« 眠気 | トップページ | 広告枠 »

2010/01/25

タスクリストで変わる生活習慣

先日記事にしたタスクリストですが、これがかなり自分には効いています。

ものごとの優先順位をつけられるようになったことと、出来る時に出来ることをすることが出来るようになったことがこうも生活スタイルを変えるとは思いませんでした。

自分はいつもコミュニケーション(メール書きなど)に追われる傾向があるようですが、それぞれの人に丁寧にメールにしろなんにしろ書こうとすると数時間かかります。英文などは特にそうです。逆にぞんざいなメールを書くこともありました。頭が回らない時にやってもダメで、集中して取り組む必要があるのです。しかもmixiなどもそうですが、こりだすときりがありません。さらに朝型への生活スタイル変更に伴い、午前中できることが必要になりました。午前中は頭が回らないので、コミュニケーション関係の作業はムリです。

そこでとにかくやりたいこと、やらなくてはいけないと思っていることを書き出すことにしました。1月10日にはこんなことが書いてあります。

Gパンのポケットのほつれ修理
年賀状・寒中見舞いの返事書き
韓国交流報告記書き(韓国かるた)
返事とは別の近況報告のための寒中見舞い作成
衣類整理用カラーボックス作成&衣類整理
銀行取引報告書整理
デイケア用服薬や体調の管理シート修正

毎日のルーチン作業(英語読書・読書2冊・デイケア管理シートの記入報告)

書き出したら気持ちがすっきりしました。その中で昨年から持ち越していた「カラーボックス作成と衣類整理は頭が回らなくても出来る」と気づき、作業に取り掛かったら当たり前ですがすぐに出来上がりました。カラーボックスに衣類を整理して収納しながら、買いすぎて余っている衣類とくたびれていて代えの無い衣類があることにやっと気がつきました。押入れにある収納ボックスの中身も整理して中身を入れ替え、不要衣類は処分しました。

そんなことを2~3日やっていたら、コミュニケーション系の作業は進まないけれど家の片付けがどんどん進み始めました。やればやるほど気になることが出てきて、どんどん掃除や片づけがはかどるようになりました。今までも少しずつ片付け(仕事をしていて忙しかった時代のものは箱にとりあえず入れてあって、まったく使える状態にありませんでした)はしていて、見た目では一進一退なのですが、どこに何があるかの把握が進んできました。掃除も、なかなか手が入っていなかったガスコンロの周囲まで進んできました。この間、ガス屋さんにきてもらって安全点検をしてもらったりもしました。掃除や片付けはやった結果がはっきりと見えるし、達成感も得られるので、他の作業が進まなくてもストレスがたまらなくなってきました。そうしたら「あの人に早くメールを書かなければ」というようなコミュニケーション系の作業にもあせりを感じることが少なくなり、生活習慣がすっきりしてきたような気がします。

接触禁止ながら年末やお正月に母に電話した時、母は「父の遺品の片づけやら、自分のひざの手術やら、墓地のことやら、やることがいっぱいありすぎて大変だ」とこぼしていましたが、昔から「大変だ」とこぼすくせがあるので「やらなければならないことをリストに書き出して、自分に出来ることと出来ないことの見極めをして、ひとつづつ消しこんでいかなければだめだよ」と指摘しました。まさに同じことを自分もやっているわけです。リスト化してひとつずつ消しこんでいくというのは精神衛生にとてもいいので、「やらなきゃ!」感にいつも追われている方はぜひタスクリストを作ってみてください。自分のタスクリストは作り始めて10日をすぎ、すでにリストの作り方の改善も始まり、どんどん好循環を生んでいます。

|

« 眠気 | トップページ | 広告枠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眠気 | トップページ | 広告枠 »