« こういう感じ | トップページ | 私の『1Q64』 »

2009/09/22

冬のソナタ

自分が先月行った韓国の春川(チュンチョン)市は、多くの方が知っている韓国ドラマ「冬のソナタ」のロケ地として有名です。ロケ地なのだということは知っていましたが、なかなか見るチャンスがなく結局見ないまま行ってしまいました。帰国後、デイケアの看護師さんが「見ていないならぜひどうぞ!」と言ってDVDボックスを貸してくださいました。これを昨夜やっと見ることができました。DVDでは日本語の吹き替えだけでなく韓国語の音声でも見ることができるのです。昨夜は日本語字幕つき韓国語バージョンに設定してみました。そしてこれを見てればだいぶ韓国語が分かるようになるだろうなあと実感しました。好きこそものの上手なれ。ヒッポをやっているおかげで自分も分かる韓国語が結構あって、字幕を見ながら「ずいぶんまた意訳してあるな」とか、いろいろ思いながら見ました。

ストーリーもわくわく、出てくる景色にところどころ自分も見たものがあり(有名な撮影ポイントへは行っていないのですが)、そういう部分でもわくわくしました。感情のひだみたいな部分が日本人と共通しているから、受けるのでしょうね。とても面白かったです。でも見ないで出かけたのはよかったかも。重要なシーンの景色が目に焼きついてしまうので、見てから行くとそれを追い求めてしまいますね(ナミソンの並木道とか)。あんなインパクトの強い風景でなくても春川っぽい風景は結構でてくるのです。それが懐かしさを感じさせました。またいけるかなあ?

春川は位置的にも産業面でも山梨県の甲府盆地に似ています。地場産業もさかんだし、果樹栽培もさかん(しかもぶどう・ももが有名というところまで同じ)、ソウルから約2時間の自然豊かな街ということでソウルからの観光客も多いのです。

|

« こういう感じ | トップページ | 私の『1Q64』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こういう感じ | トップページ | 私の『1Q64』 »