« 波乱万丈 | トップページ | お礼状が届く »

2009/05/13

勢いで書く

数日前、勢いがないと英文メールを書くのは難しいと書きました。昨日は本郷教会の英会話だったので帰宅後、勢いで英文メールをばんばん書きました。2通。そのうちムンバイにお住まいの方は40分かけて書いたメールに、なんと8分で即レスくださいました。すごい!お忙しい方なのですが、気にかけてくださるのがとてもうれしいです。電話もかけてみましたが、話中でした。話中ですよとメッセージがヒンディ語と英語で流れるのです。そのときに聞くヒンディ語の懐かしいこと!意味は分からなくて、結局英語のメッセージが流れて「あ、話中なんだ」とわかるのですが。

英文メールは、以前は文章丸ごと翻訳ツールにかけて書いていたのですが、今は分からない単語だけを翻訳ツールにかけて調べ、それをさらに辞書で「本当に適切な単語(やいいまわし)か」吟味して書いています。何通も書いているうちに文章の受け皿(構文)は調べなくてもかけるようになりました。ニラージュは「電子辞書はよくない」と言っていたので、高校時代に使っていた研究社の辞書が現役で活躍しています。

|

« 波乱万丈 | トップページ | お礼状が届く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 波乱万丈 | トップページ | お礼状が届く »