自立支援の医療費補助の手続きをし、なんと翌日金曜日からプログラムを始めることになりました。

リワークというのは本来休職中の人が復職を目指す人のためのもので、自分のように離職期間が長い人はダメなケースが多いのですが、今度のところはとにかく本格的なプログラムを自分でも受けることができるのです。

何が本格的かというと、デイケアと同様平日は毎日通うこと、週に2回メンバーの前で行うプレゼンテーションがあり、考え方の癖を徹底的に修正していくことで絶対に再発させないことを目指すこと、複雑な会社内の認円関係をもこなせるよう主治医自らプログラムの指導に当たり、結構負荷をかけていくことなどがあげられます。

そのほか7、見てみたいと思っていた福祉施設の見学に行けたり、ヒッポの文集用に久しぶりに文章を書いたり、それはもう大活躍してしまいました。

でもたぶん極端に体調が悪くなることはないのではないかと思っています。

| | コメント (0)

2017/03/05

観察と気づき

必死にやるとできる範囲が増えてきました。午前中から活動して夜までもつ、というのが2~3日続く日が出ています。ただ、そこまでやっている分余裕がなくなかなか更新できません。

自分の通っているところでは食パンを6枚切りや8枚切りにするのに包丁を使っています。カットを担当することも多いのですが、微妙に切りにくいパンと切りやすいパンのあることに気が付きました。なぜだろう?と思って聞いてみたら生地の発酵具合によって焼き上がりが違うからだとわかりました。発酵しすぎると型にきっちりはまりすぎて、角が固くなりすぎる。それで包丁の入れ方を工夫しないと力を入れすぎてつぶれ気味になっちゃうみたいです。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »