« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/30

きょうの「ツツジ」

きょうの「ツツジ」
朝4時半に目が覚めましたが、少しゆっくりして5時半起床。ラジオをつけるまできょうが振り替え休日なのに気がつきませんでした。なぜならデイケアは普通にあるから。

あちらこちらでツツジが咲き出しています。デイケアへの道で一枚写真を撮ってみました。

23時に寝て5時半くらいに起きる生活が定着しそうなこのところの体調です。なんでこうも良くなったのやら。

| | コメント (0)

2012/04/29

きょうの「着実」

今朝も5時半に目覚めたものの、昨日の反省から少し布団でゆっくりし、7時前から活動開始しました。きょうも本棚整理して、処分する本を選び出したりの作業を続けました。着実に整理が進みそうです。「積ん読」の本も一冊読み終わりました。

それにしても暑いです。先週の日曜は21時のさいたま(アメダス)の気温が10℃丁度だったのに、きょうは19.7℃。昨日と較べても4℃高いです。体調維持もむずかしい局面だし、食料品の管理にも気を使わなければならないでしょう。なんだか「春」が駆け足で通り過ぎ、「初夏」という感じですね。

| | コメント (0)

2012/04/28

きょうの「大整理」

今朝は3時半に目が覚め、そのまま活動開始してしまいました。5時には夜も明けて気持ちのよい朝。勢いに乗って本棚の整理を始め、いらない本を片っ端からアマゾンへ出品。値段がつかないものは潔く捨てる段取りで作業がずんずん進みました。が、午後はさすがに疲れ、夕食をとったら眠くなってうとうと。やはりあまり早起きすぎるのも考えものか、と思いました。作業もまだ途中ですが、また明日やります。

| | コメント (0)

2012/04/27

きょうの「スタンプショウ」

昨日も寝るのが少し遅くなったのですが、今朝は5時に目が覚めてしまい、あまりにも早いので少し横になっていたらかえってさっぱりしなくなってしまいました。それでも6時半には動き始めました。もう早寝をしなくても、普通の睡眠時間(6時間くらい)で十分なようです。昨年の今頃は10時間以上寝ていたように記憶しています。すごい改善ぶりです。あまり早く寝ると起きるのも早くなりすぎそうなので、きょうは用事はないけれど少し夜更かし(というかみなさんが普段寝ておられると思しき時間まで)しようと思います。

きょうは午後デイケアを抜け出し、浅草で開催されている「スタンプショウ」へ行ってきました。1970年代から1980年代の切手ブームの頃に切手を集めた方は多いと思います。自分も郵便局へ並んでお小遣いで切手を買って集めていました。就職する頃にはブームも去って自分も切手収集はやめていましたが、風景印という消印は旅先でよく押してもらって記念にしていました。このところはそれどころでない体調ですっかりご無沙汰でしたが、先日も「テレビで見た」と書いた当時からの友人、古沢保さんのお誘いのメールを頂き、ちょっと顔を出しに行ったのです。会場は昔と変わらぬ熱気で、好きな人は今でも熱心に集めているのが良くわかりました。このイベントは毎年この時期に開催されるのですが、自分が最後に訪れたのは10年くらい前だと思います。当時1970年代以降の切手は切手商でも額面で売られるほど価値が落ちていましたが、きょうびっくりしたのは1960年代以降の記念切手が一部の店で額面の9がけで売られていたことです。先日買い取り業者で聞いたら「記念切手の買値は額面の6がけ」と言っていましたから売値もそんなものかとも思いますが、コレクター向けの売店でも額面割れで売られるようになるとは思いませんでした。読んでくださっているみなさんの中にもブームの頃の切手をまだお持ちの方はいらっしゃると思いますが、郵便で使えるものは使ってしまったほうが良さそうです。切手のカタログと風景印のカタログ、古沢さんの最新刊本の3冊を買ってきました。荷物を増やしたくないしお金もないので、切手などをまた集めることはしないと思いますが、文通などで使うのにはいいので参考にしたいと思います。年賀状のやりとりが続いている札幌の知人も来ていたので、本当に久しぶりにお会いして少し話をしました。4月7日のお花見といい、一昨日の送別会といい、きょうといい、久しぶりの人と会うのが多いこのごろという感じです。

| | コメント (0)

2012/04/26

きょうの「人生それぞれ」

昨日は2時間くらいのつもりで送別会に参加しましたが、大変盛り上がって4時間も話がつきませんでした。帰宅が深夜になり「さすがにダメかな」と思いましたが、今朝も5時半起きで普通に家事をこなしてデイケアに行くことができました。何年も会っていなかった人たちばかりなので、その後の人生もそれぞれ。答えなんかなくて、その時その時を精一杯生きるしかないんだなあとおもいました。

| | コメント (0)

2012/04/25

きょうの「送別会」

昨日は診察があったので、「何でこんなに調子が良くなって過敏もなくなったのか?」と主治医に聞いてみましたが、「陽気のせいかもしれませんね」と答えになっていない返事。医者って何なのだろうと思ってしまいました。自分のいとこに大学の医学部で勉強中の医者の卵がいるのですが、あるとき「病気って治らないものなんだなと思う」とつぶやいていました。

きょうは、昔勤めていた会社の上司が親御さんの介護のため単身実家のある山口県へ帰るというので、デイケアが終わってからその送別会です。自分は飲んでいる薬の量が多いのでノンアルコールですが。何年も会っていない人たちなので、どんな感じの集まりになるか分かりません。たまたま勤めている当時から通っている歯医者さんから連絡をもらいました。3週間前だったら「へとへと」でとてもムリだったでしょうが、きょうは余裕があって大丈夫そうです。

| | コメント (0)

2012/04/24

きょうの「みどり」

きょうの「みどり」
昨日と気温が10℃差で、先月ならば疲れでヘロヘロだと思いますが、きょうも6時前に起きて余裕です。自転車での道のりも快適でバスよりもよほど気持ちよいです。あまりに余力があるので、デイケアの近所にある公園のみどりを写真に撮ってきました。ツツジがもうすぐ咲きそうです。

昨日気がつきましたが、赤羽方面からの122号線の道路標識から鳩ヶ谷の文字が消えて上から浦和I.Cに書き換えられています。旧鳩ヶ谷市内の道路標識には川口の表示が残っていてなんだか変な気がします。

| | コメント (0)

2012/04/23

きょうの「新入生」

今朝は5時半起きで調子も良いです。きょうはバスでデイケアへ。昨年はバスの窓から外を眺めるのが苦痛でずっと下を向いていましたが、きょうは全く平気で、ヒッポのCDを聞きながら余裕で行く事ができました。

病院で今年も新入生が入り研修でデイケアへも来るようになりました。

さすがに病院だなぁと思うのは健康診断の念入りなこと。研修の合間にしじゅう検診があり、看護師の場合は採血も自分たちでやっています。自分たちが新入生だった頃は、検診もレントゲンは撮ったけれど採血まではしていなかったように思います。

| | コメント (0)

2012/04/22

きょうの「たんぽぽ」

なんだか、もうきっと大丈夫と言う気がします。すぐに薬をやめるわけにはいかないでしょうが、もう悪くはならないような気がします。

たんぽぽがたくさん咲いてきれいでした。

| | コメント (0)

2012/04/21

きょうの「あっという間」

きょうは朝から川口の中央図書館へ行きました。図書館は駅前。昨年は川口駅周辺へ近づくだけでかなりのストレスを感じ、キュポ・ラ5階の図書館の窓から外など見ようものならくらくらしました。しかしきょうはなんだか平気です。気になっていた週刊ダイヤモンドの今週号(保険の特集)を見て、大丈夫そうなので東洋経済とエコノミストにも手を出し、やはり大丈夫なので思いきってバックナンバーを借りてきました。鳩ヶ谷市民は川口の図書館で借りることはできないと勝手に思っていましたが、実は良かったみたいで、でも川口市民になったので大手を振って手続きしてきました。図書館で本を借りるなんて何年ぶりでしょう。

午後は読書と調理で時間を過ごしました。本が読めるようになったら、今までは有り余るような気がしていた時間が今度は足りなくなってきて、あっという間に「いちにち」終わりです。

| | コメント (0)

2012/04/20

きょうの「梨の花」

昨日のNHK首都圏ニュースで神川町の梨畑で花が咲いて、地元の小学生が受粉作業を体験したというのが紹介されていました。昨年は見るのが難しかったテレビニュースを見ても平気になってきたようです。埼玉県で梨の産地と言えば蓮田や白岡、久喜、菖蒲、春日部が思い浮かびますが県北でも作っているのですね。きょう電車からも梨畑に花の咲いているのが見えました。大丈夫そうです。

| | コメント (0)

2012/04/19

きょうの「懐かしい本」

今朝は数日ぶりの6時起床で、順調でした。

デイケアの休憩時間に読書をしていましたが、その本とは、「アジア雑貨仕入旅」という1990年発行のもので、仲屋むげん堂というアジア雑貨屋さんの本です。その当時良くお店に行って、スパイスやお香を買っていました。その頃からインドやネパール、タイといった地域に漠然とした憧れを持っていたのです。まさか自分が本当にインドに行けるとは思ってもみない事でした。実際に行って、改めてこの本を読むと、「そうだったのか」と思う所と「そうなんだよね」と納得する所がありました。たまたま飛行機が立ち寄った香港の林立する高層アパートの束の事が触れられていて懐かしかったし、エアー・インディアの客室乗務員の事も「そうそう」とうなづいてしまいました。デリーでトンガという馬車があったらしいですが、これは自分の時は無く、逆に地上も走る地下鉄が当時は無かったと思います。タクシーも日本車は無かったらしく、スズキのオムニだらけだったガントクのタクシー乗り場は最近になっての風景のようです。しかしながら本を読み返して今振り返ると「良く行ったものだ」と思います。英語とカタコトのヒンディー語だけで、インド滞在1ヶ月。トラブルが最小限で済んだのは運が良かったのだなあと思います。

しかしこのむげん堂の本がまだあるというのが今の我が家の状態を示しています。以前読んだ時に使ったらしき落ち葉をしおり代わりに、しばし旅気分を味わいました。インド一人旅の時の負けん気が思い出され、「めげるものか」と少し元気になった気がします。

| | コメント (0)

2012/04/18

きょうの「同じ症状」

同じデイケアに通っている人の中に、埼玉県の郡部から来ている人がいる事が分かりました。「よく通っているなあ」とびっくり。鳩ヶ谷から自転車で30~40分かけて通っている自分は、決して近いほうではないけれど「遠い」と言ってもたかが知れていると言った感じでしょうか。

きょう話をした人の中に、自分とそっくりの症状で悩んでいる方がいました。別に死にたいわけではないけれど、駅のホームに立っていると線路に吸い込まれそうな気がしてベンチがなくても座っているんだとか。それは数年前の自分の症状とそっくりで、だからあの頃「南北線や埼玉高速のようなホーム柵をJRも作って欲しい」とこのブログで書いていた記憶があります。自分は柱にしがみついて電車を待っていたものです。そして最近の自分の視覚的聴覚的過敏状態をその方も今現在抱えていて、街を歩くときも電車に乗るときも足下の方を向いてなるべく刺激を受けないようにしていなければならないのだとか。街中から離れたところのほうがラクというところまでそっくり。主治医に伝えてもなかなか分かってもらえないというところも一緒で、お互いに「自分だけじゃないんだ」と少し安心しました。自分の過敏は収まってきているので、その方のもひょんなきっかけで収まるかもしれません。

そんな話もできるようになって、だいぶラクになってきました。

| | コメント (0)

2012/04/17

きょうの「どちらから」

デイケアで、こちらはじっとしていてもメンバーさんとあれこれ話す機会が増えてきました。で必ず住んでいるところを聞かれるのですが、「川口」と答えるか「鳩ヶ谷」と答えるか考えてしまいます。鳩ヶ谷を知っている人には「鳩ヶ谷」と言ったほうが具体的ですが、遠方から通っている人は「鳩ヶ谷」なんて知らないだろうと思って「川口」と言ってみたり。「川口」の知名度はやはり高いです。しかし「川口」は広いのでそ、そう聞いてどこを想像するのかなあと思ったり。

そう、話をしたりするのも苦痛ではなくなってきました。テレビがついている時に近くヘ行っても案外平気です。

| | コメント (0)

2012/04/16

きょうの「兆し」

今週は3日程電車移動をします。電車に乗るのも、ターミナル駅の人ごみを抜けるのも大丈夫なように思えます。混む時間帯の電車はちょっと苦手意識もありますが、それは誰しもあるでしょう。

きょうは、いつもはうるさいと感じられる人々や空き時間についているテレビの音もあまり気にならないようです。

ヒッポのCDも以前ほど意識せずに電車や自宅で聞けています。これは良い兆しだと思います。

| | コメント (0)

2012/04/15

きょうの「患者を生きる」

自分の通っているデイケアには、電車で都心を突き抜けて反対側から通っている人がいることも分かりました。しかしながら中身が少々お粗末です。自分が知っている川口市内のとあるデイケアよりはましですが、以前通っていた同じ病院系列のデイケアよりは中身が練られていません。対応も大雑把です。それでも通う人がいるのは救急でこの病院に入院したことがあって、近くに他に良さそうなデイケアが見つからないということのようです。自分も今この状態でよそに行くことは考えにくいです。よそヘ行くということは診察先も変えることになり、そこでは「いち」から今までの経緯を説明しなければならないからです。過ぎたことや先のことをじっくり考えたりすると、今の自分の場合確実に調子が悪くなります。なにしろ深く考えずに「まいにち」を「流していく」しかないのです。

今でも同じ時期に入院していた方で「その後どうしているかな」と思う人がいます。その方は大抵の方が知っている大きな会社で総務か何かの仕事をしていたらしく、数ヶ月後に役員のお供でヨーロッパ出張の予定があったのだそうです。出張はムリとしても「3月の決算までには復職しなければ」といっていて、実際入院中ぐんぐん良くなって明るくなって患者さん同士のトランプゲームでも声をかけるほうの人でした。ところが、3泊4日で自宅に試験外出してからまったく顔つきが変わってしまいました。感情が失せ、言葉を交わすのもやっとという状態。ご本人の話によれば奥さんが病的な潔癖性で、電車のつり革につかまれない、外出先の洋式トイレが使えないという状態で自分とお子さんの衣類は自宅で洗濯もするのにこの方のものはだめで、この方は実家へ宅配便で洗濯物を送り洗ってもらっていたというのです。奥さんは病院へ見舞いにくるのも「手荷物を預けさせられるのがきたならしくてだめ」という理由で、看護師さんを通して電話でやり取りするといった状態でした。そのしんどさが3泊4日の自宅外泊でぶり返してしまったようなのです。

自分も病気を発症するに至る過程でかなり過酷な状態にいたこともあり、他人事に思えませんでした。聞くところによると3月に復職どころか3月になっても退院できなかったようです。休職せざるを得なかったでしょう。休職しても自宅がそんな状態では自宅療養すらできないでしょう。

こんな話がごろごろ転がっているのが病院とデイケアです。でもこういうのは自分のような病気に限らないというのを朝日新聞の「患者を生きる」という連載を読んで思い知らされました。

| | コメント (0)

2012/04/14

きょうの「鶏肉料理」

今朝の起床もすんなりとはいかず、1時間半くらいかかりました。きょうはデイケアへは休みで行かないのでそれはそれで良しというところ。夕食に「鶏肉のトマト煮」を作ったのですが、胸肉100グラム35円の特売で400グラムも買ってしまったために、明日までに食べきれるか微妙な線になってしまいました。夕飯時に食欲がわかなかったのは日中「いのちに触れる 生と性と死の授業」鳥山敏子著を読んだことも理由のひとつ。小学校4年生の授業で「鶏を絞めて、その場で調理して食べる」というのをやった話で、「こういうことは大切だ」と以前に感じて買ったまま積ん読になっていたのでした。この本では豚や牛の飼育にまつわる話や、原子力発電所の作業員の話も出てきて、特に原発の話題は今読むと殊更に考えさせられる内容でした。一部を引用したいくらいですが、そのエネルギーがないのでやめておきます。

とにかく積ん読の本をなんとかするのが喫緊の課題です。自宅だと読めるのですが、デイケアだと疲れてしまって中身の深い本は読めないのです。それでも自宅なら読めるのは大きな変化です。

前日と10℃も気温差があると健康な人でも体調を崩しますね。今週月曜から気温がグンと上がったら、デイケアの看護師さんが2人も体調不良でお休み。きょうは昨日より12℃も下がりましたから病人はなおさら大変です。でもいまのところ自分は大丈夫なようです。

| | コメント (0)

2012/04/13

きょうの「そもそもムリ」

鳩ヶ谷のヒッポがある金曜日。行けるかなあと思いながら昨夜寝ました。今朝は少々不調気味。時間的には問題なくデイケアへ行きました。しかしデイケアでいろいろと考えさせられることが起きて、気分も落ち気味。しかし落ちきらないのが入院前と違う点のひとつでもあります。帰宅は追い風にのって早かったのですが、やはりきょうこれからヒッポはムリと判断。数日前には一日過ごすだけで手一杯と書いているくらいなのに、別に活動をもうひとつ増やそうというのがそもそもムリだったか、残念。

| | コメント (0)

2012/04/12

きょうの「落ちない」

今朝は6時過ぎにはすっきりと起きて、8時過ぎには出かけてしまうほどでした。読書も少しできましたが辞書を引きながら英語を読むのはだめでした。なかなか先の展望が見えない中、気分が落ちずにデイケアが続いているのは、薬が効いているせいなのだろうと思わずにいられません。

昨日の雨と風で散るかと思いましたが、坂下町の見沼代用水沿いの桜は散りつつもまだ咲いていました。

| | コメント (0)

2012/04/11

きょうの「桜の写真」

今朝は起きるのはかなり大変でしたが、昨日より日中は余裕があり、夜にはこの数日で撮った桜の写真をfacebookにアップロードしたりすることができました。技術がないのでイマイチ良い写真がないのですが、昨年は花見どころではなかったので(社会的にも自分の体調的にも)そんなことができて良かったかなと思います。

自分と同じ頃入院していた人の1人がきょうデイケアの見学に来ていたので聞いてみると、自分が退院して以降もずっと入院していて明日ようやく退院とのことでびっくり。何日入院していたのでしょう!自分が一番遠いと思っていましたが、電車とバスで1時間以上かけてデイケアまで通っている人もいて、またびっくり。自分の知人で自分とは違うデイケアへ片道2時間以上かけて通っている人もいることも分かりました。そちらのデイケアでは認知行動療法の講義などもあって中身が充実しているらしいのですが、自分にはちょっと通えないくらい遠いので残念です。

| | コメント (0)

2012/04/10

きょうの「手一杯」

昨日ほどではありませんが、きょうも「いちにち」過ごすだけで「手一杯」といった調子でした。しかし休憩時間に少しだけデイケアの周辺を散歩して、散り際の桜をみました。診察があって、主治医がまた薬を増やそうとするので断りました。今でも多いと思っているのに。ただこれだけ疲れていても気分があまり落ち込まないのは薬の効果だろうなとは思います。

| | コメント (0)

2012/04/09

きょうの「突っ伏す」

昨日うたせ湯で背中をほぐしたおかげで、こりのほうはだいぶ和らぎました。しかし疲れは相変わらずです。きょうは休憩時間に机に突っ伏してしまいました。それでも横にならないだけマシですが。デイケアの職員も様子を見てくれていたようで「続けるうちに確実に体力がついてきているし、これからもっとついて、次のステップへ進めますよ」と励ましてもらいました。日中気温が25℃くらいまで上がったようで、季節の変わり目ということもあるのかもしれません。

| | コメント (0)

2012/04/08

きょうも「桜見物」

今朝は昨日ほど大変ではありませんでしたが、やはり疲れがべったりと体に張り付いている感じでした。夕方プールヘ行ってマッサージみたいなことをしてきたので、明日は少しラクかもしれません。昨日に続いて桜を見に、グリーンセンター脇の見沼代用水の桜並木や荒川大橋の赤羽側にある桜並木などを見に行きたかったのですが、ちょっとダメでした。オートレース場横はちょっとした用事で通ったのでそこの桜もきれいでした。蕨へ行ったのですが、帰り道県道蕨鳩ヶ谷線の方向標識で「鳩ヶ谷」の文字が消されて「国道122号線」になっていたのに気がついて、少しがっかりしました。

| | コメント (0)

2012/04/07

きょうの「桜見物」

朝、背筋のこりがひどくて3時間くらい起きられず、うんうんうなってようやく8時半頃起きることができました。日々の疲れがたまっているようです。しかし午後は持ち直したので自転車を片道1時間ほどこいであちらこちらの桜を見に行きました。ほんとうにいたるところに桜があって見事に咲いていました。ただ、花冷えというのか、寒くて冬服を着ていきました。それでちょうど良いくらい。月曜日に一気に10℃くらい気温が上がる予報で、体調を崩さないようにしないといけませんね。

| | コメント (0)

2012/04/06

きょうの「信じて待つ」

疲れがひどく朝からばて気味でしたが、きょうもいつも通りデイケアへ。しかしきょうは疲れで読む気が起きず時間の過ごし方がむずかしかったです。ふと思い出したのが昨年通っていた4時間作業でのこと。あそこでもある日「こりゃ行ける!」と言うときが必ず来て、それがステップアップの機会になると言われたのでした。「あ、大丈夫」という日が来るというのと似ています。信じて待つしかないということでしょうか。

| | コメント (0)

2012/04/05

きょうの「衣装替え」

きょうもクタクタ。天気予報から夕方雨に降られるかと覚悟していましたが、降られなかったのは幸いでした。暖かくなってあちらこちらで桜の咲いているのが見られるようになりました。真冬の格好で今まで通っていましたが、そろそろ衣装変えの時のようです。

| | コメント (0)

2012/04/04

きょうの「長期戦」

いちにちをただ過ごすだけでエネルギーの8割を使ってしまう今のような生活がいつまで続くんだろう、とデイケアで聞いてみました。次のステップが踏めるように疲れがとれてくるまでにはまだ時間がかかるらしく、よくなったり悪くなったりをくりかえし波打ちながらいくようです。その頃には「あ、大丈夫だ」と自分で思えるくらいになるそうで、それは先日電車に乗っていて「あ、大丈夫かも」と思えた瞬間と似ているのかもしれません。過敏がとれるのも良い兆しのようです。診察の時に主治医が言ってくれればもう少し納得もいくのに。やはり長期戦は覚悟しないとダメかも。

| | コメント (0)

2012/04/03

きょうの「台風並み」

台風並みの大荒れの天気ということで、デイケアは時間を繰り上げて終了になりました。停電になってもおかしくないような突風が吹いていてすごいですね。昨日ほど起きるのは大変ではなかったものの、疲れは相変わらずです。でもきょうは自転車移動でよかったと思いました。

| | コメント (0)

2012/04/02

きょうの「焦りは禁物」

朝目が覚めると、両側の肩甲骨あたりがものすごくこっていて、うなりながら30分くらいかかってようやく起き上がりました。まあそれでも7時なので、良しとするか、という感じです。自転車でデイケアに行くと、自分より前に退院してハガキをもらっていた人がデイケアの見学にきていてびっくり。再入院してきょう退院だとか。自分がいたときも再入院だと言っていたので「再々入院」になってしまったようです。「大変だなあ」と思いつつ、「デイケアで知っている人が増えるのは良いか」とも思いました。帰宅してびっくり。もう1人手紙のやり取りをしていた人から「再々入院しています」との手紙が来たのです。自分と病気の種類は違うのですが、ちょっとショックでした。「快復して行くというのはむずかしいですね。自分も長いので「また入院にならないようぼちぼちいこう」と改めて思いました。焦りは禁物。

| | コメント (0)

2012/04/01

きょうの「こざっぱり」

きょうも一冊本を読んでしまいました。森田ゆり著「子どもと暴力」という本で、前から読もうと思っていたものです。暴力と言ってもいろいろあって、必ずしも手を出すということには限らないので、そういう意味ではずいぶん自分も苦労してきたなと思わずにはいられませんでした。読んだ本は少しずつ片付けて「こざっぱり」させていきたいです。昨日休んだ分きょうは少しラクにすごせたような気がします。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »