« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011/12/21

きょうの「耐える」

きょうはうつがきつくて外へ出られなかった。横になっている時間が多く、うなりや頭のしびれなどもあり、耐えるのがつらかった。

| | コメント (0)

2011/12/20

きょうの「なんとか」

まいにちうつがきつくて、人から見たら目がうつろに見えるのではと思うほど。エネルギーが足りなさそうには見えるようで、金曜日にそう言われて「やはりな」と思う。そんな中お菓子のギフトをいただいて、なんだか涙が出そうになる。「なんとか」きょうも「しのぐ」「いちにち」

| | コメント (0)

2011/12/19

きょうの「なさけない」

薬のせいというわけではないだろうが、指先がふるえてしまい、つぶれたような字しかかけない。デイケアで年賀状書きをしたが、それが理由でなかなかはかどらない。うつが強いせいもあって、書いていて情けなくなってくる。薬が増えた一年というのも情けない。薬は減らしたい、と強く思う。本や雑誌をまたひとくくり捨てられたのが良かったこと。

| | コメント (0)

2011/12/18

きょうの「クリスマスソング」

きょうもうつがきつくてつらい。AFNラジオのクリスマスソングを聞きながら横になってすごす。

| | コメント (0)

2011/12/17

きょうの「つらい週末」

きょうは2時間作業へ出かけたが、作業している間は良いものの帰宅してからうつが強くなった。きのう臨時で診察をしてもらうことも考えたが、結局薬を増やされるだけだろうと思ってよしてしまった。薬が増えても良くはならない。つらいまま週末を迎える。

| | コメント (0)

2011/12/16

きょうの「少し前向き」

デイケアへ行ったのちヒッポに行く。デイケアではうつが強くて、テーブルで伏せている時間もあるほどだったが、ヒッポヘ行ったら気持ちが少し前向きに変わった。少しエネルギーをもらえた感じ。行けてよかった。

| | コメント (0)

2011/12/15

きょうの「どよーん」

今週になってから連日うつがきつくてどよーんとしている。きついまいにち。

| | コメント (0)

2011/12/14

きょうの「良い効果」

きのうはうつが強くなりかなりきつかった。きょうも良くないが、きのうよりは少しましになった。天気も体調もイマイチだったが、思いきってデイケアヘ行く。行ったからといって何かが変わるわけではないが、考え事が少し減って精神衛生上良い効果。明日も連続で行こうかどうか思案。

| | コメント (0)

2011/12/13

きょうの「///」

かけない。

| | コメント (2)

2011/12/12

きょうの「手探り」

集団認知行動療法を紹介したテレビ放送を録画で見る。やはり本を読んで一人でやるものではないと思う。しかし今の通院先ではやっていない。薬だけでは限界があると思うので別な打開策を探る方向。といっても難しい事だが。手探り状態。

| | コメント (0)

2011/12/11

きょうの「赦す」

自分が自分に厳しすぎるのではないか、と人に言われる。もっと自分を赦してあげればラクになれるのではとも言われる。自分はイチイチ否定してしまう、自分を大事に考えられないことが多いが、そうではなくダメでも失敗しても赦せばいいのかもしれない。

| | コメント (0)

2011/12/10

きょうの「落ち気味」

けさはこの冬はじめて氷点下になった。寒くて目を覚ます。午前中はなんとかしのいで、午後からは2時間だが作業へ行き「いちにちいちにち」の「いちにち」を積み重ねてくる。先週は気持ちも前向きだったが、きょうはちょっと落ち気味。それでもやはり何かこなしてくると気分は違う。

| | コメント (0)

2011/12/09

きょうの「何を信じれば」

今度の主治医はやたらと薬を出す。きょうの診察で以前飲んでいた抗うつ剤を以前の量以上に出された。それで前の主治医が出していた新しい抗うつ剤は減っていない。薬学部を出て医学部に入り直したという経歴の持ち主だとのことだが、「カウンセリングとの併用はどうか?」と聞くと「カウンセリングは医学ではない、気の持ちよう程度に使うもの」といわれ、「認知行動療法はどうか?」と聞くと「これが良い」と一冊本を薦めてくれただけ。前の主治医よりダメだと思う。何を信じればいいのかわからない。

| | コメント (0)

2011/12/08

きょうの「しこり」

きょうはお天気が悪く、あえて外出しなかった。認知行動療法に関して調べたら、最近はずいぶんといろいろなものがあるようで参考になる。「きっかけ」として効果があるかどうかはわからない。カウンセリングを受けてみたいような気分にもなる。前の主治医からは「何かに取り組んでいるときは、あまり心の中をいじらないほうがいい」と言われたが、やはり心理的なしこりを感じる。どうするか思案。

| | コメント (0)

2011/12/07

きょうの「きっかけ」

「うつ」が抜けた状態が昨年5月なら、あの状態にたどり着きたい。すごくラクだった記憶がある。あまりにも「うつ」がはりついたままの状態が長いので、苦しみから抜けられないのではないかと思ったりもする。苦しい状態が長く続くと新しい環境に出て行くのが恐くなることがあるのだ。でも新しいラクチンをめざしたい。薬では根本的に治ることはないと思う。症状の緩和をしているだけ。何かきっかけがあるような気がする。どこにあるその「きっかけ」。

| | コメント (0)

2011/12/06

きょうの「画期的」

「何をいまさら」と言われそうだが、「うつ」でなければうまくいかなかったことや将来不安などでいちいち自分を全否定しないのだなあ、と瞑想(メディテーション)をしてふと思う。それは今の自分にとって「画期的な事」だ。そのくらい「うつ」が体に張り付いている。ふと処方箋の出ないくらい状態の良かった昨年5月の記録を読むと「きょう一日安寧ならばそれで良し」と書いてあって、確かに数日はそう思えたのを思い出す。あのときの感じが「うつが治る」感じだとすれば確かに気持ちいいだろうなあ。「他人のために、将来のために生きない」ともある。調子が悪いときは自分が母のために生きている気がする、というか病気になるまでずっとそうで、最近またそんな気持ちになっている。体の症状(朝が苦手)と心の症状がある。

昨年5月の状態を目標に「うつ」から抜け出したい。そうすればムリしなくても何かできる。そう思った.

| | コメント (0)

2011/12/05

きょうの「一日一日」

あまりにもつらくてきょうは瞑想(メディテーション)はできなかった。何でこんなにつらいのか、と思う。お天気がよかったのでデイケアへ行く。先の不安が強く、少し相談してみるが「コンスタントに来られるようになって、はじめてその先があって、まずは一日一日でしょう」と言われる。続ける一日一日。

| | コメント (0)

2011/12/04

きょうの「メディテーション」

しばらく瞑想(メディテーション)をしていなかったが、きのうから再開させた。じっと呼吸できる時間は少なく、あくびが出てきたり、苦しくなってスムーズに呼吸できなくなったりする。でも30分くらいやっていると少しすっきりしたような感じになる。詰まっているこころのゴミが少し押し流せたような、そんな感じだ。こころが淀むのは部屋に本やものが多いことと関係あるかもしれないが、こちらはなかなか捨てるのがむずかしい。どっと捨てられたらこころもすっきりするかもしれない。きょうはとりあえずそう思うところまで。いつまで続くかは分からない。

| | コメント (0)

2011/12/03

きょうの「結び目」

お昼に食べた冷凍コロッケの生産工場の住所が宮城県の女川町になっていた。ひょっとすると震災で津波が押し寄せたところかもしれないと思って、やるせない気持ちになる。

きょうは4時間作業を2時間こなしてくる。この2時間をまた少しずつ延ばして元通り4時間出来るようになることが、今の局面を打開する方法のひとつだと強く思う。まだムリはできないが、魔法がかかったようにあれもこれも改善する期待をするのが無理ななのだから、ひとつひとつ結び目をほどいていくしかないような気がしてきた。こういう気持ちが維持できるといいのだが。

| | コメント (0)

2011/12/02

きょうの「続くゆううつ」

雨が降ってもたいしたことなさそうなので、デイケアまで自転車で行く。買い物して帰ってくるともうヒッポには間に合わない。きょうは寒い上に少し風があって、これからデイケアヘ行く時毎日こんな感じだろうと想像された。手袋だけでなく耳当ても欲しいくらいだった。

先のことが決まらないと様々な手続きも進まず、不安を抱えたままでどうしたら良いのか分からない。その上診察は2週間おきで、薬の副作用もあってゆううつな感じが続く。

| | コメント (0)

2011/12/01

きょうの「昨年の今頃」

天気予報どおり寒くなる。きょうはデイケアには行かず用事をいくつか済ませてきたが、いよいよ手袋が欲しくなる。去年の今頃もつらかったが今年もつらい。昨年はまだ英文を読んで訳したりというようなことをやっていたしヒッポにもがんばって行っていた。今年は頭を使うことが思うようにできない。昨年の年越しがほんとうにつらかったのを思い出す。あまり思い出さないで淡々とまいにちすごせれば○。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »