« 常識を裏切る発想で生き延びよう | トップページ | くもの糸 »

2009/03/20

やってきたべてる

べてるの家のホームページを見ていたらちょっとびっくりしたことがありました。自分は以前日本医科大学付属病院に通っていたのですが、なんとこの日本医科大学にべてるのメンバーが講演に来たのだそうです。1年生100人の前でソーシャルワーカーの向谷地さんとメンバーの宮西勝子さんが出られたそうで、べてるねっとには宮西さんの詳細な報告が載っています。1年生ですからもちろん精神科を志望している学生ばかりでなく何を専門にするかはまだまだ考え中だと思います。そんな学生たちに精神疾患当事者の話す、笑えるけれどすさまじい話はどのように響いたでしょう。

宮西さんの報告を読んでちょっと思い当たったことがあります。自分は夜中にものすごくおなかが減ってこまることがあります。これはデイケアで夕方6時頃に早々晩御飯を食べて、その後は果物程度にしているせいだと思っていたのですが、どうも睡眠薬の副作用らしいのです。今の主治医になってから薬は大幅に減ったのですが、まだまだへらさないと副作用から逃れられないなと思いました。

|

« 常識を裏切る発想で生き延びよう | トップページ | くもの糸 »

べてるの家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 常識を裏切る発想で生き延びよう | トップページ | くもの糸 »