« 塩味 | トップページ | 狭い世の中その2 »

2009/04/27

狭い世の中

ブログ・演劇・ヒッポなどを通して様々な人と出会っているのですが、その中に「えっ」っとおもうくらい近くにいた人といまさらのように出会ってびっくりということがあります。

先日「べてるの家」のメンバー、下野勉さん&山本賀代さんのスペシャルライブのDVDをまた見た(19日の「ありのまま」と言う記事)ことを書きました。あの記事は全然舌足らずと言うか何もかけていないのですが、なかなか言葉にならないような、なんともいえないすばらしさを感じました。それで添付の冊子を読んでいて驚いたことがあります。このライブDVD というよりライブそのものの仕掛け人である森田惠子さんの文章が載っているのですが、なんと野口三千三先生の著書「おもさに貞(き)く」からこんな文章が引用されているのです。

障碍によって意識が生まれるように、恐怖(おそれ)によって祈りが生まれ、祈りがコトバなのである

野口三千三先生は東京芸大で自身が考案された野口体操を教授しておられて、外部でも野口体操教室を開いておられたのですが、その一番弟子が羽鳥操さんといって現在も朝日カルチャーセンター(新宿)と立教・明治大学等で野口体操を教えていらっしゃいます。そして南浦和で野口体操を教えている、弟子としては一番若い部類だった人が実は自分の親方(高校・大学の先輩であり、自分が役者をやっていた電気曲馬団の主宰)である新井英夫さんなのです。野口先生をはさんで新井さんと森田さんがつながるとは・・・。

このようなことがちょくちょくあって、本当に驚きます。世の中案外狭いものです。

|

« 塩味 | トップページ | 狭い世の中その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 塩味 | トップページ | 狭い世の中その2 »