« 久々の更新 | トップページ | 骨無しさば »

2013/09/14

「良くならない」プロジェクト

きょうは埼京線に乗ってちょっとお出かけしました。わりと最近京浜東北線と同じ新型車両が入りはじめたと思ったのですが、もう半分以上が新型でびっくりしました。「埼京線よくするプロジェクト」と銘打って新型にしているみたいですが、誰にとって「良くなる」のか、はなはだ疑問だと思います。車体を少し丸くすることで車体の幅を広げて、より一層多くの人を詰め込めるようになったというのが「良くする」の意味合いの一つらしいです。でもドアの上にディスプレイがついて広告を延々垂れ流すようになりました。車内放送も車掌の声ではなくなりましたが、音量が大きいのでイヤホンでヒッポのCDを聞いていても良く聞こえる、というか聞こえ過ぎです。耳にも目にもうるさいあの電車を快適と言えるのか。それは「オートチャージが便利」という宣伝と似ている気がします。いくら使っているのかその場で分からなくなることが果たして便利なのか。そしてそもそも便利は良いことなのか。

だいぶ過敏が収まってきたとはいえ、電車が不快な状況は変わらなそうです。

|

« 久々の更新 | トップページ | 骨無しさば »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々の更新 | トップページ | 骨無しさば »