« 飯田ストアー | トップページ | いのちより大切なもの »

2013/02/21

講習会商法

彩の国くらしレポート 平成24年秋号より

 ある日、友人から「商店街の空き店舗で、日用品がもらえるそうよ。行ってみましょうよ」と誘われた。
 友人と行ったのは、3ヶ月の期間限定の店。中に入ると、前にホワイトボードがあり、いすがたくさん並べられていて、すでに高齢者で満員に近い状態だった。そこでおもしろい話や健康についての話を聞き、日用品を無料でもらったり、安く買ったりした。
 とても楽しかったので、毎日通うようになり、店員もとても親切にしてくれ、仲良くなっていった。
 そんな頃、店員から「これを使うと血流が良くなって、腰痛が治ります。関節痛やがんにも効きますよ。今なら半額です」と磁気付きの健康器具を勧められた。
 「この前の講座で良いと言っていた器具ね。いつも親切にしてくれる店員さんのお勧めだし、半額ならお買い得だわ!」と、ひどい腰痛に悩むWさんは、23万円の器具を迷わず購入した。
 その後も次々に健康食品や布団などを、勧められるまま総額で200万円も買ってしまった。

これは時間をかけてじわじわとりこにする「講習会商法」というものです。実はデイケアへ行く道で複数これと思われる場所があります。いずれもいつの間にかできて、その次にいくと店の前に自転車があふれんばかりにとまっていて、そういう状態が2ヶ月ぐらい続き、やがてあとかたもなく店が消えるのです。年配の方はたぶん行動半径が小さいから気づかないのでしょうが、自分みたいに毎日片道40分も自転車をこいでいるとあちらこちらでみかけます。

「無料」「格安」甘い言葉にご用心。

|

« 飯田ストアー | トップページ | いのちより大切なもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飯田ストアー | トップページ | いのちより大切なもの »