« 電車賃節約法のひとつ | トップページ | 浮き出てきただけ? »

2016/08/24

きつい局面

8月17日に母方の叔父が他界し、お葬式のためまた山梨まで行ってきました。その後も緊張を強いられる場面があり、月曜日に久しぶりにでーっと気力を抜いてみました。そしたら戻らなくなってしまっていて、おなかが緩くなったり軽い夏風邪をひいたりしています。何にも作業は進展していないのに、夜になると疲れで泥のように台所の床に寝落ちています。

18日の診察でいつもはあまり感情を見せないようにしているだろう主治医が一瞬絶句。今日行った川口の内科でも先生とともにわきにいた看護師さんまで「えっ」と声をあげていました。そのくらいハードな局面なんですよね。でも母方の親族はみんな今年3件目のお葬式なので、うちだけでなくみんなしんどいと思います。そう思ってしまうので、なんとかぎりぎりまで頑張ろうとしてしまいます。

お世話になっているある人からは「タスクリストなんか作るのをやめて、もっと毎日を楽しみなさい」と言われましたが、これをやらないと作業が進まないと自分は思っているこのタスクリストには、否定的な意見がほかにもあります。どうなんでしょうね。

|

« 電車賃節約法のひとつ | トップページ | 浮き出てきただけ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電車賃節約法のひとつ | トップページ | 浮き出てきただけ? »