« 過敏進行 | トップページ | 自分には必要な警報 »

2016/07/25

どうするWindows10

まずい。

Windows10の無償バージョンアップ期限が29日に迫ってきました。

自分が現在使っているパソコンのOSはWindows7です。当初7の場合はマイクロソフトから10のバージョンアップ通知が来ても、メーカーがサポートしないし、不具合が出る可能性が高いのでバージョンアップしないほうが得策という見解が多かったように思います。

ところが最近のいくつかの雑誌記事を図書館で読むと、状況が変わっているようなのです。

〇Windows10はマイクロソフトが頻繁に改善の手を入れているため当初よりも不具合が出にくくなった。

〇Windows10を29日までにいったんバージョンアップしておくと、その後も無償バージョンアップをする権利が得られる。バージョンアップして30日以内ならあまり手間をかけずに元のOSに戻すことができる。戻してからまた10にし直すときは無料でよい。

〇Windows10ならマイクロソフトのサポート期限も伸びる。すると今のパソコンをその期限まで使い続けられる。実はWindows7は改善に関するサポートの期限が終了していて、脆弱性に対するサポートのみになっている。そのサポートもあと3年くらいで終了予定。その後は物理的に使い続けることはできるが、ネットにつなぐことはリスクが高すぎて事実上使用不可能になる。10にすればさらに5年くらいは使える。

主にこの3つの理由から、とりあえずでも10にした方がいいという意見が多くなっています。

しかしOSのバージョンアップのためには、万が一に備えて現在のパソコンのシステム全部をバックアップしておくことが強く勧められるのです。これに対応するのが今の自分にはハードル高そう。明日葬儀ですがテンション高すぎで、終わったらぐったりする可能性が高く、バックアップを取る精神力が維持できなさそうです。

|

« 過敏進行 | トップページ | 自分には必要な警報 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過敏進行 | トップページ | 自分には必要な警報 »