« 消えゆく風景 | トップページ | 物足りなず »

2012/09/23

お米のごはん

図書館で借りてきた日経ビジネス6月18日号を読んで、背筋が寒くなりました。「早期退職の経済学」という特集なのですが、会社勤めの自分たちの世代がおかれている厳しさは、仕事の見つからない若い人と同じくらいだと思いました。自分が仮に20代で結婚して子どももいて、あの当時のまま死にものぐるいで働き、今この歳で挫折と言うことになればダメージは自分が今まで経験してきた以上のものになったでしょう。早いうちに人生のダウンサイジングをしたのは良かったのかもしれません。若いうちにやりたいこともできたし、とりあえずお米のご飯が食べられてなんとかやれていることに感謝です。テレビや雑誌などあちらこちらでうつ病の特集を見かけるのも、そういう背景があるからなんですね。

外出はだいぶラクになりましたが、活字を追って行くのは1時間が限度、それも午前中はムリです。古いパソコンの家計簿のデータを見つけて、記憶ツールに書き出せないのでいつも使っているパソコンに入力しなおすなんていう作業をしていますが、それも1時間が限度。休み休みぼちぼちいけば良いか。

|

« 消えゆく風景 | トップページ | 物足りなず »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消えゆく風景 | トップページ | 物足りなず »