« キウィも八女産 | トップページ | 日曜日だから許される体調不良 »

2010/01/16

うまい話はない

今日、NTTの代理店との人物が我が家にやってきました。そしてちょっとうまい話をもってきました。

ブロードバンド回線をお使いの方なら、光回線にはマンションタイプと一軒家タイプ(ファミリータイプ)があって、マンションタイプは建物に専用の設備を設置してそこから各戸へ配線するので1000円から1500円くらい割安なことをご存知だと思います。我が家は集合住宅ですが、戸数が少ないのでマンションタイプの機器設置は出来ないとのことだったのでファミリータイプで契約工事しています。

代理店の営業担当者によると、現在では我が家の戸数でもマンションタイプの機器設置が可能で、切り替えれば月額1000円から1500円(契約プロバイダによって若干差がある)通信コストを下げることが出来るというのです。費用はNTT契約料の840円のみだとのこと。NTTの正規代理店のようだし、マンションタイプの使えるお宅は通信費が割安でいいなとずっと思っていただけに心が動きましたが、あまりにもうまい話なので明日返事をすることにして、NTTや当の代理店の本社に問い合わせてみました。これがなかなか複雑な話で一筋縄では理解できなかったのですが、1時間くらいやり取りをして分かりました。確かにマンションタイプにすることは可能で通信速度もおおむね変わらない、通信費も割安になる。しかしうちはフレッツ光をファミリータイプで契約しているので新規ではありません。プラン変更の扱いになるので工事費が発生します。新規の場合はこれがキャンペーンで無料になるので、契約料840円だけですみますがプラン変更扱いだと宅内配線工事費が自分持ちで税込み28455円かかるのです。つまり当初約3万円持ち出しがでるのです。最低2年半は今の我が家に居続けなければ元が取れません。うまい話の真相はこれでした。

ホント、うまい話というのは無いものだとおもわされました。何しろ「いい話」(最近は振り込め詐欺のように、今すぐ動かないと危ないと持ちかけられることもありますが)を持ちかけられたら、最低1日は間をおいて問い合わせをしなければだめですね。

ただ、1時間NTTや代理店と細かく話を確認したおかげで、自分の今の通信プランを再検討したり、フレッツ光加入者専用のポイントサービスがあること(このポイントサービス、結構使いでがありそうです)など、色々と知ることが出来ました。

|

« キウィも八女産 | トップページ | 日曜日だから許される体調不良 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キウィも八女産 | トップページ | 日曜日だから許される体調不良 »