« きょうの「縦走登山」 | トップページ | きょうの「ふわっと」 »

2011/01/28

きょうの「やはりべてる」

体調が遷移する。一つの過敏がやっと少し収まってきたと思えば次が来る。こんな話はしたくないのだが、話がエンドレスになる。診察のときなど「この先の方針をどうしたらいいのか」と聞く。答えは「結果的に」できれば次。だめなら「その時はその時」。こんな状態が続くとほんとうに堪える。経済的な問題とも絡んでくる。もともと精神疾患は貧乏になる病気だ。やっと少し調子が出てきたかと思うと再発して、まるで「あなたの人生はそちらの方ではないよ」と言わるかのような思いをくり返してきた「べてるの家」の人々の苦労が身に染みてきた。

もう「べてる」はいらないのではないか、と昨年思ったときもあり、主治医も「べてるの生き方は、それはそれで素晴らしいけれど、なんちゃんの方角とは違うと思う」と言われたが、やはり「べてる」に学ぶしかないような気がしてきた。
状況を笑いとばす。
自分の症状を研究する(対象化する)。
対処法を練習する(SST)。
開き直る。

もういちど「べてる」。

|

« きょうの「縦走登山」 | トップページ | きょうの「ふわっと」 »

うつ病」カテゴリの記事

べてるの家」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きょうの「縦走登山」 | トップページ | きょうの「ふわっと」 »