« 民主党と流通業界 | トップページ | 石田氏当選確実 »

2009/08/30

総選挙いろいろ

選挙に関しては色々と言いたいことがありますが、体調を悪くしますし、社会改革としてきわめて大事だった郵政民営化(特定郵便局長という地域の有力者による事実上世襲の国家公務員制と、国会を通さずに垂れ流しできる、郵便貯金を通じた財政投融資制度の改革)は選挙する前からつぶされてしまって、自分から見ると大勢に変化なしと思えるから書くのもあまりどうかな・・・と思っています。民主党の政調会長は直島まさゆき氏ですが、この人物は大規模な派遣切りと偽装請負が明らかになる中、正社員の賃上げ要求を出した自動車労連出身。

科学でよくなると謳いながら実は政治権力に手を出す人たちもいて、ホントあきれかえります。赤羽では自民党の街宣車が自分の党の宣伝よりすさまじい泣きそうな声で某候補の名前を連呼。首根っこつかまれるとこうなるんだね。

基本的には、景気対策以前に故小渕元首相から始まったすさまじい借金による付回し政策の支払いのつけが弱者にまわっているだけのこと。これから失業率も何もかも悪くなることはあれよくなることはないですね。一次産品(小麦や原油など)の値段は高騰しているのに給料がよくないからデフレ(物価の下落)が進んでいます。結局中抜きができなくなるのでますます人件費が圧縮され、大変な時代になるだろうと思います。税金を取るのをやめようと言う人たちもいますが、そうすれば政府は支払いのために必要以上にお金を刷って供給するだけのこと。制御不能の悪性インフレで国が立ち行かなくなるだろう。

自分が生きている間にはほぼ間違いなく、戦後の混乱当時並みのインフレがやってくるだろうなあ。

|

« 民主党と流通業界 | トップページ | 石田氏当選確実 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党と流通業界 | トップページ | 石田氏当選確実 »