« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016/04/26

被災地からの便り

熊本県の北部に住む知人からはがきが届きました。先日おみまいはがきを出していたのですが、その返事です。

はがきによると、その方の周囲では大きな被害は免れたとのこと。ただ一時断水し、現在も濁り水のため毎日小学校へ自衛隊の給水を受けに行っているとのことでした。それと心を打たれたのが「熊本の誇り、熊本城と阿蘇の被害はとてもショックです」とあったこと。地元のシンボルがダメージを受けるのは、その地域の人にとっては本当に心の痛むことだと思います。

久留米の方とも連絡が取れました。久留米では揺れはあるもののほとんど被害は出ていないそうです。

八女の方とは直接連絡は取っていませんがフェイスブックの投稿を拝見しています。それには、ご本人直接の投稿ではありませんが近隣の農家の方の投稿を引用されています。こんな感じです。

被災者は家を無くしても
今日も農作業をしています。

皆さんはこの事実に
「何故こんな時に」と驚かれるかもしれない。

今は大事な田植えの準備時期であり、新茶の摘み取り時期。
トマトやナスの収穫のピークでもあり、サツマイモの植え付け時期でもある。

いずれにしろ農繁期なのである。

この辺りの農家はこの時期の作業を怠ると、1年分の家計が成り立たなくなります。

つまり自営農家にとってこの時期の農作業を「やる」、「やらない」は死活問題なのです。

自分の家の片付けめ手をつけず、食事や水は支援物資で食いつなぎ、断水しているため
風呂には入れない。

それでも車に寝泊まりしながら震災の話題が薄まるころの生活のために今日の仕事を続ける農家がたくさんいることを知ってほしい。

これが本当の「生きる」ということだと痛感しています。

-ここまで引用-

改めて何ができるか、何をすべきか考えさせられます。

はっきりしているのはマスメディアの「絵になる」報道だけに振り回されないようにするのが大事ということでしょう。

| | コメント (0)

2016/04/21

一日片付け

水曜日の朝、足ががくがくして一分以上立っていられない状態が発生しました。火曜日の夜から様子が変だな「とは思っていましたが、水曜日は結局夕方まで外出できませんでした。もちろん自分としては不満足です。でも今日ほぼ一日自宅にいて、ちょっと納得できました。それまでの一週間くらいがどれほど大変だったか。連日3つ以上の用事をこなしているのが続いていました。それで時間に追われていたので流しにも洗っていない食器があふれかえり、テーブルの上も山のようになっていて、洗濯物も取り込んではあってもたたむ余力がなかったのです。結局これらを片付けるのに一日費やしてしまった感じです。

それも片付けの途中でつらくなって横になることがたびたび。仕事へ出てしまえばそんなことはないんですが、自宅での作業は体力的にも気持ちの上でも余裕がないとなかなか進まないなあ、と改めて思いました。

仕事だけして帰った火曜日、「はあ、なんて楽ちん」と思ったくらいです。もうちょっとペースを落とさないといけませんね。

| | コメント (0)

2016/04/17

熊本地震

自分が一時住んでいた福岡県八女市は、国道3号線で峠を抜ければすぐに熊本県というところ。当然熊本の知人もいる他、高速道に土砂が崩れて通行止めになっている大分県由布市にも、八女はもちろん、久留米や別府、そしてあまり報道はされていませんが揺れの影響で工場の操業停止が出ている長崎県にも知人がいます。

九州は自分もあまり地震のイメージがありません。博多湾で連続地震が起きて能古島などで建物が被害を受けたことは覚えていますがそれ以外は自分の覚えている地震は皆無。地震というよりはむしろ台風などの豪雨や風による災害と火山災害の地域の印象。思えば阪神大震災のエリアもそうでしたね。

旅行のキャンセルなどが相次いでいるそうですが、そんな時こそなんとかわずかでも支援できないものか。そんな気持ちが日に日に強くなっています。

| | コメント (0)

2016/04/05

どうしたらいいものか

ここのところ連日母に電話をしようと思っているのにしそびれています。

原因の一つは帰宅が遅いこと。連日朝出かけて夜9時過ぎの帰宅になっています。たとえば先週の金曜日なら、朝一番で最寄りのハローワークへ出かけ、就職相談。その後前日に受け取れなかった薬を取りにデイケアへ。さらに前日貸出期限の本を返しに川口中央図書館へ行ったあと施設の仕事へ。この段階でほとんど昼食をとる時間がなく、自店で販売しているパンを一個だけ買ってねじ込むように食べます。終了後はちょっとした買い物ののち、4月いっぱい仕切り役の一人になっているヒッポの活動へ参加。これで帰宅が22時になり、それから夕ご飯になるのです。

ならばどうせ携帯持ち歩いているのだから出先ですき間時間に電話すればいいのかもしれません。でもいまだに携帯電話を使うのは苦手なのです。状況によっては結構話さなければならないかもしれず、とてもかけにくいです。

先日も書きましたが、最近手を使わずに話せる電話が急速に普及しています。今日も道を歩いていると、後ろから私的な事柄をこちらに向かってずっと話している人がいました。よく空中に向かって話ができると感心しきりです。自分は外で携帯電話を使って話さざるを得ない時、しゃがんで小さくなるか物陰でかけています。話の中身を聞かれるのも嫌だし、話し声によって注目されるのも嫌。そんなわけで携帯電話を使えるにもかかわらず、公衆電話から電話を掛けることもたびたびなのです。

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »