« 今日の「過渡期」 | トップページ | きょうの「どうどうめぐり」 »

2011/01/14

きょうの「ポジティブ」

料理をしたり、アイロン掛けをしたり、とにかく手を動かすことで先のことを考えないようにする。

昨年「乗り越えるためには、ポジティブに考えポジティブに行動すること。そうすれば力がつく」とインドの知人がメールしてくれたことを思い出す。

コップに半分の飲み物があったら「もう半分しかない」と考える人と、「まだ半分ある」と考える人がいる。そんな話題が出て自分は「もう」「しか」と考えてしまうことが分かる。病気が長いからそう思うだけではなさそう。それはそういう性格なのだ。開き直るしかないが、できるだけ考え方を楽観的にすることも「認知行動療法」という。

ちなみに飲み物を「この半分は誰が飲んだのか?」と考えるのは現実的な人というオチも。余裕がないけれどそんなユーモアで笑いとばせたら「ラク」になるだろうなあ。

|

« 今日の「過渡期」 | トップページ | きょうの「どうどうめぐり」 »

うつ病」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の「過渡期」 | トップページ | きょうの「どうどうめぐり」 »