« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/28

鍵の受け取り

3000本の記事で書きましたが、たとえ鳩ヶ谷在住でなくなっても鳩ヶ谷雑記は続行します。

実は来月、本当に鳩ヶ谷から引っ越します。13年住みました。地下鉄(SR)開通前から住んでいるのですから長いですね。新居は都内になります。きょう鍵を受け取ってきました。建てられたのがこの鳩ヶ谷の家よりも20年以上古くて、牛乳受けなんてものがある建物です。外観は年季が入っている感じですが、中は改装されていて結構きれいです。今より広くなるのでヒッポの受け入れも今までよりやりやすいかも。

引越し荷物がすごくて、本とCD&DVDだけでダンボール17個です。これでもだいぶ減らしたのだから、ホームステイ受け入れをした頃は本だらけでした。7日の引越しにむけいよいよ荷造りも本格化します。鳩ヶ谷とは自転車で行き来できる距離なので、運べるものは少しずつ運んでしまおうと思います。

きょうはいよいよ春の到来を思わせる天気で気持ちよかったですね。

| | コメント (0)

2013/02/27

社交ダンスよりヒッポ

仕事先の施設で「デイケアが物足りない」と言ってみた話を書きましたが、その際に言われたことのひとつに「何なら夜に社交ダンスをやってみる?」というのがありました。職員さんがやっているそうです。社交ダンスするくらいならヒッポで踊ろうと思って、夕食後踊りの盛んな与野のヒッポへ行きました。きょうは仕事の後でも余力があって、電車に乗るのが少し苦痛でしたが、行ったらとても楽しめてよかったです。

| | コメント (0)

2013/02/26

負けオセロ

デイケアでメンバーさんから急にオセロ(オセロというのは登録商標で、一般名はリバーシというらしいです)をやろうといわれ、びっくりしましたが応じました。オセロは小学校時代には強かったのですが、この歳になるとなかなか。結局負けたのですが、「またやりましょう」と言われました。この方は聖路加病院の看護師だったと聞いた覚えがあります。聖路加の看護師さんとなれば相当頭が切れる方だと思いますし、実際プログラムなどでもかなり手ごわい印象の方です。その方が「相手になる」と思ってくださったのはありがたいことかもしれません。「私は看護学校しか出ていないけれど努力型なの」とのこと。だいぶ年上の方ですが、いつまでも向上心が衰えないのでしょう。自分はその点、欲が無いのでなかなか伸びません。もうちょっとガッツがあっても良いのかななどと思いました。

| | コメント (0)

2013/02/25

3000本

実はおととい、この鳩ヶ谷雑記の記事が3000本になりました。このところ日記のように毎日書いているので、1年で350本くらいにはなるのですが、2004年からなので9年目でこの数字です。

正直なところ、過去に書いた記事の中には今コメントなどされても責任を持って対応できないようなものもあります。でも続けられる限り、たとえ鳩ヶ谷と縁がなくなってもここは続けていこうと思います。というのも鳩ヶ谷雑記を書き始めた頃相互リンクをしていたブロガーさんのほとんどがいまや音信不通で、とても残念だからです。書いている内容はともかく、「元気にしています」のサイン代わりに続けていきますので よろしくお願いします。

きょうは午前中から仕事でしたが、順当にこなしてきました。午後掃除に行ったグループホームではひな飾りが3箇所もありました。ハロウィンもクリスマスも、かさばらない演出物で飾られていましたが、おひなさまは結構かさばります。決して広くはない建物なので、普段どこにしまってあるのやら。

| | コメント (0)

2013/02/24

20年もの

昨日はやはりちょっと疲れました。やるときはテンションがあがっているから出来てしまいますが、後で疲れが出ます。今日はちょっと疲れ気味でした。片付けても片付けてもなかなか片付かない我が家の整理と掃除をして過ごしました。

日中息抜きに芝川サイクリングロードを自転車で走ってきましたが、きょうの風は吹き飛ばされそうになるくらい強くてすごかったです。関東は晴れていますが、きっと日本海側は大荒れですね。明日のさいたま市の最低気温予想は-6℃と、この冬最も寒くなりそうです。

それにしても、やってもやっても片付かない我が家。なんでウノが2組、トランプが4組もしまってあったのか謎です。シャープペンもすごい本数!ホチキスの針も大学生協のシールが張られていてかれこれ20年以上我が家にあるらしいです。デイケアに寄贈してしまいましょう。

| | コメント (0)

2013/02/23

にこまる弁当

きょうは少し生活のハードルを上げてみました。月曜日と同様10時から仕事のつもりで、それまでに洗濯と片付け、夕飯の支度をするのです。そして9時半には実際に出てしまうのです。きょうも昨日に引き続きヒッポの講演会が川口リリアであったので、朝はそちらへ行きました。で、終了後仕事場へ行きお昼はそこで食べて午後からそのまま仕事にしました。

さすがにお弁当を作るところまではいけなかったので、仕事場の近所でお弁当を買いました。ふじの市商店街の市役所通りに近いところに「にこまる弁当」という弁当やさんがあります。その名のとおり各種の弁当が250円と格安なのです。さらにその向かいの中華料理屋さんは210円の中華弁当を売っていて、値段の割にはしっかりしたおかずがついているのです。ここでなら、買ってもそんなに負担になりません。きょうは210円弁当のほうを買いましたが、「もうちょっと何かほしいな」という感じだったので、次回はおにぎりだけ握っていっておかずだけちょっと買い足すといいかなと思いました。

来週も月曜だけでなく水曜、土曜とこのスタイルでやってみようと思います。

ちなみに、おとといの飯田ストアーとはコモディイイダとはちがいます。コモディイイダも南鳩ヶ谷とデイケア近くにあって、結構安いですが品揃えがいまいちで自分はあまり使いません。

| | コメント (0)

2013/02/22

いのちより大切なもの

「デイケアが物足りなくなった」と仕事先の施設で言ったけれど、「仕事の時間を増やすのはもうちょっと先と言われた」話を先日書きました。デイケアでその話をすると、「あちこち出かけてみるのも良いかも」と言われたので、きょうはデイケアをお休みにして午前中は川口のヒッポ講演会、午後はお茶の水へ出かけて星野富弘さんの詩画展を見に行ってきました。講演会のことは後ほどアネックスに書くことにします。

星野富弘さん、というのは名前だけは聞いたことがあったのですが、どんな方か詳しくは知りませんでした。大学を出て先生になったのに、なりたての24歳のとき事故で頚椎を損傷し、首から下の運動神経を失ってしまったそうです。そこからがすごいのですが、9年にわたる入院期間に口で絵筆をとって絵をかくことができるようになり、詩も添えて作品を作るようになったのだそうです。入院の終わり頃展覧会を開いたら、それが反響を呼んで1991年には郷里の群馬県に彼の作品を集めた美術館ができたというすごいかたです。

絵も良いのですが、詩が素敵で心を打たれました。事故にあったときはまず生き延びたいと思ったのに、生きられるけれど首から下の自由が利かないことになって、一時は死を望んだそうです。自分もその気持ち、少し分かる気がします。いろいろできた自分とできない自分を比較して「事故が無かったら」と「たら、れば」の人生を想像してしまうのです。

展覧会のタイトルは「いのちより大切なもの」。それは「いのちが一番大切だと 思っていた頃 生きるのが 苦しかった いのちより 大切なものがあると知った日 生きているのが うれしかった」という詩からとられました。

いのちが一番大切と思っていた頃、というのは自分のために人生を生きていたときということですね。そして自分以外の人のために生きるのだと思ってから楽になったということだと思います。

自分の存在が誰かを救ったり、勇気付けたりできているとしたら、自分ももっと楽に生きられるかな?そんなことを思いました。

| | コメント (0)

2013/02/21

講習会商法

彩の国くらしレポート 平成24年秋号より

 ある日、友人から「商店街の空き店舗で、日用品がもらえるそうよ。行ってみましょうよ」と誘われた。
 友人と行ったのは、3ヶ月の期間限定の店。中に入ると、前にホワイトボードがあり、いすがたくさん並べられていて、すでに高齢者で満員に近い状態だった。そこでおもしろい話や健康についての話を聞き、日用品を無料でもらったり、安く買ったりした。
 とても楽しかったので、毎日通うようになり、店員もとても親切にしてくれ、仲良くなっていった。
 そんな頃、店員から「これを使うと血流が良くなって、腰痛が治ります。関節痛やがんにも効きますよ。今なら半額です」と磁気付きの健康器具を勧められた。
 「この前の講座で良いと言っていた器具ね。いつも親切にしてくれる店員さんのお勧めだし、半額ならお買い得だわ!」と、ひどい腰痛に悩むWさんは、23万円の器具を迷わず購入した。
 その後も次々に健康食品や布団などを、勧められるまま総額で200万円も買ってしまった。

これは時間をかけてじわじわとりこにする「講習会商法」というものです。実はデイケアへ行く道で複数これと思われる場所があります。いずれもいつの間にかできて、その次にいくと店の前に自転車があふれんばかりにとまっていて、そういう状態が2ヶ月ぐらい続き、やがてあとかたもなく店が消えるのです。年配の方はたぶん行動半径が小さいから気づかないのでしょうが、自分みたいに毎日片道40分も自転車をこいでいるとあちらこちらでみかけます。

「無料」「格安」甘い言葉にご用心。

| | コメント (0)

2013/02/20

飯田ストアー

仕事に通っている施設では、親御さんと同居している人が多いことは以前書きました。しかし円満に同居できている人ばかりではないのだということが分かりました。家族の援助だけで生活するのはムリがあって、経済的な問題から家族としっくりいっていない人もいるのです。経済的な問題はありつつも一人暮らしができている自分は恵まれています。離れて暮らせば病気も良くなる可能性があっても、経済的に自立できないために実家を離れられないというのは苦しいと思います。病院では割と簡単に「生活保護を受ければ」と言いますが、そう簡単ではないと思います。デイケアへ通っている人は半分くらいが生活保護のようです。入退院を繰り返していたり、デイケアへきてもほとんど横になっていたりする人もいるから仕方ないでしょう。自分も診察を受けるだけで疲れ果てて横になる時期がありました。

健常者の日常からは見えてこない障碍者の日常です。

施設から北へ少し行くと「飯田ストアー」という小さなスーパーがあります。以前からここを通るたびに気になっていました。野菜が安そうだったのです。今日お店をのぞいてみました。デイケアのそばの八百屋さんほどではありませんでしたが、セロリ大2本100円、長なす一本39円など安かったので少し買いました。ここの近所は中堅の食品スーパーがいくつもあって、価格競争がきついのですが、それでも生き延びているのはさらに安いからなのですね。

| | コメント (0)

2013/02/19

起床時間

起床時間がまちまち。昨日は4時40分で今日が6時半。7時を過ぎるときもあって、そうなると朝が厳しいです。しかし早く起きたから順調かというと、朝食後どうしても横になってしまうのでそうとも言い切れません。ずっとデイケアの10時の朝の会には参加できていたのに、ここのところちょっと遅刻が多いです。デイケアは多少時間がずれても問題はありませんが、仕事となるとそうはいきません。目覚まし時計が古くて使い物にならないので、新しいのを買って、せめて毎日6時には起きるように目覚ましを書けたほうが良いのかなという気もします。

夜川口駅へ行って3月16日のJRダイヤ改正情報を入手。湘南新宿ラインがいよいよ浦和に停車するほか、赤羽始発の朝の埼京線の一部を武蔵浦和始発にして赤羽始発はほとんどなくなるそうです。3月16日は東京メトロも副都心線と東急東横線の直通運転が始まるので、がらっと変わることになりそうです。

| | コメント (0)

2013/02/18

5回目

午前中から仕事の日、5回目。もうだいぶ慣れてきました。出かける前に夕飯の支度ができました。ただ、きょうはたまたま目覚めが5時前だったからできたこと。毎日となるとやはり難しいと思います。仕事先の施設で「このところデイケアが物足りないです」と相談すると、「体力がついてきたんじゃない?」と言われ、「仕事の時間を増やすことも良いかもね」とのことでしたが、来月大きく環境が変わるので「それがクリアできたら4月以降検討だね」ということに落ち着きました。また暖かくなってくると気候の変化に体がついていけるかということもハードルのひとつになりますからぼちぼちです。ただ、もう夕飯はデイケアで摂らず自分で作って自宅で食べる方向で考えようということになりました。料理が習慣になって「楽しい」というところまで行けば、それはそれでいい展開が期待できるからです。掃除も洗濯もありますしね。

帰宅後手紙書きに没頭。少しイメージが出てきましたが、まだ文章にまとめられません。すごく難しいです。

| | コメント (0)

2013/02/17

四苦八苦

先週から手紙を書こうとしているのですが、言いたい事がなかなか言葉にまとめられなくて四苦八苦しています。インドへ行ったりしていた頃は自分自身を言葉にすることをずいぶんやっていて、その下地があったから長い文章も短い文章も書けたのです。しかしこのところ自分自身を言葉にすることをあまりできていないので、手紙を書こうとすると、自分自身が何をどう考えているかのたな卸しからはじめなくてはならず、すごく時間がかかるのです。きょうはフリーだし書けるだろうと思っていましたが、全然まとまりません。手紙の文面を考えながらちょっと用事で外へ出て、しばらくして「何か変だな」と思ったらめがねをかけ忘れて出かけていたりするなど、混乱もあります。

お心当たりのある方、ちょっと待っていてください。

| | コメント (0)

2013/02/16

氷点下

生活リズムの把握のため(それを主治医に伝えるため)毎日の生活記録を手帳につけています。そこに午前9時と午後9時の気温も気象庁のホームページから調べて記載しているのですが、今晩はこの冬一番の寒さで午後9時のさいたま市の気温が初めて氷点下です。台所で炊事をしていると首がすーすーします。日中の清掃作業時もも、日差しがあるのに寒かったです。

午前中から仕事に行くだけの体力はもうしっかりある感じがします。ただ、それでも朝がちょっとだめです。朝食をとってからどうしても一回横になってしまうのです。昨日はそのせいでデイケアに少し遅刻しました。目は覚めているはずなのに、足元が寒くて布団に足を突っ込むのが良くないです。明日の朝はこの冬一番の寒さだと思いますが、しゃきっといきたいです。

| | コメント (0)

2013/02/15

地域文集

ヒッポではファミリーという活動拠点(たとえば鳩ヶ谷)を束ねる地域というものがあって、川口市内でもリリアでやっているファミリーは埼玉中央地域になり、鳩ヶ谷や戸塚安行は埼玉東地域になります(ちなみに赤羽は池袋地域)。地域ごとにまとまってする活動があるのですが、地域により特色があり、埼玉東の特色のひとつが、年に1回大人も青少年もまとまって1冊の文集をつくるというのがあります。

一昨年は感覚過敏で、文集どころではありませんでした。でも昨年は良くなってきて、鳩ヶ谷はもとより南の草加から北の久喜まで行けたのでそのことを書きたいと思っていました。でもこの間の経緯を短くまとめるのは結構難しく、何回か下書きをしてようやくまとめて先月提出。その文集が出来上がってきょうの鳩ヶ谷ヒッポで手にすることができました。みんなの昨年がよくまとまっていて、結構な分量なのですが帰宅後一気に読んでしまいました。何十人といる書き手のほとんどと面識があることが自分の財産です。みんなの今を知ることができて、良かったです。

| | コメント (0)

2013/02/14

チョコレートムース

きょうのデイケアの昼食にはチョコレートムースがつきました。昨年、入院して退院するときの最後の病院食が同じチョコレートムースでした。ちょうど一年です。いろいろ波はありましたが、まあなんとかここまで来ました。これから2月14日のチョコレートを見るたびに退院したときのことを思い出すでしょう。その前の入院では病院前の白もくれんの花が咲いていたのを思い出します。ずーっと忘れないのですね。

| | コメント (0)

2013/02/13

札幌からの便り

札幌の古い友人から雪祭りの記念スタンプが押されたはがきが届きました。この友人は毎年こういうはがきを送ってくれるのですが、一昨年までは切手のきの字も忘れていたので、「よく送ってくれるな」とは思いつつどんな気持ちで送ってくれているかあまり斟酌できませんでした。一昨年のフリーライター古沢保さんとの再会でこの分野に再び興味がわき、手紙を出すときはなるべく風景スタンプ(消印)で出すようにしてから、その手間が分かり、彼のこだわりも良くわかるようになりました。彼は切手関連の趣味のほかマラソンも趣味で、最近有名な公務員ランナー川内選手と同じ公務員ランナーを目指して、サロマ湖100キロマラソンやら今度24日の東京マラソンなど各種の大会に出場しています。おとといは逓信総合博物館から彼に宛てて自分もはがきを出しました。自分もすっかり文通が趣味となりました。電子メールではなく、こんな時代だからあえて手書きの郵便と言うのも良いのではないかと思います。

| | コメント (0)

2013/02/12

過去記事

うちの中を片付けていたら2008年にここに書いた記事をプリントしたものがありました。それを読んでちょっとびっくり。5年前はこんなことを書いていたんだ!今はここまで頭が回りません。脳の働きが当時と今では全然ちがう感じがします。今は気にしなくてもいいようなことまで感覚過敏で拾ってしまうので、昨年よりは良い体調とはいえ、まだまだです。というか、あのときのテンションが高すぎたのかもしれません。

| | コメント (0)

2013/02/11

展覧会へ

きょうは郵便局でもらった入場券を使って、大手町の逓信総合博物館へ行きました。ふるさと切手の原画の展覧会です。最近の切手は種類が多すぎてとても集める気にはならなかったのですが、原画をみると「いいな」と思って、少しだけ昔の収集熱がでてきました。でも部屋にこれ以上荷物を増やしても仕方ないので、切手の即売もしていましたが買わずに帰ってきました。

電車に乗るときもまだ感覚過敏が少しあって、ドアの上のモニター画面などはなるべく見ないようにしていましたが、まあまあこういうお出かけもできるようになって昨年と較べてもよくなったと改めて思いました。

| | コメント (0)

2013/02/10

手ぶれ

きょうも「生きる」ってすごいことだと思わされました。具体的なことは書けないのですが。いろいろありますね。

自分の手の震えはだいぶ落ち着いたとはいえ、まだあります。以前よりはまともな字が書けるようになりましたが、写真を撮るとたいてい手ぶれしています。手ぶれ防止機能があってもダメ。別な人に撮ってもらうとちゃんと写るから、自分の手のせいでしょう。梅がほころんでいるところがあって写真を載せようと思ったのですが、うまく写らないのであきらめます。

| | コメント (0)

2013/02/09

えー

ヒッポにはときどき「えー!」と思うような人がいてびっくりするのですが、きょうはそういうたぐいの日でした。メンバーさんのご家族が最近亡くなったのですが、その故人が「人生が障碍者福祉の権利獲得の歴史」みたいな方で、きょうはその方をしのんでDVDを見ながらお昼ごはんをいただく会があって、仕事ヘ行く前に午前中立ち寄りました。自分は初めて知りましたが、本もあり、テレビのドキュメンタリーに取り上げられたりした方なのです。

あって当たり前の権利や制度なんて無くて、みんなこういう方がいて勝ち取ってきたものなのだな、と考えさせられました。「勝ち取った」と書きましたが、実は誰でも障碍者になったり身内の人が障碍をもったりする可能性はあるので、結局はみんなのための福祉なんですよね。そういう信念を貫き通した人がこんな身近にいた事に驚きました。

| | コメント (0)

2013/02/08

またしても

きょうも白菜の話題で恐縮です。いつもの八百屋さんで6個買って自転車へくくりつけている人を見ました。かごに2つ後ろの荷台に4つです。ひとつ丸ごとで248円とそこそこのお値段ですが、うちの近所だと4分の1で78円がせいぜいだからまあ安いのでしょう。

デイケアのプログラムではカロリー計算ゲームをしました。くじでひいたカロリー数にするため、食材に見立てたシールを組みあわせて行くというもので、例えば400kcalなら3つ以上の食材の組み合わせで一番400kcalに近いチームが勝ちというもの。こちらでは白菜はありませんでしたが、かぼちゃにしろれんこんにしろ、自分の好きな野菜は、野菜の中では結構カロリーの高いものだと言う事が分かりました。

それにしてもきょうは寒かったです。

| | コメント (0)

2013/02/07

再び白菜

白菜を新聞紙でくるむと長持ちする理由がなんとなく分かったような気がします。4分の1のものをビニールに包んだまま置いていたら、水分が出てきて一番表の葉が腐っていました。またネギと同様、光のある方へ伸びてしまった部分もありました。新聞紙にくるんでおけば水分を適度に吸ってくれるし光が当たらないから、切れ目から葉が伸びてしまったりしないのですね。多少しなびますが、最初の丸ごと買った白菜は結構保ちました。

白菜と言うと鍋しか思いつかないのですが、他に良い料理はあるでしょうか。このところおでん、鍋、カレー、シチューでぐるぐる回しています。

| | コメント (0)

2013/02/06

ホチキス針

きょうの雪は幸い積もらなくて良かったです。気温があと1〜2℃低かったら積もったかもしれません。積もると自転車はアウトです。朝JRは間引き運転をしていたので、電車通勤の人は大変だったかもしれません。

きょうも仕事は予備の自転車で行き、帰宅後いつもの自転車を修理に持って行きました。今回もホチキス針によるパンクでした。ガラスの破片などを踏んだ時は、「あ!」と思ってすぐ止まって点検するのですが案外平気です。ホチキス針は踏んだ事すら気がつきませんが、これが原因のパンクは1年のうちにこれで3回目です。ついでなので予備の自転車も古くなった部品を少し交換しました。予備とはいえ結構活躍しています。もう少しいたわってあげたいと思います。

| | コメント (0)

2013/02/05

災いか幸いか

今朝デイケアへ行こうとすると、なんと自転車の後輪がまたパンクしていました。昨日の帰り道何かを踏んだようです。今回も途中で走れなくなるようなことはなかったのが幸いでした。予備のお古の自転車でデイケアへ行きました。帰り道、今度はデイケアで聞いていたiPodのイヤホンのコードが後輪に絡んでひきちぎれてしまいました。これもiPod本体は大丈夫だったので致し方ないでしょうか。しかし昨日は友人が通勤途中坂道で転倒し顔から突っ込んで痛々しい姿になっていたし、一昨日は掃除の最中に職員さんが掃除機のコードに足を取られて転倒。インフルエンザにかかってしまった人も周囲にちらほら。

ちょっと気をつけた方が良さそうです。

| | コメント (0)

2013/02/04

ぼろがぼろぼろ

きょうは内科の診察日だったのでうちを8時半に出て行きました。終了後は仕事場へまっすぐ行き、清掃作業へ。

午前中の仕事内容は午後に較べるとかなり軽いです。自分は午後4時間から始めて午前へ延ばしてきたから適応できますが、午前中だけだった人が午後まで延長するのはハードルが高いと思います。自分が午前中の仕事へ行くための問題は、仕事の中身ではなく、食事の支度や洗濯などの家事を8時半までに終わらせる事です。週1回だから出来ますが、週3回だと結構きついと思います。

清掃作業では漂白剤を多用するので、作業着の色がどんどん抜けてしまいます。色落ちしても良いようにぼろ靴やぼろズボンをはいていますが、靴の方がとうとうぼろぼろに。もったいないけれど別の靴を作業用にしないとならないようです。

| | コメント (0)

2013/02/03

やればできるさ

「人生ここにあり」という映画のDVDを見ました。これはイタリアの映画で、原題は「やればできるさ」。イタリアは精神病院を全廃した国として知られますが、この映画はそのきっかけとなった出来事を実話をもとに作られています。ユーモアあふれ笑ってしまう場面もありますが、精神疾患への偏見や当事者の自殺、薬の多量処方の弊害など笑えない話題もたくさん含まれていて、深い内容でした。一番の感想は「これはイタリア版のべてるの家だ」というもの。

べてるで言えば向谷地さんのようなリーダーが、川村先生のような理解ある医師と共に、万年入院だった精神病患者を組織し起業を試みるのですが、やはり計画通りにものごとは進みません。しかしそこで価値観の逆転が起こって、事業がうまくまわりだすのです。べてるが昆布の袋詰め作業の下請けから始めたものの、かんしゃくを起こしたメンバーの一言で委託先から仕事を引き上げられ、それをきっかけに昆布の直販事業を立ち上げて飛躍したのとだぶります。商品価値のなかったものが一番の売りになるところもそっくりです。さらに精神科施設ではたいてい制限のある色恋沙汰もタブーでないところもべてると一緒です。

病気による障碍があってもそれぞれの人が出来る役割を分担し、お互いが無くてはならない存在になっていくところや、大事な判断はいつもメンバーの合議で決めるところなども「3度の飯よりミーティング」などのべてるの理念と重なります。

今、イタリアではこういう組織が2500もあって、3万人の精神病患者が働いているのだそうです。

とても勇気をもらえる映画でした。

| | コメント (0)

2013/02/02

県道161号線

きょうは仕事が終わってから、南越谷のヒッポでJICAの一泊ホームステイ受け入れの歓迎会があっていってきました。このところ北へ自転車を走らせる事が少なかったので、元日の春日部以来の県道161号(越谷〜鳩ヶ谷線)走行でした。この県道沿いは自分が鳩ヶ谷へ引っ越してからずいぶん変わりました。南はだいぶ前に新井宿駅上を通る道が出来て、浦寺の交差点を通らずに国道122号へ出られるようになりましたが、越谷側も七左町の交差点が付け替えられて、新しい新越谷駅方面へまっすぐに行ける道につながっていました。県道324号の交差点付近は川が埋め立てられて道が広がっているし、草加市内も歩道が広がって走りやすくなりました。東川口駅方面から安行のマミーマートのところへ出てくる道が、安行出羽までつながっている尾竹橋通りとつながると、またがらっと変わるでしょう。あのマミーマートは、父が晩年焼きたてパンの技術指導で通った事のある店なのですが、建て替えられてすっかりきれいになりました。向原や門下町のバス停近く、西友がある辺りの歩道が広くなるともっと走り易くなるのですが、あそこは当分変わらないかな。

それにしてもきょうは暖かで、仕事も自転車こぎも汗だくでした。夕方もだいぶ明るくなって、春の兆しを感じました。

| | コメント (0)

2013/02/01

住所表記

自分の運転免許証は今年更新なので、住所表記がまだ鳩ヶ谷市のままです。ここのところ身分証明書を出さなければならない手続きがいくつかあって、免許証を出すと「住所が違うからダメです」と言われて「おいおい・・・」と思います。さすがに川口市役所では鳩ヶ谷市のままの住所表記でも通用しましたが、市外へ出るとダメです。特に旧本町、緑町、南は川口市に同名の地名があるため鳩ケ谷本町、鳩ケ谷緑町、南鳩ヶ谷と変わっています。免許証を出して「合併しただけだ」と主張しても、町名が違うからダメと言うところがあって、「そんなの川口市の都合じゃないか」と思ってむっとしたり。町名変更を知らされたのは合併の1ヶ月前で、しかも川口市の本町、緑町、南町は変更が無いと知ったときは「うむむむ・・・」と思いました。なぜ旧鳩ヶ谷市民だけわざわざ武南警察署まで行って表記の訂正を受けなければならないのでしょう。

なーんてね。今さらそんなことでいらいらしても仕方ないのですけれどね・・・。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »