« 処方箋のない診察 | トップページ | 1時間の診察 »

2010/05/18

揺り戻し

先週火曜日の診察後の話です。実は頭がすさまじい勢いで回転していて、考えさせられることや思いつくことが多すぎで、大変なことになっています。

割り切り後、その気持ちの軽さに驚き、数日は「なんて楽チンで気持ちいいんだ」とすごしたのですが、金曜日頃から、実はうつ病に限らずあらゆる精神疾患が子ども時代の情緒の未発達が本来の原因であり脳内物質云々は現象を捉えているに過ぎないという事実(これは佐々木正美さんという発達障碍の権威でもある児童精神科医が90年代初頭にはすでに指摘(「子どもへのまなざし」福音館書店 1998年)していて、今や精神科リハビリテーションの最先端の現場でも情緒を育てるために小学校高学年向けくらいの児童文学をよんでもらったりする事実がその正しさを物語ります)を、今苦しんでいる当事者にもその親御さんにも事実として伝えられない、なぜならいまさら保育園をやり直すことは不可能で「いい年をして」赤ちゃん返りする受け皿もほとんどの人がもっていない、その親御さんには自分の子育てが間違っていたという苦痛を与える。自分はきわめてラッキーだっただけ、だから自分がどうやって快復できたのかを他の人に説明することが相手に苦しさを与えてしまうし、まだまだ社会的にも受け入れられないだろうと思って、そうした自分の事実と現実の環境のギャップから起床が大変勇気のいる事柄になってしまい3日くらいもがいたのです。そんな問題、分かっている専門家ですら社会を納得させられないことを自分が一生かかったって説明したって理解されないでしょう。それは自分がすることではない、自分は自分と言う存在をそのまま受け入れてもらえばいい。そう紙に書いて、大丈夫大丈夫と自分を励ましました。

昨日の朝はその流れで多少起きるのがしんどくなるだろうと予想していたのですが、なんと6時半にすっきり目が覚めてしまったのです。何の勇気もいらない、ただ外の明るさから自然に目がさめ、今までは体調を安定させる意味もあって寝なおしていたくらいの時間なのにもう寝る必要が無いのです。その時間から安定している。その証拠にこれだけの文章を紡いでいる(この辺りは昨日の朝書いたところです)。 今日も寝付きが悪くて0時過ぎまで眠れなかったのに4時頃から文章を書きだしているのです。一度眠って脳が前日までの情報を自然の摂理に従って整理したあとは、起きた瞬間からまた頭がフル回転してしまって、向き合う現実と折り合いを付けるために何か書かないといられないというすさまじい状態になっているのです。今日これからデイケアへ行き、診察も受けるので「どうしてくれるんだ(笑)」と文句を言おうと思っています。

あかちゃんは生まれた時から外部の音や光を全部感じているわけではないそうです。真っ暗なお母さんのおなかの中にいたわけだから、いっぺんに感じてしまうと当然騒音とまぶしさから不適応をおこしてしまう。だから徐々に見えるようになり聞こえるようになる。これはヒッポ創始者の榊原さんが自著「ことばを歌え、こどもたち」で書かれていることですが、自分の脱皮もそれと似ているようです。割りきりが進む中で物事の本質が次々に分かるようになって、分かりすぎるようになったゆえに、どかんとゆりもどしがあったけれど、もう大丈夫でしょう。ただ、大丈夫だとは思うけれど、もう以前の生活には戻れない。多様な価値観がありそのどれも正解ではない。ただ自然の摂理だけは動かしようが無くて、それが人間という存在の中にも息づいているのです。眼科医ならば眼の病気が治った人にいきなりまぶしい光をあてるようなことはしないはずで、徐々に明るさに慣れさせるような治療をするはずなのですが、精神疾患の治療は子どものやり直しが必要でそれが環境的に難しいことが当たり前でしかも利息付きで人間の無償の愛情をうける必要があるので、こんなにするっと皮が剥けたような事例があまりないのだと思います。だからいきなりまぶしい世界に放り出されてしまった。自分はものすごく戸惑っているというのが実情です。

体重も毎月1.5キロから2キロくらい落ちていくのですが、それはインドで食べた日常食の影響で野菜中心になっているから。リズムが整ったから他の面でも調子が良く中性脂肪値は発病前よりよくなりましたが、普通の日本の日常食を食べている限り、玄米にしようが健康食品にしようが、サプリメントにしようがダメで、バカになって季節の野菜とたんぱく質(卵や牛乳、豆類)をまんべんなく食べていくようなことをしていると自然と内蔵脂肪も落ちるのです。でもこの食事スタイルと食事時間を守るためには、世間一般の意識にある社会復帰をするのはとても難しいことです。どちらかをとるしかありません。今のところ、自分は「バカになりたい」という気持ちが強いです。これから診察を受ける中で相談してきます。どういうことになりますやら。

|

« 処方箋のない診察 | トップページ | 1時間の診察 »

うつ病」カテゴリの記事

精神福祉・精神障害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 処方箋のない診察 | トップページ | 1時間の診察 »