« 明日オープン | トップページ | アーバンエステート破綻の衝撃 »

2009/04/01

大山鳴動して鼠一匹

小沢秘書逮捕は結局検察の勇み足でしかなかったようです。これほど甚大な政治的影響を及ぼすとは考えていなかったらしい。その証拠に自民党からも逮捕者を出そうと焦って全国の検事を東京に集めているけれど、本当は裁判員制度のスムーズな導入の為に検事たちがアップアップしているところなので本格的捜査の時間が足りないと聞きます。「国策捜査」という説もありましたが、その言葉を世に広めた佐藤優氏は先週の週刊エコノミストの巻頭コラムにおいて、根拠を二つ示した上「これは国策捜査とは言えない」と述べています。

政界では地盤なくして権力を登りつめるのは大変難しいようです。地盤のない人間が政界で確固たる地位を築くにはどこかで無理する必要があるのだと思います。小沢一郎氏に田中角栄氏のような泥臭さはついて回っていました。叩けば必然的に埃の出る人物だと多くの人が思っていたでしょう。だからこそ、タイミングが重要だったわけです。結果的に秘書一人の逮捕で終われば、まさに大山鳴動して鼠一匹というしかありませんが、どうもその結末に落ち着きそうです。

問題は格差論のどさくさにまぎれて小泉改革をなかったことにしようとする霞ヶ関です。格差を是正する気があるなら小泉時代に大なたをふるった福祉予算を少なくとももとに戻すべきでしょう。しかし福祉予算は減らしたまま、増税だけは確実に行う気らしい。麻生氏は政調会長をしていましたが、「郵政民営化に反対だった」と先日発言して大問題になったくらいあのときから官僚の立場に立って物事を考える人物でした。今やっていることは霞ヶ関のいいなりで、アメリカ大嫌いの経済アナリスト森永卓郎氏すら麻生批判をしている。

麻生も民主党もだめという閉塞感が漂っているなか、検察は政治的に重大な影響を及ぼす爆弾を破裂させました。このまま自民党が衆議院選で勝つような事態になればどうなることか。考え始めるとまた自分の体調に悪影響を及ぼしますが、分かっていても考えちゃいますね。

|

« 明日オープン | トップページ | アーバンエステート破綻の衝撃 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日オープン | トップページ | アーバンエステート破綻の衝撃 »