« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016/11/28

もやもやぐるぐる

今週末にイオンがブラックフライデーという特売を企画していましたが、何のことだかわからない売り出しだと思いました。ブラックフライデーというのはアメリカの商習慣で、サンクスギビングという日本でいえばお正月みたいな期間が明けた翌日のことを言うようです。日本的に言えば「初売り」なのです。日本の初売りといえば福袋があり、最近は冬のバーゲンのスタートでもあります。半期に一度の売り尽くしみたいなものだからもりあがるのですが、ブラックフライデーはアメリカでは年に一度の売り尽くしみたいなものと考えていいと思います

。だから木曜の夜から店舗にお客さんが並ぶほどの勢いが出るのです。日本でブラックフライデーが万一定着したら(しませんが)正月明けの特売はできませんね(ちなみに中国ではここ数年11月11日が独身の日(日付の並びが全部1だから)という名目でネット通販の特売日になっていて、この1日ですさまじい金額の売り上げが上がります。その8割がスマートフォンなどのモバイル端末からの注文だそうです)

むしろ驚いたのは、イオンの広報が「ブラックフライデーをやります」と発信したのにマスコミが飛びついたことです。メディアで2か月前くらいから取り上げられていました。9月にもクリスマスケーキの予約開始という情報をイオンの広報が出してマスコミが取り上げました。

実はこういう情報発信は、以前はイトーヨーカ堂のお家芸でした。シーズンの特売や新しいイベントのこと、そして入社式や社員の女性やハンディのある人の活用なども取り上げられていました。ところが最近のイトーヨーカ堂はじめとしたセブン&アイのニュースといえば、中国のイトーヨーカドーをすべて閉鎖し撤退する、関西の百貨店を譲渡する、国内のイトーヨーカドーの40店閉鎖、グループの通販会社の身売りなど前向きな話はひとつもありません。セブンイレブンだってドーナツ販売のチャレンジ以降話題性のある話がありません。これはグループの広報が相当弱体化していると感じます。

閑話休題。

まだ喪中はがきを出していません。早い人は10月にも出してしまうのに、完全に後手に回っています。現在通所施設で印刷をお願いしています。

ただ、喪中はがきは親戚など限られた人にしか出さないつもりで、それ以外の方には年賀状を出すつもりです。いつも送っている人全員に喪中はがきを送ると相手からも年賀状が来なくなりますが、それは困るのです。そのことがきっかけで翌年年賀状を出しても住所が変わって届かないとか、細いつながりの糸が切れてしまうとかまったくもってもったいないです。

近しい人以外は身内の他界なんてことを知らせる必要もないし、実は喪中という発想は仏式なのです。母の葬儀では簡素を徹底したのでお坊さんも呼んでいないし、戒名ももらっていないし、仏式にこだわる理由がsりません。だからデメリットの大きい喪中はがきはそういうことを気にしそうな人だけにします。自分にはむしろどんな細い糸でもつながっていることが大事。どんな困りごとができてその方と連絡を取りたくなるかわからないからです。

| | コメント (0)

2016/11/25

11月なのに

帰り花?が多い年は大雪といわれるそうで、今年は東北地方などで秋口に咲いた桜が多かったみたいです。実は川口市境の都市農業公園あたりの桜も20輪以上咲いていました。

その伝承がその通りとなりました。

11月に雪!しかも寒かったですね。この時期から耳あてをつけて診察に行ってきました。家にいるときは寒くて書き物など全くできませんでした。

| | コメント (0)

2016/11/24

あれれ?

東急線には、すべての駅に止まらない「各駅停車」というのがあってびっくりしました。よく考えたら埼京線の各駅停車だって池袋~大崎間では限られた駅しか止まらないのですが・・・。なにごとも言葉通りに受け取ってはいけないという見本ですな。

東急で「各駅停車」が各駅に停車しないのは大井町線の二子玉川~溝の口間で、時間帯によっては停車することもあるようです。

| | コメント (0)

2016/11/21

やられた

たった今、記事を更新しようとしたのですが、ココログの設定の関係で更新されず、書いた記事は全く残っていませんでした。やられた。きょうはすいませんが寝ます。

| | コメント (0)

2016/11/17

ぐるぐる→のち晴れ

日曜日に電車に乗っていたのですが、長椅子のはじに座っていたらベビーカーを押すお母さんが乗ってきて、自分の椅子のわきにベビーカーを止めました。そこはドアの開く側で反対側に大きなスペースがあったので「そちらに行ってほしいなあ、邪魔だなあ」と思って、またいらいらしていたのですが・・・。

ベビーカーのおちびちゃんが、握っていたパンフレットを落としたので拾ってお母さんに渡しました。そしてあらためておちびちゃんにパンフレットを持たせたので、それを使ってちょっぴりあやしてみたのです。

そしたらなんだかいらいらが吹き飛んだばかりか、「そうか、奥に行くと降りるときにかえって邪魔になるから開くドア口のわきにベビーカーを止めているのか」とお母さんに感情移入できたりしてすっきりしてしまったのです。

さらに降りがけ、ベビーカーのお母さんに「ありがとうございました」と言われたので、まったく気持ちが変わりました。もっとベビーカーをおすお父さんお母さんにやさしくなろうと思ったのです。さすがにこれはないだろうと思うケースは優しくなれないかもしれませんが。

次の日にある駅のエレベーターの前で4台ものベビーカーが乗る順番を待っているのを見て、「時代が変わったんだなあ」と痛感しました。

| | コメント (0)

きょうのぐるぐるりん

自分のアメリカ大統領選についての個人的感想。

こういう政策をとらないと国の状態が悪くなる、と言われ続けたのに、したがってみると一部の人の利益にしかならない。国が豊かになるかより、私の明日の生活が問題だ。

そう考えた人が怒りを込めて投票したようなこともあると思います。それって日本で民主党が政権を取った時に似ているような気が・・・。

威勢のいい公約を掲げていたものの、いざ政権を取ると「いままで必死に積み上げてかちとった利権を崩されては大変」と国内外から陳情攻勢。日本では民主党の看板公約がことごとく反故にされたばかりか、もっとひどくなった部分があったと思います。アメリカでも選挙中言い放っていた政策案を少しずつおろし始めているようですね。

日本でその後どうなったか。与党支持者も野党支持者も「民主党はこりごり」という人が増えて、ほかのどこの政党も民意をくみ取れていない政治不信状態、「あそこよりまし」と思って投票に行くというのが最近の選挙の印象です。アメリカでも同じことが起こるのではないかと思ったりしています。

| | コメント (0)

2016/11/12

ちょっぴり絞り出すエネルギー

ぐるぐるしている以上体調がいいわけはないのですが、そんな中でも確実に良くなっていることがあります。母の家の片づけの際にうちへ持ってきたものの仕分けを考えるようになりました。

例えば一人暮らしを始めて以来の炊飯ジャー。母の使っていたずっと新しいジャーも我が家へもってきました。でも使い慣れたものとの峻別ができません。先月よく見たら母のものは製造年がまだ3年前と新しかったので、思い切って交換し16年物の炊飯ジャーは処分しました。

父がよくもらっていた洋酒。価値のあるのは見た目でわかりますが、父は全くの下戸でたまるばかりでした。母も洋酒は飲まず、自分も飲んでいません。一度友人の飲み会に持参したら、飲んだ人が「とろけるようにおいしい」と言っていました。・・・これを金券屋に持ち込んでみました。品定めののち店の担当者からの査定額をきくと一本500円から1000円とのこと。結局お酒はその業者がネットオークションに出すそうで、今は梱包と送料も考えるとその買い取り額なら業者の取り分もある、という値段。これなら自分で飲んだほうがいいですよとのことで、箱いっぱいの洋酒は戻ってきました。少しずつ飲んでみようと思います。

箱に入ったままの鍋はバザーに献品してみました。ついでに本も段ボールひと箱献品しました。

父のお墓の管理先にもようやく連絡しました。手続きに10万円くらいかかるかなと思っていたら1万円で済むことが分かってホッとしましたが、戸籍関係の書類もまた必要で、手続き難しい・・・。一応そういうものらしいというのはわかりました。母の墓をどこにするかも具体的に考えたり調べたりしています。

だからこういうエネルギーは少し戻ってきたんですね。9月がなさすぎだったからこの程度は戻って当然かもしれませんが。

でも毎日通所するのは無理。先週は週3回いけましたが、今週は日曜のマイライフ展と水曜の作業しか行けていません。小さい波とそれよりも大きめの波のなかでほんろうされています。

溺れないように頑張ります。

| | コメント (0)

2016/11/11

ぐるぐるぐるぐる

テレビがあってNHKが好きな方は、「クローズアップ現代」という番組を見ている方もおられるでしょう。

以前は国谷キャスターが司会でしたが、いろいろとあって番組がリニューアルされました。その新しいバージョンを見る機会があったのです。

ところが、今の「クローズアップ現代+」ですが、取り上げられる中身はともかくキャスターやゲストの語りの場面のスタジオ画像に辟易。話している人の後ろで背景が絶えず動いているのです。これが非常に煩わしく、気にならずにみられる方も多いのでしょうが、気になって仕方ない方もそこそこおられると感じます。

交錯する情報の中からキーになる話題を掬い取っているというイメージの演出?自分には話し手が何を話しているのか分からなくなるくらいしんどいです。

最近こうした自分の感覚の特殊なことを話すと、面白がって聞いてくれる人が増えてきました。でも「へえ~!」とびっくりしてくれて、「でどうしたらいい?」と聞くとみんな困惑しちゃいます。そりゃそうですよね~。

| | コメント (0)

2016/11/07

きょうのぐるぐる

公務員がやりたがらない仕事といえば、労働基準監督署、児童相談所と書いていた人がいて、さもありなんと思いました。これに福祉事務所のケースワーカーと滞納されている税金の徴収もあるでしょう。児相とケースワーカー(生活保護受給者の対応)、滞納税金の徴収の現場には非正規の職員が働いています。いずれもかかわる相手に罵詈雑言をあびせられることもある職域。そんな嫌な仕事をするより企画や総務で働いてゆくゆくは上層部を目指したり、大学教授やコンサルタントを目指して「先生」と呼ばれたいとおもうのでは。あるいは発注などの職務で、わいろはまずいけれど業者と関係を作って天下るとか、そういうことを考えたほうが「公務員予備校まで入ってお金を使って得た地位だから、かかった分だけでも取り返したい」と思う人には良いのだろうと思います。もちろんみんながみんなそうではないですよ。

ちなみに非正規職員が働いている分野は、たとえ公務員でも違法な長時間労働や残業代不払いはあります。最近霞が関の役所で、野党第一党の国会での質問通告が遅いせいで残業が長引き午前様どころか夜が明けると話題になっているそうですが、これは残業の記録も残っていて残業代も払われるから、グレーかもしれないけれどブラック残業とは自分には思えません。指示そのものがあいまいで、記録も残っていないかうやむやにされ残業代未払いが延々と続くのがブラック残業と定義できるのではないでしょうか。

医師の世界でやりたがらないのが救急の当直。これもアルバイトや非常勤の医師が対応しているケースがあって、高齢者で認知症を伴うなど扱いにくいケースは断ることが多いそうです。専門医で狭い範囲を深く掘っていったほうが出世にもつながるし講演に呼ばれるなど地位もお金も手に入ります。救急の当直では患者に感謝されこそしても、医者の世界ではお金と地位につながりにくい。しかも医師会が医者の絶対数を増やすことに強硬に抵抗します。

医師会とは何だと思いますか?医者の組織、もっと言えば政治的に圧力をかける組織と思う方もおられるでしょう。自分もそう思っていたのですが、実は医師会というのは開業医の組織なのです。病院で働く勤務医は入っていないのです。過労死するほど働いている医師はほとんど病院勤務です。開業医の組織である医師会は勤務医がどんなに過酷な状況で働いていても、状況を改善するモチベーションが働きにくい。医者の数が増えると、やがて医院の数も増えるので自分の医院の経営を圧迫すると考えるのです。歯科医院みたいに潰しあいになるようなことがあっては絶対にまずいと。

| | コメント (0)

2016/11/05

マナーの線引き

東急電鉄が車内マナーを訴える広告の中で女性の化粧を取り上げたところ、大反発を食らいましたね。職場の仕事と家事、子育てをばっちりやっていたら電車の移動中くらいしか化粧の時間がないという趣旨(しかもそれを怠ると職場で「女子力がない」とかいわれるらしい)だったと思います。

以前京王電鉄で「社内では静かにしなさい」という趣旨のマナーポスターが出て、自分としては相当びっくりしたのですが(おそらく周りに目がいかない学生などを想定したのかも)。あの時は反発のはの字もありませんでした。視覚的にこれだけうるさい電車で「口だけはふさげ」なんてひどいという人はあまりいなかったみたい。

東急電鉄は渋谷駅で大々的にデジタルサイネージ(動画広告)を増やして、柱や壁面を広告だらけにするつもりらしいです。それが最先端の躍動感ある街のイメージらしいけど、自分らみたいな感覚過敏を抱えていると「渋谷に行けなくなるからよしてほしい」というのが切なる願いです。東急に乗らなければすむならまだいいのですが、東京メトロで行くと銀座線以外は東急の管轄する渋谷駅へついてしまうからこまります。もっともメトロの表参道駅も結構きついですが。

デジタルサイネージが苦手な人は実は相当いるはずですが、こういう人たちは社会的弱者であることが多くて、声の上げ方も知らないよね。話し声には敏感なのに、あんな刺激的な広告に文句も言わない多くの人たちが、自分には不思議に感じられるのです。耳だけでなく目も休ませろ、ってみんなで言わないかなあ。

| | コメント (0)

2016/11/03

身近になった「死」

寒すぎ。先週は冷房をつけている電車もあったくらいなのに、いきなり12月の気温だなんて。

月曜日にいろんな方と話す機会がありました。話題が死やお墓のことになったので、最近の自分の体験を話すと、中にいたお医者さんが反応してくださいました。

まず緩和ケア病棟というのは、初めから患者さんのみならず家族もケアするということを使命として掲げているところが多く、自分に届いた緩和ケア病棟からのはがきは、ほかの病院でもやっていることなのだそうです。制度面でのお手伝いだけでなく、急な身内の死を受け入れるための「グリーフケア」や、家族同士で集まって話す会の企画をしていることもあるんだとか。

最近の孤独死が、高齢者よりも40歳から50歳くらいの一人暮らしの男性に多いという話、これは本当だそうです。一般的に男性はコミュニケーションがうまくないので、会社をリストラされたりするとほかに社会とつながる場所がなく引きこもったまま追い詰められ、病気を発症してそのまま人知れずなくなるケースが多いんだそうです。千葉県の松戸市にある大規模団地では、自治会経験者などのボランティアが「孤独死防止センター」という活動をしているそうですが、ここに相談に来る人も40代50代の男性が多いとか。この団地だけで3か月に21人も孤独死が出たことがあるそうです。

自分はひっぽにしろデイケアにしろ障がい者施設にしろ親戚にしろ、いろいろな所とつながっていて知り合いや友人もたくさんいるので心配ありませんが、そうでなかったら両親ともいなくなった今は危機的だったかもしれません。

一応家族がいるにもかかわらず、遺骨を引き取らないケースなんて日常茶飯らしいですね。

| | コメント (0)

2016/11/01

久しぶりの作業

きょう(昨日になりました)は2時間ほど施設の作業に行けたのですが、その大半の時間印刷作業の配置でした。

施設ではお掃除やクリーニングとパン工房&売店の仕事があって、シフト制で交代していきます。でも自分は印刷作業に入ることは今まであまりありませんでした。従来は使えるパソコンの数に限りがあったので、日常的にパソコンを使っている自分のような人間より、触るチャンスの少ないメンバーに優先的に割り当てられているのだと思います。

先々週は印刷済みの紙を折る作業と帳合い作業で、これは自分の大得意の作業。でもきょうはタイピングでした。タイピングそのものは嫌ではないのですが、2時間近くやっていると目が痛くなりますね。これが「慣れる」ものなのかそうでないのかが難しいところです。現在は目の奥にうっすら痛みが残っているような感覚があります。すごい集中度でやっていたと思います。

将来的にはパソコンのキーをたたくような仕事をしなくても、スキャナ入力や音声入力がすすんだり、スマホやタブレットのようにキーボードがなくなって、触って入力するようになったりするようにも思います。が、当面はパソコン作業も嫌がらないようでないといけないのかなあ、と思ったりもしました。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »