« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/30

きょうの「たてなおす」

自分のうちにいられない状態は明らかに「何かやりすぎ」。「ラクにできる」ようにならないと次のコマにはすすめない。ただ、これは気候の影響も大きいと改めて認識。主治医もそう言うし、春先しんどかった体験も活きている。友人からも「一日寝込んだ」との便り。

ただ、単に力を落とせばいいわけではないとも感じていた。「もっとラクチン」を選択しているつもりがこうなったのだ。

そこで言葉にならなかった気持ちをあえて「ことば」にする作業をしてみる。「できた」とは言い切れなかったものを言い切ってみる。それが結果的にあとを「ラクチン」にしてくれる。

先日みたいに「起床時間が繰り上がっている」などと現在進行形なものは、かえって「ムリ」をかけて「ダメ」。そうではなく気持ちのなかでわだかまっているものをあえて言い切ることでふっきれる。「バッサリ」切れる。結果的にばんそうこうみたいなものか?

そんなふうにして「たてなおす」。たぶん明日は大丈夫。

| | コメント (0)

2010/09/29

きょうの「泣けない」

猛烈に「つらい」。

何が起こったのか自分でも分からない。瞑想(メディテーション)も10分くらいしかもたない。

しかし「恵まれ尽くして今の自分がある。とにかく感謝するしかない」と思いはじめていることだけは分かる。3月、5月、7月、と2ヶ月おきくらいに「バン」とはじけて何かが見え始める。その都度感謝の対象が広がっていく。

世の中に「あたりまえ」なんていうことはない。今の自分が「あたりまえ」に存在するわけではない。その折々、誰かがサポートしてくれたおかげで今がある。その重さを感じているらしい。「ことば」にしたいが、ならない。

夜になって家にいるのすらしんどくなり、近所を散歩。立ち止まるとすぐにつらくなるので「バサバサ」切りながら歩く。なんだか泣きたいのに「泣けない」。

明日はもういちど「診察」。

| | コメント (0)

2010/09/28

きょうの「積み重ねる」

日中、まるで春雷のような天気。雷がなってどしゃぶりのあと、気温がむしろ上がって今どきらしくなる。

秋分の日に気温がいったん落ちてから、なんだかまた「やぶるための壁」にぶちあたっているのか、今日も明らかに「つらい」「しんどい」。デイケアへ行くのも大変だが週に1度の診察なので「へろ〜」としながら出かけていく。「つらくてしんどい」感じがするのに、でもやはり以前と較べると「ラク」。「やぶった壁」の分だけ、「べりっとはがしたばんそうこう」の分だけ、「ラク」になってきたのかなあ・・・。

そんなふうに感じつつ、きょうも薄紙一枚積み重ねる。

| | コメント (0)

2010/09/27

きょうの「違う質」

きょうも「ダメ」。それどころかまだ「つらい」「しんどい」が午後まで残る。

いただいた葉書のお返事を書こうとしてみるが、まだダメ。

ワークシートを振返ってみたら、雪のふった4月頃と気温がそれほど違わない。

夕方、やっと出るようになった声を出してメディテーション(瞑想)をしてみて、ふと気づく。

「つらい」「しんどい」の質が今までと全然違う。「たのしいこと」「わくわくすること」「めざすもの」がクリアに脳裏に浮かぶ。

「ほめられる」。それもモチベーションにはなる。けれど、やはり今自分を突き動かし毎日何かに挑戦し、多少のことに耐えてやりすごしていられるのは「みらい」を感じているから。

多分、もうそんなには遠くない「みらい」。

| | コメント (0)

2010/09/26

きょうの「やりすごす」

今年になってから診察やデイケアでフィードバックをもらう際に「この天候にもかかわらず、よくまあ」といわれることが多かった。

今日は前2日休んだこともあり、外へ散歩がてら出ようと考えていたけれど、それどころじゃなく「つらい」「しんどい」。

はっきり「つらい」「しんどい」と感じたのは久しぶり。

秋分の日を境に天候が激変したので、からだがそれについていくためにエネルギーを使っていたのだと思います。こんなにエネルギー使うんだ・・・。

何か「する」日ではなく「やりすごす」日。

みなさまもお体に気をつけて。

| | コメント (0)

2010/09/25

きょうの「くりあがる」

「ムリに起きなくても、起きたくなったら起きるで、今は十分。休息が十分満ち足りてくれば多分また時間も整ってくるだろう。」

と自分を信じてやって数週間。

実は今週になって起きられる時間が自然と繰り上がってきました。昨年だと食事してまた眠くなって寝てしまうのですが、まだはっきりしないものの、大丈夫そうな感じです。寝るのでなく意識を低めにして暗くしたまま休む感じで、それは寝てしまうのとは全く違います。

そうしたら自然と眠くなるのが早くなってきました。ふとんに入ると隠れていた思い煩いが出てくるので、まだ薬を少し使いますがそれも少しずつ減ってきたような気がします。

自然と時期を待つ。じっくり。じーっと待っていれば「そのうちきっと」

| | コメント (0)

2010/09/24

きょうの「たくわえる」

昨日はかなり大きく飛んだので、とにかく自分にやさしくすごす。

たくわえて、また飛べるように。

| | コメント (0)

2010/09/23

きょうの「ゆだねる」

今日は行きたいと思っていたヒッポの講演会に午前中から参加。前日まで「さすがにまだムリだべ〜」と思っていたが、
「とにかく起きてみる」
「とにかく出かけてみる」
だめだったら寝直せばいいし、ダメだったら引き返せば良し。行ってしまえばなんとかなるべ〜・・・。自分の直感を信じて、あとは全部「おゆだねしま〜す」と心で思いながら過ごす2時間。思い通りではないがなんとかなった。

思い通りに行かなかったことは全部思い煩い。バサバサ切って、おもいがけないたくさんの「うれしさ」「たのしさ」「よろこび」を糧に「あしたへつなぐ」。

| | コメント (0)

2010/09/22

きょうの「はば」

昨日「倍返しする勢いでよくなっている」といわれたと書いて、「ちょっと違うなあ」・・・。

「倍返し」ではスピードが速いみたい。そうではなく「幅をもって良くなっている」というようなことをいわれたような気がする。スピードは速くない。「じっくり」「のたくた」「でれ〜っと」。

もっと「バサッ」と振り落とす。
「バサッ」とふるい落とした先にほんとうの「たいせつ」がある。
それは「自分がちゃんとしていること」。
自分が「ちゃんと」していれば、結構大丈夫なのではないかという予感。
ほんとうの「たいせつ」を大切にできる「ラクでたのしい」あした。

それが「はば」

| | コメント (0)

2010/09/21

きょうの「倍返し」

ラクになってきたから「ぺりっとはがせる」ばんそうこう。「メキメキバリバリ」と破れる壁。デイケアの看護師さんいわく「そういうものは程度の差こそあれみんなもっているもの。日常にまぎれてあいまいにしているし、せざるをえない部分もある。『たまたま時期がそうさせている』ということはあるにせよ、あなたはそれに立ち向かって次々とこなしているし、まだダメだなというときは自制もきいている。夏にいったん調子を崩してから、この天候にもかかわらずそれを倍返しする勢いでいい方向へ向かっているのはすごいです」。主治医も同意見みたい。

ほめられるとまたやる気になる。ヒッポでいろんなことばが話せるようになるプロセスと一緒。ほめられてやる気になるのは子どもだけではないのだ〜。

勇気を出して毎日をすごしているのは、ずっと先に「みらい」を見据えているから。そんな「みらい」へ、今日もパラフィン紙をうす〜く1枚。

| | コメント (0)

2010/09/20

きょうの「あしたへつなぐ」

このところ週末に大きな山がど〜んと来るケースが多く、振返ってみれば昨日もそう。「痛いのをがまんしてべりっとはがす」とか「メキメキバリバリ壁を破る」とか。ぶち破っても、べりっとはがしても、そのあとにまだでかいのがあったりするけれど、とにかくぶち破ったりべりっとはがしたりしたのは顔に出るらしく、主治医以外でも「顔つきがすっきりした」などといわれることもあり。

きょうは動き出そうとするのを「じたばたするな」と言い聞かせて、へろーっとやりすごしなんとか無事終了。やりすごして「あしたへつなぐ」。

| | コメント (0)

2010/09/19

きょうの「じっくり」

昨日はこれを書きながら、どうもすっきりしない気分でした。むりやり落としどころをつけて書いたというのが正直なところ。今朝も「少しでも早く起きる」が勝手にミッションとなっていて、ムリ。

いろいろ感じるままに動いてみて体を疲れさせてからじっくり思いを馳せると、まだ「トラウマ」のようなものが心の中に潜んでいて、それがおそれになり「やらなきゃ」モードにしていることが判明。

これが残っていると、また復帰してもまたムリしてしまう可能性が大。

パンクしたタイヤの空気穴を探すようにじっくりとその部分を引き延ばして、はりついている「ばんそうこう」をぺりっとはがし、自己対処。

まだ少しひりひりするものの、明日はきっともっとすっきりしていることでしょう。

| | コメント (0)

2010/09/18

きょうの「にがて」

じーっとしているのが本当に苦手。昨日・おとといがばさっと発散する日だったのでさすがに今日は日中おとなしくしていました。おとなしくしていられたといった方がいいかも。思い煩うより先にタオルを頭にかぶせて暗くして休めたのですから。

それなのに「エネルギー配分を均すことも必要か?」などと、冷静になればまだ早いことを考えはじめて夜は歩きに出てしまって、それもムリにぐいぐい歩いてしまい反省。

「やりたい」「たのしい」「きもちよい」が「たいせつ」。

自分がちゃんとしていて、その先の「日常」。日常がちゃんとしていて、その先の「みらい」

| | コメント (0)

2010/09/17

きょうの「うけとめられる」

日中は「まだちょっとムリかなあ」と感じていたのですが、夕方メディテーション(瞑想)してみたら「ぐたぐた考えているより出て行った方がよし」と思えてきたので、思いきって少し散歩してからヒッポへ行きました。たくさんの人が集まって場をつくっているところに出て行くと、「わさ〜」といろいろなものが頭に情報として押し寄せてきてくらくらする感じ。「まだ、もうちょっとだなあ」とは思ったけれど、「すぽん」と場に受けとめられる実感がもてたのは良かったと思います。ありがたいなあ。みんなに感謝。

きょうも座布団ならぬパラフィン紙一枚積み上げられました。よかったよかった・・・

| | コメント (0)

2010/09/16

きょうの「突き抜ける」

昨日のように心の状態を探りながら慎重に行く日も大切だと思うのですが、これは性格なんだろう、もう動きたくて仕方なくなってしまいました。急に秋めいてきたので長袖を引っ張りだし、天気のことは無視して今日はひたすら歩きました。8月前半ころは外を歩いてもいろいろな情報をつかみすぎて、怖くなったり頭にぐわんぐわんと響いたりしていて、それでも家ではやはり思い煩いがひどくなっていられなくなり、究極の選択として炎天下ぼわーっとしながら歩いていたりしました。あの頃から較べるとだいぶラクになってきましたが、まだ日中はあえてめがねをしないで情報をしぼりながらとにかく気持ちが続く限り歩き続けました。我が家から1時間かけて赤羽岩淵駅まで歩いて、少し地下鉄を使って王子へ行き、王子から2時間かけて我が家まで歩いて帰ってきました。どしゃ降りになった時もありましたが、立ち止まると思い煩うのでがむしゃらに歩き通したら気持ちがすっきりしてきました。全部で15キロくらい歩いたのかな?こんなこと半月前はできなかった。だいぶエネルギーがたまってきた???

| | コメント (0)

2010/09/15

きょうの「ごまかさない」

「インド」は常にずっと先の方に意識しつつ、その手前に「あれをやりたい」「これもしてみたい」という気持ちが少しずつふくらんできました。いくぶん気持ちが先走りになることすら出てきました。焦りとはちょっと違い「楽しいだろうなあ」とイメージが先行してしまうのです。その点メディテーションをしながら自分自身と対話してみると、「たのしい〜」はそれでいいじゃないかと思えました。本来自分がむきあわなければならないものとじっくりむきあうためには、他の重荷はばっさり捨てて「ラクチン」になっていないとダメ。あえて重荷を背負いたがるのは、実はその背後に本来むきあわなければならないものからの「逃げ」の気持ちがあるのです。「ラクチン」でいいのだ〜〜〜。わっはっは。

しかし、さらに探っていくとまだまだ情報過敏からくる「おそれ」の気持ちがありました。これを「ごまかさずに」「ていねいに」「ゆっくりと」解きほぐしていかないと、うまくいかなかった時にトラウマやコンプレックスになり、それがさらに「おそれ」を呼び、結果としてしなくていいことまでやりすぎたり極端にストイックになったりしてうつうつとしてくる。「できない自信」につながってしまう。

心理学なんかほとんど勉強したことがないのに「なんだかこういうことではないか?」と推測ができるようになってきました。

半月前にはこわくてできなかったことが驚いたことに今日はできたのだから、プロセスをきちんとたどれば「おそれ」は少しずつ雲散霧消するのです。その先に「たのしいこと」がまっている。

ゆるゆるっとな。

| | コメント (0)

2010/09/14

きょうの「他人と比較しない」

「ありのままの自分を受け入れる」とか「生い立ちを否定しない」といったことは、一度できればそれで終わりではなく、実は「からだ」も「こころ」も「環境」も変化していくわけですから何度もやらなければならないんですね。主治医は「私だって自分が好きか?と言われて、ハイとするっとは言えないですよ」とのこと。「それでも今このときの自分を受け入れる事ができるのは、なんちゃんが他人と自分を比較しないからでしょう。ものすごい壁を破ったと思いますよ。」

デイケアの看護師さんは「この数ヶ月、病気の回復ということ以上に辛抱し乗り越え克服してきた経験はこの先ずっと役立つと思いますよ。」

それでもはためから見ればただのおやじだろう。けらけら〜〜。

| | コメント (0)

2010/09/13

きょうの「とびだす」

自分を受け入れるというのは実はものすごくエネルギーの必要なことで、ばんそうこうをひっぺがすような心の痛みを伴うのです。なので、昨日おとといは、実は食事のとき以外ほとんど部屋を真っ暗にしていました。そうしてエネルギーのたまるのをまた「じーっと待つ」をやっていました。しかし「じーっと待つ」のになれ始めると、今度は外へ出られなくなってしまいます。「そういうことはないから大丈夫」「骨折した患者が骨の付く前に本当に付いたかどうか試して歩いちゃう」と主治医には言われますが、本当にダメな時は金曜日みたいにダメだったし、固まってしまう。自信には「できる自信」と「できない自信」というのがあって、パラフィン紙のような薄い紙を毎日一枚一枚確実に積んでいく努力をしないで他人とばかり比較してあせって何かやろうしてばかりいると「できない自信」をつけてどんどんできなくなりますが、「他人」でなく「過去の自分」でもなくただひたすら「昨日の自分」と比較して、パラフィン紙一枚分ずつ着実に「できる」を積み重ねていればなんとかなるのだと思います。

そして「ここぞ!」と思うときに飛び板を踏んでジャンプすると飛べます。最初はそれでも小さなジャンプから。

きょうは飛び板を踏んで、小さくジャンプしてみました。飛べました。また小さな「できる」を積み重ねた日でした。

| | コメント (0)

2010/09/12

きょうの「ばっさり」

苦痛に感じることは勧められてもできない。

好きでやっている「メディテーション」(瞑想)

好きだから続けられる「ヒッポ」

好きで書いている きょうの「〜〜」

好きじゃないものは続かない。

ブログは書けるようになった。メディテーションはこの夏毎日やっているけれど、ヒッポに行くエネルギーがまだ足りない。他のことができるわけないじゃないか。

「しのぐ夏」が終わっても、まだまだばっさりすてて、今度は「秋休み」

すてたその先にある「ほんとうのむきあう」「ほんとうのみらい」

| | コメント (0)

2010/09/11

きょうの「うけいれる」

ありのままの自分。

| | コメント (0)

2010/09/10

きょうの「じぶんを知る」

昨年の韓国交流でお世話になったホームステイ先の方がお仕事で来日。来るとは聞いていたけれど、詳細が分かったのが昨日で今日一泊のみとのこと。ムリとは思いつつ願いを込めて体調を整えようとして、しかしハードルが高すぎてやはりムリ。無理だよなあ。

しかし、こういう「会いたい」「チャレンジしたい」という気持ちが自分を突き動かし、それでいて、だからこそ今、「じーっとあせらず」「じーっとしのいで」「じーっと待つ」をやれていることもよくわかった今日の一日。

| | コメント (0)

2010/09/09

きょうの「じりじり」

まだ実際はムリなことを、だんだんしたくなってきました。でも実際手を出そうとするとまだムリなのが良くわかります。「そうやって、ムリなのが分かって自制できているのは大きな進歩ですよ」とデイケアで言われました。

「じりじり」するけれど、まだ「じーっと辛抱」。

| | コメント (0)

2010/09/08

きょうの「ゆめをつかむ」

今までがそうだったように、あるものは遠慮なく使う、使いたおす。

勝手に遠慮した瞬間からダメになる。他人がどう思おうと知ったことか。

きょうが無事終わればそれでよし。

ひらきなおった先にある「みらい」。

| | コメント (0)

2010/09/07

きょうの「ゆとり」

昨日までは、前日までに書いた分を読み直すことがほとんどできませんでした。そのくらい「ぎりぎり」の状態で一日一日をじーっとしのぎ続けてきたのです。それが今日はすこ〜しですが、余裕があります。人に手紙を書きはじめたりするようにもなってきました。おそらく一番しんどい「峠」を越えたと思います。まだまだアップダウンはあるでしょうが、ゆるゆると調子も上がっていきそうです。

| | コメント (0)

2010/09/06

きょうの「辛抱」

自分は動きながら活路を開いていくタイプで、じーっと待つのは本当に苦手なのだと思います。「旅行中アクシデントで列車がとまってしまった」なんて言う時はじたばたせずにじーっと待てるのですが(通勤電車は別です)、今回毎日生きるためのエネルギーを自家発電してじーっとためていくのはなかなか大変で、過ぎ去った「辛い時期」を思い浮かべながら
「あれと比べりゃ・・・」
なんて、考えていたりするほどです。

辛いとは思っていないつもりなのですが(辛いと思うとできなくなる)、やはり大変なのでしょう。ヒッポのCDどころか音楽もかけられない日もあるし、いろんな人の輪の中に出ていってシェアリングをすれば少しはラクになるようにも思うのですが、デイケアに行くのがやっとです。でもこの2週間少しずつ「じたばたしてエネルギーを浪費」するのを抑えられるようになってきたので、もう少しの「辛抱」でしょうか。ここに書く文章も少しずつ増えてきました。

| | コメント (0)

2010/09/05

きょうの「こわい」

先が見えなかったり、あせったりすることもこわさの原因です。

さらに、なくてもよいもの・それがためにバランスを欠く原因となっているものが、それこそが自分を規定する大事なもののように思えてしがみついていて、それを手放すとき。

これはこわい。端から見れば「なくてよいもの」なのに。

手放せ!もっとラクになれ!!

いや、手放したつもりでまだまだあるんですね。

こういう「ばんそうこう」はいずれひっぺがさなければなりません。ゆっくりはがしてじりじりと痛いのを我慢するよりは、勇気を出して「べりっ!」

| | コメント (0)

2010/09/04

きょうは・・・

あれこれ考えず、ゆっくりやすみました。

あれこれ考えない、ということがかなりしっかりと「できた」一日だったと思います。

| | コメント (0)

2010/09/03

きょうの「ムリにやらない」

むりに「食べない」 食べたくなる「とき」をじーっと待つ
むりに「起きない」 ラクに起きられる「とき」をじーっと待つ
むりに「やらない」 やりたくなる「とき」をじーっと待つ

ちゃんと「食べている」 ちゃんと「起きている」 ちゃんと「やっている」

そこを 自分自身を 信じてじーっと待つ

| | コメント (0)

2010/09/02

きょうの「・・・」

昨年のホームステイ交流でお世話になった方が仕事で韓国・春川から来週おいでになるかもしれない、とのこと。

すぐ「やらなきゃ〜」モードになってしまう。

「あせり」が「こわさ」になる。

比較するのは「昨日の自分」だけ。

「きちんとやすむ」「じーっとよい頃合いを待つ」もスキルのひとつ。

ほんの1ミリすすんでいれば、それでよし。

今日は「言い聞かせ」になってしまった・・・それもありか〜。へろっとな。

| | コメント (0)

2010/09/01

きょうの「むきあう」

生い立ちを否定せず受け入れ、自分に「むきあう」
その先にある「みらい」

昨日書こうとして書けなかった「むきあう」が翌日に書けるようになるとは、我ながらびっくり。

受け入れる「親」がある「ありがたみ」

これはまだちょっと「背伸び」かな・・・?もうちょっとむりせず。とろとろん。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »