« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

きょうの「くたくた」

疲れがひどく、午前中から「くたくた」。多分気候の変わり目で体力を使っているのだと思う。「まいにち」生活そのものもがんばっているのかもしれない。なかなか自分ではそういうことは分からない。

それでも清掃奉仕へ行く。「ありがとう」「ご苦労様」と声をかけてもらい、終わればそれなりの充実感もある。今は集中して作業できるのは1時間半から2時間。休みをはさめば4時間くらいはいけるか。ただ、これも一生懸命やりすぎの感もする。もうちょっとのんびりでもいいのでは。

奉仕先の前に桜並木があり、少しだが咲き始めていた。

| | コメント (0)

2011/03/30

きょうの「ばたばた」

きょうは昨日までの疲れがどっと出る。しかし一応生活リズムに乗っているところが以前とは違う。休んだり片付けたり、食事を作ったりとばたばた過ごして「いちにち」なんとか乗り越える。疲れた。

夕方川口市立図書館へ行ってみるが、18時までだった。新聞を読んでみたい。明日は「清掃奉仕」。

| | コメント (0)

2011/03/29

きょうの「サイクリング」

今日は診察。自転車で行く。風向きによって1時間半くらいかかる。からだを動かす意味でもちょうど良い。先月、診察がちゃんと受けられないほど疲れ果てていた時よりはずいぶん良いと思う。但し診察時以外は音楽を聞きながらでないと、建物にいられない。具合の悪い人を見たくない。用事が済んだらさっさと切り上げる。早くあそことは縁を切りたい。

「普通の人でもあの停電は堪える」と主治医。そんなものか。

じっとしていると滲み込んでくるので、明日どうするか対策を考える。

| | コメント (0)

2011/03/28

きょうの「広い空」

停電対策で15時頃から舎人公園へ自転車で行く。空が広く見えるところにいると、後ろ向きのいやーな気持ちが滲み込んでこない。空の広いところへ行きたい。

昨日もカウンセリングみたいなことをしてもらう。今は「休む」を負担に感じずできるようになることが「仕事」。満たされてくれば自然とやりたいことが見えてくるといわれ、今の自分の気持ちと近い感じがする。空の広いところで今の清掃奉仕くらいのボランティア・お手伝いをしながら1年くらい過ごすと何かが見えてくるのではないか。そんな気がする。「みらい」がみえるかもしれない。

結局今日は停電回避されたもよう。

| | コメント (0)

2011/03/27

きょうの「対策」

先週から「今日は停電」と覚悟していたが、日曜日ということで停電回避。しかし明日は多分停電するだろう。明日はこの間の水曜日みたいに、やることがなくて後ろ向きの気持ちが滲み込んでくる可能性がある。明日の対策を考える。

停電は夏まで続くそうなので、その対策も考える。あまり考えても仕方ない部分もあるが。これこそ「その時はその時」だ。

南鳩ケ谷駅前の生鮮スーパー「グリーンズ」は自家発電機で照明をつけて、停電中も営業するそうだ。小回りがきくみたい。

| | コメント (0)

2011/03/26

きょうの「カウンセリング」

昨日だったか東北道が全線再開された。トラックやトレーラーなど大型車が増え、燃料高騰にもかかわらず国道122号はいつものうるささに戻る。今日は停電していないが、停電で信号が消灯していても容赦ないスピードで飛ばしていくからほんとうにきつい。その音を消すために夜もラジオをつけっぱなしで寝ている。起きてもすぐにはうごけず、耳をふさいで一時間ほどすごしてようやく床を出る。

今日は一種のカウンセリングのようなものを受ける。自分がいかに疲れているか、「どうやるか」はともかく環境を変えた方が良さそうだということを改めて認識する。何しろ「修行」のような「まいにち」だし、楽しかったものを楽しめなくなっている。このところヒッポになんとか行くことはできてもCDを聞くのが苦しい。英語で文章をひねるの読むのもしんどい。少し前までは楽しくやっていたのだが。今月頭に少し鳩ヶ谷を離れてやすませてもらった時には起床のリズムも少し整いかけたが、また午前中がきつくなっている。

多分、もっと「すぽん」とわりきってよく休んだ方が、生きるのも少し楽しくなるだろうし「ラク」に何かをはじめられるのではないか。「修行」の日々を続けていると、また辛さが増してくるという気がする。

| | コメント (0)

2011/03/25

きょうの「うごいていれば」

動いていれば後ろ向きの気持ちは滲み込んでこない。自分は常に動くことで「みらい」を拓いてきたはずなのだ。今のデイケアは、言うことを聞かせて枠にはめようとしているような感じがする。

そうは言いつつ計画停電は長期化するとのことで、一時中止になっていた自分の「デイケアの次」のステップも4月にとりあえず一歩進むことになった。

きょうも清掃奉仕に行く。川口元郷駅辺りではゆきやなぎの花が咲き出し、桜もずいぶん咲いている。地下鉄は間引き運転だが、国際興業バスは今日から通常ダイヤだそうだ。

| | コメント (0)

2011/03/24

きょうの「明日は明日」

東京の金町浄水場で放射性物質が基準値以上検出されてミネラルオーターを都が配るそうだが、今日は川口の新郷浄水場でも検出。すぐにおさまったので影響はないとのことだが、新郷は金町浄水場の江戸川上流の三郷浄水場でくみ上げたものと地下水を混ぜて配水しているとのこと。鳩ヶ谷も基本的に同じだと思う。

そんなニュースもどこの話か。「まいにち」いっぱいいっぱいの自分はそんなことを気にする余裕もなし。今日は昨日の後ろ向き感が残って辛かったが、間引き運転の南北線を使ってなんとか「清掃奉仕」へ行く。行って一仕事こなしてくれば少し気持ちも落ち着く。今日は終わり。明日は明日。

| | コメント (0)

2011/03/23

きょうの「灯り」

きょうの停電は心底堪えた。来ると分かってはいたが水曜日は何もしない休みの日に決めていて、ほんとうに何もすることがなかった。灯りがあるうちはそれでも掃除をしたり家事をしたりして気を紛らわせていたが、16時に停電ののち暗くなってくると後ろ向きの気持ちがわさーっと押し寄せてきて、いてもたってもたまらない気持ちになった。「希望」。これがなかなか見えてこない。「希望」無しに「辛さ」を耐え抜くのは、まさに「忍耐」だ。

19時少し前に灯りがともってから、隠してある書棚をばさばさとかき出し、「ジェーン・エア」を読み出す。自分は、耐え忍んだ後思いがけず財産と3人のいとこを得るシーンが大好きで、今日もそこを読み返して少し泣いた。恋愛小説としての評価が高いが、自分は1人の孤児が耐え忍んだあげくしあわせをつかむ物語として何度も読み返している。

自分にほんとうの「灯り」は灯るだろうか、よみがえるだろうか。もっと辛い人はいくらでもいるだろうが、それを思いやる余裕が今はない。

耐えた先の「みらい」を信じて。

明日は清掃奉仕だ。後ろ向きの気持ちはばさっと切って。

| | コメント (0)

2011/03/22

きょうの「自転車行軍」

今日は19時から停電だろうと予想し動く。午前中は疲れとうつが強く厳しいが、昼過ぎから動き自転車でデイケアへ1時間20分。こんな地震が来るとは思わず買っておいた自転車が大活躍している。診察は受けて薬をもらうと、それ以上いても後ろ向きな気持ちがしみ込んでくるのでさっさと自転車で帰宅。18時をまわっていたので手早く食事を済ませる。案の定19時にブレーカーが落ちたように真っ暗になる。そのまま寝てしまっても良かったが、戸塚安行のヒッポも「今日はやる」というので自転車でまた出かける。なんと新井宿駅付近から北の川口市内は停電していなかった。前回は行くだけで疲れ果てて引き返したが、今日はヒッポに参加。子どもたちが元気なので、エネルギーをもらう。

今日は「いちにち」雨で、雨合羽利用の自転車行軍,さすがに疲れた。21時頃停電は解消したが、22時までのつもりでさっさと寝る。

| | コメント (0)

2011/03/21

きょうの「骨格」

きょうも清掃奉仕。月曜日は指導してくださる方もつくので手際良く進む。午前中はうつと疲労が激しくふとんをたためない状態だったが、なんとか行く。「これがリズムづくりなのだ」と行きがてら思う。週3日でも「まいにち」の「骨格」ができる感じがする。

地震のあった日の深夜、JRも不通だったこともあり復旧の早かった南北線・白金高輪〜埼玉高速は終夜運転をしていたそうだ。職場に宿泊して朝の電車で帰宅した人も多かったと聞く。

| | コメント (0)

2011/03/20

きょうの「ひと押し」

やっとメールを一通インドへ返信する。日本の友人全員にメールを送ったのに返事を返したのが自分だけだったので、現状を教えて欲しい・・・という内容だったが、何が「現状」なのか整理するのに時間がかかる。やっとそれを英語にして送ってみる。決して十分な内容ではないが、全部を適切に説明するのは難しい。疲れがひどく集中力を要する作業は長くはできない。

しかし今週ラジオを少し聞いていて、こういうものも「慣れる」ために無理やり聞く必要があるのかもしれない、と思った。新聞も昨年主治医から「情報依存だ」と言われて全然読んでいなかったが、そういうことが結局過敏が収まらない原因で、慣れていった方が良いのではないかという気がしてきた。「押し」の姿勢で。

鳩ヶ谷は今日は停電無し。というか、今さら知ったが鳩ヶ谷も第2グループと第4グループの場所がある。川口市内は第5になっているところもある。少なくとも荒川大橋以北鳩ヶ谷市の南部辺りまでは第4グループだ、ということすら知らなかった。

| | コメント (0)

2011/03/19

きょうの「もどかしさ」

国際興業バスの終車繰り上げはなくなり、日祝ダイヤながら夜間も運行。南北線は今日はいつもと同じダイヤで運転。少しずつ元に戻りつつあるが。

東北道も今日から宇都宮以南は通行可能とか。これでまた道路がうるさくなるか、とおびえていたが週末なのとガソリン不足のせいかあまり変化はない気がする。慣れてきたのか?でも確かに車の量はいつもより少ないと思う。本町ロータリー近くの給油所は夜まで並んでいる時があり、時間帯によってはそこが起点で荒川大橋を越えて渋滞が連なることも。

スーパーでも午前中に行けば牛乳なども買えるようになった。午前中に行くのが少しきついけれど。ところが在庫はあっても値段が高い。これは店によって大きな差があるようで、当分は数店を見比べながら買わなければならないみたい。

今日は結果的に停電にならなかった。連休明けがまた夜の時間割り振りで、寒くなるみたいだからきっと停電だろう。

今日も清掃奉仕に行ってきた。「おつかれさまです」「ありがとう」の声を聞くと少しやりがいも感じるが、「災害の中、これだけ頑張っている」などという人の話を聞くと「何をやっているんだろう、自分」と言う気分にもなる。

インドからまたメールが来る。「津波」「地震」「原発」の映像が世界中をかけめぐっているらしく、びっくりするくらい心配してくれている。こちらの状況を適切に伝えるだけの情報と英語力と気力がないのが悲しい。

前向き。「押し」の気持ちで「まいにち」こなす。

| | コメント (0)

2011/03/18

きょうの「たいせつなふつう」

きょうは16時から停電。疲れがひどく横になっていたら突然電気が落ちた。おとなしく過ごして暗くなる前に夕飯を済ませ王子のヒッポに行く。東京北区の公共施設は使用自粛などにはなっていないらしい。自転車で50分こいで行く。途中自家発電機使用の交差点が十二月田など増えていた。ヒッポで2時間、「ふつう」を味わう。こういうときだからこそ「ふつう」も大事だと思った。

しかし今日は日中家でおとなしくしていたからヒッポに行けたのだろう。このところの疲れ方はひどく、この先どうなるか少々不安。

| | コメント (0)

2011/03/17

震災現地に確実に基金を届けたいという方へ。

宮城県の仙台にヒッポの友人がいて神社に奉職しているのですが、こんなメッセージを預かりましたので転載します。

転載文

宮城の地震の基金を、僕の友人の三浦さんが、まとめてくれました。
僕の奉職先の神社の宮司さんが基金の窓口になりましたから、すごく安心してます。
できるだけいろんな方に転送お願いします。

~以下、転送文~

震災現地に確実に基金を届けたいという方へ。
宮城県仙台市にある
「青葉神社」が、
被災現地基金の受け皿になってくださることになりました。

地元の信頼ある神社さんですので、
確実に今被災にあっている現地の住民の方々に届きます。

基金へのご協力どうぞよろしくお願いいたします。

杜の都信用金庫 北仙台支店
店番 010
口座(普) 1058883
名義 宗教法人 青葉神社 代表役員 片倉重信 

(片倉重信氏は青葉神社の宮司です)

海外からの送金方法は、現在杜の都信用金庫に問い合わせ中です。
わかり次第、ご連絡させていただきます。
ありがとうございます。

| | コメント (2)

きょうの「計画停電」

今日は体調も少し戻り、昼頃スーパーへ行ってみる。牛乳はあった。米ももう少し早く来ればあるもよう。

今日は防災無線でアナウンスがなかったので、いつ計画停電になるのか実は知らなかった。

昼過ぎから清掃奉仕に出かける。行きの赤羽岩淵駅はかなり消灯していて「電車は動いているのか?」と思うほどだが、普通だった。ところが帰りの電車は赤羽岩淵止まりという。計画停電のため埼玉高速内は間引き運転をしているのだ。とまっていないだけましだが、嫌な予感。赤羽岩淵で降りて自転車で荒川大橋を渡っていると、突然進んでいる埼玉方向がブレーカーが落ちたように停電した。後を振り返ると何事もないようだが、前はうそみたいに真っ暗。本町ロータリーや末広交差点、中居交差点のような主要交差点は自家発電機が置かれていて信号機が点灯しているが、それ以外の国道122号沿いはすべて警察官が誘導している。誘導しているのは122号や産業道路だけで、ほかの道は真っ暗。

それにしても別世界にいるよう。オリオン座の三ツ星がくっきり見える。月明かりがかなり頼りになる。

帰宅して懐中電灯の灯りを頼りに食事を作って食べる。信号が点灯していないせいで徐行しているのか、家の脇の車の音もいつもより静か。

仕方がないからさっさと寝ようと思い床に就く。すると22時頃から道路がうるさくなりだした。ふと気がつくと冷蔵庫がうなっている。停電が終わったのだ。

思いは複雑。

| | コメント (0)

2011/03/16

きょうの「radiko」

精神衛生上テレビが良くないのは、どうも自分だけではないようだ。ヒッポのメーリングリストでもそんな話題が上がっていた。テレビ見るより節電して、こんなときだからCDをいっぱい聞こうという呼びかけも複数ある。新聞くらい読んだ方が良いのか?とも思ったが、お勧めできないと言われる。自分はNHKラジオもダメだが、今日はラジコ(radiko)を使って大阪の多言語放送ラジオを一日聞いていた。昨日までの「まいにち」をこなすのに疲れ果て、今日は一日ふとんを敷きっぱなしだった。大阪の放送が聞けるのは皮肉にもこの震災のせいらしい。

デイケアのメンバーや職員は鈍感で、昨日は平気でテレビをつけて「この広報担当者はかつらだろう」などと言って笑っている。診察室前の待合所は、わざわざベンチの配置を換えて真ん中に据えられたテレビの映像から逃れられないようにしている。「こういう職場はどんなことを言われても「知るか」と、上手に振り落とさないと持たないんです」と以前職員が言っていたが、こんな状況での鈍感さはむしろ普通じゃないと思う。当分用がなければいかない。

| | コメント (0)

2011/03/15

きょうの「一日仕事」

これだけガソリンスタンドに車が並ぶほどの燃料不足で、電車も間引き運転なのによくバスは動くな、と思っていたら国際興業バスは月曜日から、起点を21時以降に出るバスは運休にしていた。明日からはさらに日曜祝日ダイヤにして21時以降運休という。東武バスも日曜祝日ダイヤだから影響は大きいのだ。京浜東北線は5割、武蔵野線は2割しか運転されていない。埼玉高速〜南北線は順調のよう。

だが、きょうもデイケアへは自転車で行く。朝、騒音がらみで、起き抜けなのにげっそりと疲れていて、立て直ってきた昼過ぎに出かける。調子の良いときは1時間の道のりが1時間半かかる。主治医が大渋滞に巻き込まれてクリニックに来られないので診察は中止とか。薬だけもらってまた1時間半の道のりを帰る。「一日仕事」。いつもは夕食も食べてくるのだが、調理の業者が計画停電エリアにあって供給が不安定なのだそうだ。それで今日は無し。

「明日の鳩ヶ谷市内の計画停電は午前6時台から午前10時まで」と、防災無線のアナウンス。昨日今日は結果的に停電していないが、明日は普通なら朝食や通勤の時間に停電になるのだ。

スーパーも21時閉店にしている。自分が勤めている頃はそれでも長かった。深夜勤務はそれだけでストレスになる。若い頃夜の仕事ばかりしていて、自分のような病気を発病した人を知っている。これを機に「21時で基本的に終わり」という社会に戻せばうつ病も減るかもしれない。

| | コメント (0)

2011/03/14

きょうの「難しい冷静さ」

相変わらずの「しのぐ」「いちにち」。

先週から米の残量が気になっていたが、今日店をのぞいて出遅れに気づく。どこのスーパーの棚も米、パン、コーンフレークやカップラーメンといった主食類がからっぽだった。牛乳、納豆、豆腐、たまごなどの日配品もからっぽのものが多い。計画停電の影響でどこも13時頃いったん店を閉めてしまった。

午後自宅で滅入ってくるのと計画停電を避けて、サイクリングがてら赤羽に行く。赤羽の西友などは陳列棚がもっとすっからかんだった。午前中京浜東北線が赤羽以北運休だったせいだと思うが、駅周辺に自転車が溢れている。西川口や蕨の駐輪場のステッカーが貼られた自転車が何台もあって、ようよう赤羽まで自転車で来て電車に乗り換えて通勤した人が多いことを知る。赤羽岩淵駅前もそうだった。

今日も清掃奉仕に行こうと思っていたが、さすがに中止して王子の飛鳥山まで自転車でぐるっとまわってから帰宅。冷静な判断が自力でできにくくなっている。

デイケアのあるクリニックも被災した。明日の診察はあるそうだが、デイケアは短縮実施とのこと。それよりも電車は動くのか? 

| | コメント (0)

2011/03/13

きょうも「やりすごす」

インドからお見舞いメールが来るくらいだから、相当ショッキングな映像が世界中に配信されているのだろうと思い、昨夜NHKのホームページから被災地の映像を少し見た。ユーチューブと同様、パソコンから映像が見られるのだ。こんなものを一日中テレビで見ていたら、いろいろなことが心配になって夜も眠れなくなるかもしれない。NHKだけでなくすべてのテレビが通常の番組を差し替えて災害情報を流しているとも聞く。そんなもの見るなら表に出て近所の梅の花をみつけて見ている方がいい。

外に出るとあちらこちらの給油所に長蛇の車の列。夕方には売り切れのスタンドも。理由は知らない。あえて知りたくもない。電力不足という話もメールで聞いたので、ネオンサインを消して営業しているお店はそれを意識しているのだろうと想像。(追記:ネットニュースで輪番停電の事態になっていることを確認)

今朝はものすごくうなった。疲れがたまっているのに、休めない。「必死」に「いちにち」なんとか「やりすごす」。こんな状態であさって診察はあるのか?

| | コメント (2)

2011/03/12

きょうの「車の音」

朝が幾分ラク。車の量が少ないのだと思う(東北道が通行止めで遠方から122号線へ流れてくるトラックやダンプカーがほとんどないせいだと思う)。道路の音が少しでも小さくなるとラクになるということは、近所で車の音のもっと少ない静かなところならずいぶんラクになるのではないか?と思う。通行量が増えてくるとまたダメになってくる。

情報を遮断しているので、どういう事態になっているのかはネットのニュース見出しを見る程度。チェーンメールと思われるものがメーリングリストを通じて何通も配信される。

国内がこれだけ混乱した状態になり、インドの友人からお見舞いメールが複数来るほどでも、自分のきついのは相変わらず。今日は清掃奉仕へ行ってみる。そうやって何かしていないとやはり過ごすことができない、この症状。あいかわらず毎日「修行」。

| | コメント (0)

2011/03/11

きょうの「情報遮断」

自分がテレビが苦手になったのは、新潟県中越地震のとき。被災地の映像を繰り返し流すNHKニュースで急にテレビがダメになった。今日テレビをみていたら大変だったろう。

家にいるとまたマイナスエネルギーがわき出してめげてくる。音の過敏。そんなわけで今日も外に出ていた。しかし電車でデイケアに行っていても清掃奉仕に行っていても帰宅は難しかった。大きな地震があったのはデイケアへ向かって自転車をこいでいて分かった(デイケアには用事がなかったが、近所の薬局に用事があった)。外壁が崩れている建物や上の階のガラスが割れて道路に飛び散っている建物などがいくつもあった。薬局の前ではゆるくなった電線が垂れ下がっている。ガスの匂いがして付近が立ち入り禁止になっている建物もあった。トイレに立ち寄ろうとした大型小売店は営業中止でトイレも貸してくれない。公衆電話に人が列を作っている、などという近頃見なくなった光景も見られた。近所の川口市内でも歩道のブロックが盛り上がって通行できなくなっているところがある。帰宅すると、日頃からの地震対策として考えていた通り大きな家具は倒れていないが、棚の上の空箱などが散乱していた。

しかし事態のほんとうの深刻さを認識したのは、夕食後もう一度自転車で外出して赤羽方向へ向かった時。埼玉高速の駅はシャッターを下ろしている。やけに国道122号線を歩いている人が多い。さらにいくと荒川大橋の上を多くの人が数珠つなぎに歩いている。電車が全く動いていないことが分かる。迎えにいこうとする車なのか、上りがずっと渋滞している。赤羽駅へ行ってみると案の定全線不通、いつもは不通区間を表示するモニターでNHKテレビのニュースを流していた。そこで初めてどういう事態になっているのか把握できた。あまり見ていると恐さが出てくるので早々に引き上げる。

明日の食材は?と近所を自転車でまわると、営業を中止した小売店も多いようだが、サミットは営業していた。

今日は仕事場から帰宅できない人も多いに違いない。皆様のご無事を祈念します。特に震源に近い方の方々、余震にも気をつけお大事にお過ごしください。

追記:埼玉高速〜南北線の白金高輪間は21時頃から運転を再開したらしい。新しくできた分だけ安全確認も早いみたい。

| | コメント (0)

2011/03/10

きょうの「苦行」

朝、目が覚めた瞬間から苦行のよう。とにかく「押し」の気持ちで「いちにち」をこなしていくが、疲れて休憩のつもりで自宅で横になっても、まったく休めない。休めないからまた「押し」の気持ちで動き出す。

わずかに和んだのは、清掃奉仕のため赤羽まで自転車で行き、荒川大橋を渡るとき。河川敷だけは空も広く、一瞬だがのどかに感じられた。

いつまで続くか。

| | コメント (0)

2011/03/09

きょうの「気力」

「まいにち」をこなしていくのは、回復過程において「とてもたいせつ」な「プロセス」だが、自分が考えている以上に消耗するのだと思う。その上国道122号線の車の音が一日中響いているので、それをはねのけるくらいの音量で何かを聞いていないとめげてくる。朝は体調が整わないところへトラックの爆音が響き、相当きつい。帰宅して2日目で、だいぶ疲れてきてしまった。

デイケアでぼーっとすごすのもめげるので、昨日は診察後のデイケアを早く切り上げて戸塚安行のヒッポに顔を出そうと思い出かけた。でも行くだけで疲れてしまい途中で引き返してきた。きょうも近隣のヒッポに顔を出そうと思ってはいたが、「いちにち」を過ごすだけで疲れ果ててしまいどこにも行けなかった。「押し」の気持ちで音や情報に「向かっていこう」としているので「気力」と「エネルギー」をかなり使っているのだと思う。これをもう少し「ラク」にできるようになった方が回復も早いのではないだろうか。

いつまで続くか、この「気力」。

| | コメント (0)

2011/03/08

きょうは「ひとまず無事」

ひとまず今日は無事に過ごすことができました。診察も元気に受けることができました。先日まではエネルギー不足でマイナスの気持ちがしみ込んでくるようなところがあったと思います。鳩ヶ谷の自宅で毎日を過ごすだけで、とても消耗する感じがします。エネルギーが足りなくなると「引き」の気持ちになるので、「押し」で過ごしたい。でも難しい・・・、そう思います。

| | コメント (0)

2011/03/07

帰宅しました

約10日ほど鳩ヶ谷を離れて、だいぶ元気になりました。たくさんの方に見守られていることを感謝します。この元気がどこまで続くか、不安はありますが、引きの気持ちでなく押しの気持ちで立ち向かっていこうと思います。

| | コメント (0)

2011/03/05

きょうの「もう少し」

来週は診察があるので、鳩ヶ谷に帰らなければならない。今いる場所がよく休める理由の一番は静かな事だと思う。深夜早朝も車の音でうるさく、人や情報密度の濃い我が家に「帰る」と口にした途端不安がわき上がる。
休めた分、気持ちを強くしてぶち当たっていく気概で行けば何とかなるだろうか。

| | コメント (0)

2011/03/03

きょうの「梅の花」

きょうの「梅の花」
久しぶりに写真を載せてみます。

| | コメント (0)

2011/03/02

きょうの「安心感」

このところ、寝る時や起きる時、夕暮れ時などに強い不安や恐怖を感じていた。それが少し薄らいで、少しだが「安心感」が出てきた。色々な要素が総合されて出てくる感情のようだ。「毎日」「日常」を自分だけでやる事だけでずいぶんと大変な事なのだ、と脇に少し置いて休んでみて思う。

疲れていたんだなぁ。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »